Cub的ミニマム・セミリタイア生活

低コストで海外生活が可能になるセミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

もうすぐやってくる不況は低収入・低コストライフで乗り越えよう!

[記事公開日]2020/03/30

もうすぐやってくる不況は低収入・低コストライフで乗り越えよう!

世界の株価急落で一時期生活費の5年分を吹き飛ばしました。

また台湾での滞在が不可能になり今週日本へ戻る事になる、海外セミリタイアが終ろうとしているcubおじさんです。

資産減少・海外滞在不可能

それだけでなく、

もうすぐコロナ不況がやってきます。

正にリーマンショックのあの不況が蘇ります。

しかし、今回は違います。

この10年底辺セミリタイアで培った知恵が沢山あります。

海外セミリタイア復活に向けての不況対策の開始です。

それではどうぞ

不況こそ低収入・低コストライフ

この10年景気が良かったため、不況になるとどうなるか実感が沸かない人もいると思います。

しかし不況になると・・・・

はい!確実に社畜マンセーの時代になります。

フリーター・派遣・フリーランス暗黒時代になります。

特に私のような40を過ぎたおっさんに仕事などありません。

日雇いだって若い人が殺到するわけですから仕事にありつくことなどできません。

人生終了の時です。

しかし氷河期時代を長く生きてきた私はこのような不況の耐久性が物凄く付いています。

恐る必要などありません。

収入がないなら支出を抑えればいい

収入がないのなら支出を抑えればいいのです。

それも圧倒的に!!

月5万円生活が輝く時ですね

月5万円生活を批判した人は大丈夫ですか?

収入が無くなった時に好景気時代に慣れきった高コストな生活費を簡単にリストラ出来ますか?

私のような底辺セミリタイアを実践してきた人間は景気の良い時も生活レベルを上げてきませんでした。

収入が増えても資産が増えてもあまり生活コストを上げてきませんでした。

大体年間120万円〜150万円ぐらいの生活費で生きてきました。

しかし!!

今回はさらに生活コストを下げていきます。

年間生活費100万円を実践します。

今年は台湾と日本をメインで全ての支出を合わせて100万円以内で生活します。

日常の基礎生活費は5万円以下を目指します。

月3万円以下で生活する人

今は生活を工夫して月5万円どころか3万円以下で生活する人が出てきています。

日本で月3万円で生活するたるかるさん

チェンマイ で月3万円で生活するチェンマイ Bライフさん

フィリピンで奥さんと子供三人で月10万円以下で生活するRhioさん

Rhioさんは今回の不況で仕事がなくなり奥さんの田舎へ戻り地元で小さな屋台を開いたり魚を取って売ったり、正に私が理想とするような生活をしています。

不況など物ともしない生命力です!

ブログ・ツイッター・ユーチューブと媒体を違いますが、それぞれの低コストライフを発信して勇気づけられますね。

そして

不況乗り越え実践満載の私のブログと今回の不況は今までの不況とは違い、生きる知恵がネットで沢山発信されています。

不況時は支出を減らし収入は最低限へ

多分、これから社畜マンセー時代に入ると思いますが、私はフルタイムで働くことはありません。

少ない支出を補うだけの小さな収入があれば十分満足です。

月1万円から2万円ぐらいの収入を5つ。年間100万円ぐらいの収入源を作る。

配当も30万円ぐらいを上限に

仕事も減るだろうからたまーーに働いて(どうせ無いだろう)ブログも不況で広告費がさらに減るから厳しい水準にして・・・と小さな収入源を作ってきます。

間違っても、ここで金を投資してどかーーんと商売始めるだとか、能力を付けるなどと言って無駄な自己投資などしないようにします。

不況の時に無理に収入を上げようと思うと無理がたたりストレスが溜まるだけです。

不況は生存するだけで十分

好景気に慣れた組織や人は不況に生き残れず消えていきます。

生き残るだけで、その後のマーケットを総取りできる物なのです。

私のような無能なおっさんは生き残るだけで、その次の時代や好景気に美味しい思いができるのです。

私のブログを読む読者はもう実践してますよね!

圧倒的ローコストライフを!

次の底辺セミリタイアへ向けて

暴落で資産大幅減少、不況で収入が減る、コロナウイルスで海外滞在も不可能と三重苦ですが、次の時代へ向けての狼煙を上げる時がきました。

しっかり対策して次の10年も底辺セミリタイアが実践できるようにしていきます。

ただでは死なないのがcubおじさんなのです。

それではまた!

コメント

  • 日本でもう一度軍資金を貯め直した方が確実なのでは?
    介護の夜勤専従で働き年100万程で生活すれば、1年半~2年程で500万は貯まると思います。
    予定より早く、コロナ終息・景気好転したらその時は辞めればいいだけなので。

    by 匿名 €2020年3月31日 14:35

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3