旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

資産運用十年でここまでマーケットの調子が良いのは経験がしたことがない!

[記事公開日]2017/10/16

資産運用十年でここまでマーケットの調子が良いのは経験がしたことがない!

今年の前半、マーケットは加熱しているのではないか?とブログに書いていたcubおじさんです。

参考記事

そんな予想をよそにw今年の株式市場は絶好調です。

特に直近の5年間の株式市場のリターンは過去見たことがないような好調さです。

この20年の株式市場のリターンが全てプラスになっている

これは私のインデックス

と言うサイトの主要市場の過去20年に渡る平均リターンなのですが、主要市場の過去20年全てがプラスになっていると言う、今まで見たことがない光景です。

私はこのサイトが出来たときから便利で利用していたのですが、このような光景は当然ながら見たことがありません。

はっきりと覚えていないのですが、かなりマイナスだった時は覚えています。

2009年のの前半、このサイトがスタートをしたころです。

それでも短期、直近1年はプラスになっていたと思うので、全部がマイナスは経験したことはないです。

このように全部がプラスな時など、それこそ一生に一度経験があるかないかぐらい珍しいことではないでしょうか?

直近の5年の平均リターンが好調過ぎる

インデックス名1年3年5年10年15年20年
TOPIX トピックス (配当込み)+ 29.3%+ 10.3%+ 20.2%+ 2.4%+ 5.9%+ 2.5%
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス
(ACWI) (円)
+ 32.4%+ 8.9%+ 19.2%+ 4.2%+ 9.1%+ 5.7%
MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI) (円)+ 32.4%+ 9.3%+ 20.2%+ 4.9%+ 9.4%+ 6.2%
MSCI エマージング・マーケット・インデックス (円)+ 36.4%+ 6.2%+ 12.3%+ 1.4%+ 12.3%+ 6.3%
ダウ平均 (円)+ 35.9%+ 10.5%+ 19.2%+ 4.7%+ 6.9%+ 5%
NASDAQナスダック総合 (円)+ 35.8%+ 14 %+ 24.7%+ 8.9%+ 11.5%+ 6.6%

今年のリターンも高いのですが、注目すべきはこの5年間の平均リターンです。

どこの市場でもほぼ20%の平均リターンです。(エマージングのリターンは少し低いですが)

単年度ではなく、5年間の平均リターンです。

つまり、この5年間、主要市場は毎年20%のリターンを上げてきたと言うことなのです。

あの世界でもっとも成功したと言われているウォーレン・バフェットの40年間の平均リターンが20%と言われています。

つまり、あのウォーレン・バフェット並のリターンを市場平均・・インデックス指数で叩き出していると言うことです。・・・・それも円建てのリターンです。

最も成功した資本主義の本家、米国の100年の平均リターンはドル建てで6.5%ほどです。

年平均20%のリターンは過去の水準を見ても高過ぎるリターンです。

今は正直、どんな投資をしていてもリターンが上がっていると思います。

インデックスだろうが個別株投資だろうが、信用取引だろうが、ビットコインだろうが・・・

しかし、それが本当に自分にとって適切な投資だったのかは市場が調整して初めてわかるものです。

(自分の投資法が正しいと過信するのもこのような時期です。ただ市場が好調だっただけかもしれません)

本来、リスク分散とは、上がる資産や下がる資産があり、色々なアセットに投資をしてリスクを分散するのですが、いつの間にか、どの株式市場を上げて気持ちの良い水準になっています。

そして下がるときは全部下がってしまうと言うことになりかねません。

最近は一部ブログなどでは、

長期のリターンを見れば株式のリターンの方が債券より高いのだから投資は全部株式でいい

借金には良い借金と悪い借金がある

仮想通貨を分散して投資をすることをインデックス投資だ!

などなど、おっさんの私は過去そんなこと言っていた奴いたなぁ・・・そういえばどうしてるんだろ?

といつか見た懐かしい気持ちになっていますw

仮想通貨や借金は論外としても、私は資産運用でお金のほとんどを株式投資に回すのは反対です。

なぜか?

それは一度でも市場の調整を経験すれば、それがいかに危ない綱渡りをしていたのは初めて実感するからです。

暴落を経験して大人の投資家になるのです

いや、これ割と真面目な話です。

リーマンショックからそろそろ10年が経とうとしています。

戦争を知らない子供達・・・いや、暴落を知らない坊やたちが増えてきていると思います。

お金の運用の原則は後から振り返ってみると案外変わらないものです。

資産運用に奇策なし。

ただし、注意点として、今は高値だから全部売却してしまう、暴落したら積立を再開しようなどと言うのも反対です。

なぜなら、そのような人は安くなっても絶対に買えないからです。

私は2009年1月から積立投資を始めましたが、その時はブログのコメント欄が毎日のように荒れていました。

もう長期的な株式上場の時代など終わったのだからインデックス投資など意味はない。

アメリカ型資本主義の終焉、ドルは紙切れになるの株式投資(笑)

など、昔のブログにはそんなコメントが沢山書かれていました。

(気になる方は昔のブログを読んで見たください。2010年〜2011年ごろが最も多かったです)

cubの日記

反対に最近はcubさんは相場の底で投資ができたので運が良かったんですね。安くなったら買います。

などと言われます(笑)

今年はあまりインデックス投資に関することはあまり書いて来なかったので、今後はもっと書いて行こうと考えています。

なんとなくですが、cub投資日記が必要な時代になって来た気がするのです!

時代がまたあの殺伐とした投資日記を必要としているのではないかと!

しかし、私がインデックス投資を開始した2009年に比べて、投資環境は比べ物にならないくらい良くなっています、しかし相場の調子が良いため、リスクを過剰にとっている人も増えている気がします。

せっかくの道具を上手に使いこなさないのは勿体無いです。

そして、人間の本質とはどんな時代になっても案外変わらないものなんですね。

海外セミリタイアを目指す人、いや、社会の底辺でくすぶっている人にとって投資の知識は必須だと思います。

やるかやらないかでこれからの人生大きく変わると思います。

決して難しいことではないのですが、簡単なことを続けるのは人間難しいものです。

お金の運用を上手に行いセミリタイア人生を充実させていきましょう。

それでは。

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3