【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

リクルートカード(JCB)を使ってキャッシング。タイのATMでクレジットカードを使ってキャッシングとその注意点を紹介

[記事公開日]2019/12/03

リクルートカード(JCB)を使ってキャッシング。タイのATMでクレジットカードを使ってキャッシングとその注意点を紹介

スワンナプーム 国際空港のATMでキャッシングをしてバーツを入手しました。

タイのATMキャッシングには手数料をぼったくる罠があるのでその注意点を紹介します。

それではどうぞ。

タイのATMでキャッシング

スワンナブーム地下一階の両替商が沢山あるエリアのATMでキャッシングをしました。

利用したATMはこちらバンコク銀行です。

利用したクレジットカードはJCBブランドのクレジットカードです。

ATM操作には日本語設定があるので迷うことはないと思います。

まずカードを入れます。

その後四桁の暗証番号を入力。

キャッシングする金額を選びます。

私は2万バーツを選択。

その後、このATMを利用する手数料220Bがかかりますがいいですか?

と聞かれますので「はい」を選択。

この手数料はクレジットカードではかかりません。(今まで請求されたことはありません)

ただしデビットカードやプリペイドカードだと請求されるので注意してください。

そして

問題の画面がここです

これは決済は自国通貨建て(日本円)にしますか?

という選択画面です。

これを「はい」CONTUNUEと書かれたところを押すと恐ろしく高い手数料がかかってしまいます。

多分、2万バーツだと3000円ぐらいかかります。

必ず「いいえ」withoutのところを押しましょう。

よくわからないとキャッシングするのだから直感的に「はい」を押してしまうと思いますが、ここは落ち着いて押しましょう。

日本語設定にしてもこの画面だけ英語で出てくるのもいやらしいです。

これでお金が出て来て終了です。

カードと現金を忘れないようにしましょう。

前回のタイ・キャッシングの記事

海外キャッシング早期返済の注意点

タイから電話をかけようと050IP電話を使ったですが・・・

電話が通じません。

私はSMARTalkというアプリを使っているのですが、そもそもネットに接続できないようです。

どの番号も接続できないようです。これはこのIP電話だからダメなのか私のスマホがダメなのかよくわかりません。

台湾では普通に通じたのでタイだからダメなのかもしれません。ミャンマーへ行った時にもう一度電話をかけてみます。

050IP電話利用可能

ミャンマーに行ってもからも電話が通じず、諦めかけていたときにダメもとでアプリを削除して再ダウンロードして設定をしたら通じるようになりました。

はい!現在は電話が利用できます。

海外で電話が通じない時はアプリを削除して再ダウンロードするのも一つの方法だと思います。

リクルートカードのキャッシング早期返済

11月22日にスワンナプーム 国際空港のATMでキャッシングをして28日にミャンマーで電話連絡をして返済をしました。キャッシングから7日後、キャッシング額は2万バーツです。

連絡先 06-6941-1700  9時-17時

・5番→2番
・オペレーターに繋がりカード番号と名前と生年月日引き落とし銀行名と支店名を聞かれる

オペレーターに繋がるとカード番号・名前・生年月日と引き落とし銀行の名前と支店名を聞かれます。

リクルートカードJCBはLine outを利用すると電話代がかからないのでお得です。

キャッシング手数料の内訳

カード名カードブランド当日レート元本為替交換手数料金利手数料ATM側手数料クレジットカード側手数料合計
リクルートカードプラスJCB3.598円71960円496円213円0円0円72669円

JCBはクレジットカード会社側のキャッシング手数料がかからないというメリットがあるのですが、マスターカードブランドに比べて為替手数料が悪いというデメリットがあります。

少額キャッシングをするならJCB系のカードで行うといいと思います。

海外キャッシングでなモノ

050電話は結構使えたり使えなかったりして不便ですね。落ち着いたら別のIP電話も検討しようと思います。

海外でキャッシングを利用するには次の二つが必須だと思います。

  • Line out
  • セディナカード

Line outは前回タイで利用した時は問題なく使えました。日本で必ずダウンロードしておきましょう。

海外のSIMを入れると設定が海外になってしまうのかLine outの公式サイトが表示されなくダウンロードできなくなります。必ず日本で設定しておきましょう。(一度ダウンロードすればSIMを交換しても利用できます)

またネット返済が出来るセディナカードはもう絶対必要なカードだと思います。

一々電話をしなくてはならないから、このようなトラブルになるのですから、旅好きな方の必須カードです。

絶対に取得しましょう。

セディナカードをまだ持っていない方はポイントサイト「ハピタス」経由で取得するとポイントが余分にもらえてお得です。

今ならjiyudaカードを取得すると4000ptもらえます。

私のように無職になって申し込むと落とされるので他山の石、いや悪い見本として参考にしてくださいw

クレジットカードの海外からのサイトアクセスについて

日本のクレジットカードの中には海外からアクセスできないように設定しているところが結構あります。

私が知っているところでは

  • セディナカード
  • ジャックスカード
  • P-oneカード

があります。

ただしタイで確認したところ

  • セディナカード
  • P-oneカード

この二つはアクセスできました。

どうやら台湾ではアクセスできないように設定されているようです。

(もしかしたら中華圏全体かもしれないので注意してください)

クレジットカードのサイトは国によってアクセスできたりできなかったりするようなので注意してください。

それでは!

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3