CubのFIREmini生活

低コストで海外生活が可能になるFIREmini生活情報を発信しています

バンコク・マンダレー〜深セン・香港の旅費と泊まったホテルの紹介

[記事公開日]2019/12/26

バンコク・マンダレー〜深セン・香港の旅費と泊まったホテルの紹介

11月22日から12月9日まで台中からバンコク〜マンダレー〜広州着・深セン〜香港・マカオと私としては短期間に慌ただしい旅をしてきました。10日に台中に戻ってきました。

今回はその時の旅費と泊まったホテルの紹介をしたいと思います。

(早く書かないと忘れてしまうのでw)

それではどうぞ

旅の旅費の紹介

今回は18日間の旅です。

項目金額
チケット代35230円
バンコク滞在費
(4日間)
19835円
マンダレー滞在費
(7日間)
15573円
深セン
(2日間)
9728円
香港
(3日間)
18131円
マカオ
(1日間)
8764円
合計18日間
(一泊空港泊)
107261円

18日間で10万円超え、私の旅にしてはかなり贅沢な旅となりました。

実は今回、体調不良で旅としては最悪でした。

マンダレーで靴擦れをして膿んでしまい、台中まで戻るまで治らない。

マンダレーで食べ物に当たって四日間下痢に悩まされる。中国は寒波で予想以上に寒くて香港・マカオでは風邪を引いてしまうなど、散々な旅でした。

そのため、後半では個室で休むようにしていました。

チケット代は

11月22日 台中〜スワンナブーム  ベトジェット  6600円
11月26日 バンコク・ドンムアン〜マンダレー エアアジア 9160円
12月3日 マンダレー〜広州 9元エアー 13900円
12月10日  マカオー台中 タイガーエア 5570円  

合計35230円

マンダレー行きは私の中では結構高かったですね。バンコク〜ヤンゴン便なら片道5000円前後から沢山ありましたが、マンダレーは最低でも倍ちかくしました。

でもマンダレーは初めての国だったので良かったです。次回行くならヤンゴンですね。個人的には香港が良かったです。

宿泊したホテルの紹介

今回泊まったホテルを紹介したいと思います。

ホテル代の合計

 宿泊数宿泊料金
モノマー ホステル3泊2813円
サイアム エコ ホステル1泊1258円
ダウンタウン アット マンダレー7泊6475円
深圳棲遊青年旅館2泊2800円
グランドール ホリデイ ホステル2泊3360円
マデラ ホンコン ホテル1泊5763円
天天賓館1泊5400円
合計17泊27899円

バンコクで泊まった宿

モノマー ホステル (Monomer Hostel)3泊2813円(一泊937円)

BTRのラーチャテーウィー駅目の前で個人的にはここはかなり気に入りました。スワンナプーム 空港から空港線に乗って終点駅からでも歩いて行ける便利さです。

小さなホステルでスペースがゆったりしています。

ドミトリースペースも広く取られています。

シャワーの数も十分あり混み合うこともありませんでした。

この値段でトーストなど簡単ですが朝食も出ます。

唯一残念だったのは他に比べて共有ルームが少し狭いことぐらいかな。

欠点らしい欠点はありませんでした。900円前後でこのレベルが泊まれるなら文句はありません。

次回泊まっても全然いいと思える宿でした。

オススメです。

サイアム エコ ホステル (Siam Eco Hostel)一泊1258円

モノマー ホステルが気に入ってずっと泊まるつもりだったのですが週末満室となって予約ができなくて泊まったホステルがこちらです。

価格はモノマー ホステルよりちょっと高いですが(300円ほど)新しいホテルでとても綺麗なドミトリーでした。

ここも素晴らしいホステルです。

ドミ部分も窓際にあり部屋が広くて素晴らしいです。

各階にトイレとシャワー室があり、数も十分ありました。

ここの最大の良さは共有ルームが広いことです。作業なども十分できます。

朝食もあります。

スタッフも親切で最高なホステルです。

ただし一つだけ残念なところがあって・・・・

それは・・・・

客層がとても若い(笑)

写真を見て頂ければわかるように若いタイ人女性に大人気の宿でした。多分20代前半以下ばかりです。

まぁ夜のお店なら嬉しいのですが、おじさんにはちょっと場違いな感じでした。

ただし、地元の女性に人気があるので設備等に文句は全くありません。

キャピキャピ系の宿で構わないのなら最高です。

バンコクのドミトリーは全体的にレベルが高い

この辺周辺にはドミトリーが沢山あり激戦地区のためか設備・サービスレベルがとても高いです。

ここはファランばかり泊まっていた宿。

ウェイウェイ系ホステルですね。

ちょっと裏路地に入ると出来たばかりと思われる新しいホステルが沢山ありました。

どこも値段は400バーツから500バーツぐらい。

ただ安いだけのドミではなく値段をやや高くして設備を充実しているドミばかりです。

大変居心地が良いところばかりでした。個人的にはバンコクのホステルのレベルはとても高いと思います。

ただ、短期間でもパタヤへ行けば良かったと後悔しましたw

やっぱりパタヤがいいですね。バンコクは大都会過ぎて人が多くて疲れます。

マンダレーで泊まったホテル

マンダレーでは一箇所だけに七泊していました。

スタッフが愛嬌があって親切で居心地も悪くなかったのでずっと同じ宿にしていました。

今考えると別のホテルにも泊まれば良かったかなと思います。

ダウンタウン アット マンダレー (Downtown @ Mandalay) 一泊805円

現金払い13500チャット×6泊 81000チャット5670円

私は一泊だけアゴダで予約して残りは現金で払っていました一泊13500チャット(945円)

