【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

【タイツーリストSIM】スワンナプーム国際空港で購入できるツーリストSIMとお得なTRUE・SIMについて【2019年最新版】

[記事公開日]2019/01/18

【タイツーリストSIM】スワンナプーム国際空港で購入できるツーリストSIMとお得なTRUE・SIMについて【2019年最新版】

タイのネット環境は台湾と並んでとても安くて使いやすいです。

ただネットの接続や速度はやや台湾の方が良いと思います。

そんなタイのネット環境ですが、スワンナプーム国際空港で契約できるツーリストSIMとお得なプランの紹介をします

それではどうぞ

スワンナプーム国際空港で契約可能なSIMについて

タイには大手3社の通信会社があります。

  • True
  • AIS
  • DTAC

スワンナプーム国際空港にもこの3社のプリペイドSIMの購入が可能となっています。

売り場は二階入国制限エリア外に出れば並んでいるのですぐわかりと思います。

Trueの料金プラン

赤が目印となっています。

料金プランについて

日数ネット通話料金
3日1GB50B分200B
8日7GB45B分299B
8日17GB30B分399B
15日8GB50B599B
15日18GB45B分699B
30日15GB50B分1050B
30日30GB30B1300B
30日6GB50B600B
30日10GB50B分850B
30日25GB80B分1150B
30日使い放題45B1650B

タイ最大手の通信会社です。

空港にあるツーリストSIMのプランは一番多く・・悪く言えば複雑ですね。

AISの料金プラン

業界第2位のAISです。緑色が目印になります。

Trueに比べたら料金体系もシンプルです。

日数ネット通話料金
8日3GB100B分299B
10日3.5GB449B
30日4.5GB50B分549B
30日9GB50B分849B
30日15GB50B分1049B
30日使い放題1749B

料金はTrueに比べてやや高いですね。

DTACの料金プラン

第3位の通信会社です。ブルーが目印です。

日数ネット通話料金
8日6GB35B分299B
8日8.5GB100B分599B
15日12GB85B分599B
30日4.5GB85B分549B
30日12GB10B分899B
30日30GB35B分1349B

料金プランは一番安くてプランもシンプルですね。

どの会社のプリペイドSIMが一番お勧めか?

実は空港で契約できるツーリストSIMは料金がやや高いです。

また意外に知られていませんが、契約したSIMは使い捨てではなく、後から追加にプランを購入できます。

このように考えると

空港で新しく購入するときはなるべき安いプランを購入して後から追加でプランを購入するのが一番安くタイでネットに接続できます。

一番お勧めは業界最大手のTrue

色々試しましたが一番お勧めはTrueです。

理由は

タイのセブンイレブンで簡単にプランの追加ができる

前回の記事の紹介しましたが、Trueはタイのセブンイレブンで簡単に追加のプランが購入できます。

参考記事

欲しいプランのカードをレジに持っていき、電話番号をクレジットカードの末端機に入力してお金を払って終わりです。

物凄く簡単です。TrueのSIMさえあればコンビニで簡単にプランの購入ができます。

おまけにコンビニで購入可能なプランは安いです。

コンビニで購入できる主なプラン

日数容量料金
5日5GB75B
(255円)
5日10GB125B
(425円)
5日15GB175B
(595円)
10日5GB100B
(340円)
10日10GB150B
(510円)
10日15GB200B
(680円)
速度1日7日30日
1Mbsp22B
(75円)
100B(340円)300B
(1020円)
2Mbsp150B
(510円)
4Mbsp30B
(102円)
200B
(680円)
6Mbsp150B
(510円)

タイは宿やカフェなどのwifiも高速で繋がるのでSIM自体の容量もあまり使いません。

私の場合、10日・5GBのプランを購入しましたが、結局2GBほど余りました。

このプランの料金はたったの100B(340円)です。

仮に1ヶ月利用したとして三回プランを購入しても300B(1120円)ほどで済んでしまいます。

タイには町中どこにもセブンイレブンがあるので購入に困ることはほとんどありません。

(ただし全てのセブンイレブンでデータプランが購入できるわけではありません。売ってないお店も結構あります)

わざわざ、専門のショップに出かけるなどの手間もないので、この方法を私はブログでお勧めします。

SIMはどこで手に入れるか?

TrueのプリペイドSIMが一番お勧めですが、最初にSIMを手にれなくてはなりません。

SIMを最初に手に入れる場所として空港で購入するのも良いですが、もっと簡単な方法は

アマゾンで購入することです。

アマゾンにはTrueのSIMが売っているのでそれを購入して、プランを使い切ったらタイのコンビニでプランを購入すれば問題なく使用できます。

アマゾンで一番安いSIMは550円で入手できます。

これはスワンナプーム国際空港で購入できる一番安いプランが200B(680円)なのでアマゾンの方が安いです。

また空港のショップは時間帯によっては混んでいることもあるのでアマゾンで事前に購入することをお勧めします。

まとめ タイのネット環境でオススメは『True」

  • SIMをアマゾンか空港で手に入れる。
  • 新しいプランはタイのセブンイレブンで購入する

たったこれだけでタイの素晴らしいネット環境が手に入ります。

安くて便利なネット環境、この辺は日本ももっと見習って欲しいですね。

タイの方がずっと進んでいると思います。

それでは!

関連記事&スポンサーリンク



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3