一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。底辺セミリタイア普及ブログ

【旅のTRIP】スワンナプーム国際空港でやるべきこととバスでパタヤへの行き方を紹介します。

[記事公開日]2018/12/26
[最終更新日]2018/12/24

【旅のTRIP】スワンナプーム国際空港でやるべきこととバスでパタヤへの行き方を紹介します。

今回初めてスワンナプーム国際空港を利用しました。

タイ・スワンナプーム国際空港で済ませてしまうと便利なことと注意点、そしてバスでパタヤへの行き方を紹介します。

それではどうぞ

スワンナプーム国際空港で済ませておくと便利なこと

空港で済ませておくと便利なことを紹介します。

まずは意外と知られていないこと

タイの空港には中国人専用レーンがありますが別に日本人でも問題なく利用できます。

今回利用しましたが問題ありませんでした。

中国レーンが空いていればドンドン使っていきましょう。

空港でやるべきこと

  • 外貨をバーツに交換する
  • SIMを手に入れる

外貨をバーツに交換する

今回私は手持ちのバーツを幾らか持っていたので空港でバーツに交換をすることはありませんでした。

スワンナプーム国際空港の両替所は空港の中では比較的良心的と言われていますのでお金が必要な方はここで小学交換するのがいいと思います。

またATMでキャッシングするのもお得ですがタイのATMは日本円でキャッシングしますか?というぼったくりトリップがあるので注意してください。

制限エリア外は凄い人だかりです。

さすが、東南アジアを代表するハブ空港です。

タイのSIMカードを手に入れる

空港でSIMを手に入れると後々楽です。

ここで注意

私は空港のSIM販売所はトラベルSIMしか購入できないものだとずっと思っていました。

今回通常店やネットで販売されているプランを購入できるか聞いてみたところ

できると言われました。

いや、知らなかった!

今まで街中にある販売所までわざわざ行って購入していました。

tureには速度制限4Mbpsの1ヶ月使い放題プランが500B(1700円)があります。

持っていたSIMの電話番号を伝えると手数料やパスポート確認もなく500Bでトップアップをしてくれました。

ものの数分で終了です。

いや・・・今までの苦労はなんだったのか!

AISの販売所も空港内にあり、同様のプランが450B(1550円)であります。

私はAISをタイのSIMで一押しにしているのになぜtureのSIMを使っているのかと言うと、前回iphoneの修理をパタヤのツッコミショッピングモールでした時、その修理店でパスポートなしでもtureのSIMなら売ることができると言われたからです。

タイでSIMを購入するとパスポートが必要だったりSIM発行手数料がかかったりと面倒なのでアマゾンでSIMを購入してそのSIMを空港でトップアップするのが一番安くて簡単だと思います。

空港で通常のプランは購入できるorトップアップできる

1ヶ月の長期滞在をする人はここで1ヶ月プランを購入するのがいいと思います。

現在速度的にも全く問題なしデザリングも可能とタイのネット環境は最高ですね。

SIM入手に関しては空港で完結しますね、今まで知らなかったのでこれで益々タイ移動が楽になります。

スワンナプーム空港からパタヤへの行き方

スワンナプーム国際空港からパタヤへは直行バスが出ています。

これがドンムアン空港にはないので移動はスワンナプーム空港がはるかに楽です。

バスのチケット売り場は一階にある

入国審査を終えた制限エリア外は二階になるので一階へエスカレーターで降ります。

エスカレーターを降りると目の前にパタヤ行きのバスチケットの売り場があります。

料金は120B(410円)ほどです。

大体1時間に一本or時間帯によって30分に一本のようです。

バス乗り場はどこかと聞くと

その辺で待っていて

と言うのでチケットカウンター近くの椅子に座って待機、出発の15分前ぐらいになるとタイ語でパタヤ・パタヤと言うのでその後を付いて行く。(パタヤ以外は何を言っているのかわかりません)

バス内部、トイレもあります。

パタヤのバス停はスクンビット通りと北パタヤロードの交差点、セントラルパタヤ通りの交差点、サウスパタヤロードの交差点、終点のバス停「Pataya Bus 389 Office」となっています。

最終のバスステーション以外で降りるとパタヤ中心部から少し遠いのでバイタクが必要かと思います。

バイタクはバス停で待機しているのでそれに乗るのがいいと思います。

ここまでの時間は大体1時間30分ほどで到着しました。

終点のバス停までは2時間ほどです。

私は帰りもこのバス停を利用するので終点まで行きました。

パタヤのチケット販売所

内部はこんな感じです。

ジョムディエンビーチ行きの大通り沿いにバスステーションはあるのでわかりやすいですね。

Pataya Bus 389 Officeの場所

バス停からソイブッカオまではソンテウを使う

バスステーション前の通りにはソンテウが走っているのでそれに乗ってセカンドロードまで行くことができます。

セカンドロード内で降りてそこから歩いてソイブッカオまで歩いていけます。

ソンテウは10B34円、安いですね。

エカマイからパタヤまで行くソンテウは50Bなのでこっちの方が断然お得ですね。

ドンムアン空港からだと

空港バスでBRTモーチット駅まで30B

BRTでエカマイ駅まで47B

エカマイ駅から高速バスでパタヤへ108B

北バスターミナルからソンテウでパタヤへ50B

合計 235B

とお金だけでなく時間も多分4時間以上かかります。

これがスワンナプーム国際空港だと

空港からパタヤへ 120B

パタヤからソンテウで中心部へ10B

合計 130B

と時間もお金も半分ほどで済んでしまいます。

もうドンムアン面倒で使いたくない(笑)

まとめ スワンナプーム線は使いやすい

今回スワンナプームからパタヤへのバス路線を初めて使いましたが疲労度が全然違いますね。

こっちの方が本当に楽です。

もうドンムアン空港には戻りたくない。

今回は空港内で済ませると良いこと、特にSIMの購入方法とパタヤまでの行き方を記事にしました。

それではパタヤ滞在を楽しみましょう!

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

海外セミセミリタイア投資部

オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3