資産3,000万円でフルFIREしました

日本と台湾メインに時々タイ・フィリピン・ベトナム

【旅ハック】【楽天モバイル】台湾でアクセスできない日本のサイトに簡単にアクセス可能にする方法

[記事公開日]2023/12/17
[最終更新日]2023/12/16

【旅ハック】【楽天モバイル】台湾でアクセスできない日本のサイトに簡単にアクセス可能にする方法

台湾ではなぜか日本のサイトでアクセスできないサイトがいくつかあります。

コロナ前は諦めるかVPNを経由してアクセスするしかありませんでした。

しかし楽天モバイル登場で簡単に解決ができるようになったのでブログで紹介します。

台湾から日本のサイトにアクセスできない問題

日本にいると気づかないのですが、海外からアクセスできない日本のサイトがあります。

最近は減ってきたのですが、アクセスできないと困ってしまうことがありました。

特に台湾からアクセスできないサイトが多いです。

中国を除けば一番アクセスできない国が台湾ではないかと思うぐらいです。

理由は・・・謎です。

ただ私が勝手に思う理由は企業サイトの中には中国からのアクセスを禁止していて台湾も中国に入れているのではないかと考えています。

アクセスできないサイト

一番代表的なところがクレジットカードの「セディナ」です。

JCBブランドカードやエポスカードなど、最近はネットからキャッシングの早期返済ができるところが増えて以前ほど所有価値は減ってきました。

コロナ前はそれが可能なのはセディナとアコムカードぐらいでした。

(私は二つとも審査が落ちてしまった)

そのセディナカードのサイトは今でもネットからアクセスできません。

それ以外ではフルキャストのサイトやポイントサイトなどもできないところが多いです。

ハピタスはアクセス可能ですが、ポイントをポンタポイントに交換する時にもらえるポンタポイントコードを交換するサイトにはアクセスできません。

NTTカードソリューションのこのサイトもアクセス不可。

またメルカリはサイトにはアクセス可能ですが決済が海外からできないなどあります。

コロナ前は楽天銀行にアクセスできなくて大変不便でしたが、今は普通にアクセスできるようになりました。

企業側の対応でアクセス可能になるのかなと思います。

実はこの台湾からアクセスできない問題も今は簡単に解決できるようになりました。

楽天モバイルのローミング

楽天モバイルは毎月2GBまで国際ローミングを利用すると海外でもネットが可能ですが、このローミングを利用することで海外にアクセスできないサイトにもアクセス可能となります。

これはローミングサービスがVPNと同じようなシステムになっているからだと思います。

ここでも楽天モバイルが活躍です。

特に海外でセディナカードを使って海外キャッシングしている人には朗報ですね。

まとめ

最近は昔ほど海外からアクセスできないサイトが多くないので、できないからと不便になることもあまりないのですが。

もし海外からアクセスできないサイトがあったら楽天モバイルのローミングサービスを利用すれば解決できると思います。

知っていて損はないと思うので楽天モバイルを契約しましょう!!

【楽天モバイルのご紹介です!】

新規ご契約でポイントプレゼント!

※楽天会員にログインまたは新規登録後、楽天モバイル紹介キャンペーンページに遷移します。

▼キャンペーンはこちら
https://r10.to/hNkMKl

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,811,082 アクセス
2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3