理由は現金を多めにキャッシングしたため使いきれないと思ったからです(笑)

正直アゴダで払った方が得ですね。

またここは10泊すると一泊無料になります。

マンダレー市内の中心部にあり不便もありません。

欧米系と日本人にも人気のホステルでした。

部屋はそれほど広くはないのですが設備等で必要な物は全て揃っていて不便を感じませんでした。

シャワーとトイレが一体型でしたが数が十分にあるので不便に思うことはありませんでした。

意外にお湯もしっかりと出ます。

朝食もありガッツリ食べれが昼食なしで行けますw

麺と炒飯が交互に出ていました。

常に掃除をしていて綺麗に保たれています。

日中共有ルームに座っているとスタッフがジュースと果物を出してくれることがあります。

素晴らしいですね。

アゴダで予約をすると時期にもよりますが800円前後で泊まれると思います。

バンコクのモノマー ホステルが900円代で泊まれることを考えるとちょっと高いのかな?

実際500円前後もドミトリーもアゴダで見つかるし1000円ぐらいで個室もあるようです。

その分満足度を取るか価格を取るかですね。

マンダレーではここしか泊まらなかったので判断が出来ないのでご了承ください。

個人的には川沿いに宿もあるようなので泊まって見たかったですね。

この辺とか泊まって見れば良かった・・・

ここは人気で泊まれないことが多いのですが、空室が出ても1000円代前半で泊まれます。

深センの宿

深センの宿はもうここに決めてます。私の定番宿です。

シェンツェン シー ヨウ ホステル (Shenzhen Xi You Hostel) 二泊176元(一泊@88人民元1400円)

中国語で深圳棲遊青年旅館 と書きます。

個室型のドミトリーでロックが出来るドアが付きだと99人民元・ドアなしだと88元となります。

クレカ払いではなく現地で払います。

私はドアなしを選びました。

ドアなしでも全く問題なしです。窓側だったので開放感もあり文句なしです。

カード式のロックのある荷物入れもあり、全体的に余裕の広い作りとなっています。

またここは30日連続で泊まると一泊66人民元に割引されます。

66元×30日=2178人民元(日本円でおよそ35000円)

共有ルームも広く、スタッフも外国人に慣れています。ここなら一ヶ月泊まっても全然いいと思います。

一つだけ残念なのは水回りです。作りが悪いのかトイレとシャワールームは別々なのですがビショビショになってしまいます。また洋式タイプのトイレはありません。全て中国式の和式です。(中国式の和式トイレって変な言い方だな)

それでもここは華強北に近くて部屋が広いので深センのお気に入りの宿です。

ここを拠点に深セン・香港ノマドをして良いくらいと思うのですが、香港のドミがここ以上に安くなっているので、今なら香港を拠点にしますね。

香港で泊まった宿

香港のドミが安くなり泊まってみたいところがあったのですが、体調が悪くて風邪気味だったので個室に泊まっていました。

グランドール ホリデイ ホステル (Granduer Holiday Hostel) 二泊3360円(一泊@1680円)

この部屋は写真を撮り忘れていました。

モンコックのど真ん中にある安宿。場所的には文句の付けようがありません。とても便利です。

部屋も典型的な香港の安宿なのですが窓もあり広さ一人で泊まるなら十分です。

重慶大廈の個室の三倍ぐらいの広さはあります。

それでいて一泊2000円以下で泊まれるので満足は高いのですが・・・ここの宿泊の仕方がAirbnbのようで面倒なのが残念。一応スタッフがいるのですが日中は香港人のおばちゃんで英語・中国語が全く通じなくてちょっと不便でした。

夜はフィリピン 人のおばさんでカギのやりとりでトラブルで暗証番号を一々責任者?にスマホで聞かなくてはならないようで面倒でしたね。フロントスタッフ削減の為にこのようなやり方をしているのでしょうか、返って面倒です。

場所・部屋・価格等は全く問題ないのですが、このやりとりが以上に面倒で次はないかな。(正直残念)

マデラ ホンコン ホテル (Madera Hong Kong Hotel) 一泊 5763円

香港デモがなければこの値段では絶対に泊まれないホテルです。

最近は5000円以下の価格が表示されることもあります。

ジョーダン駅近くでこの値段で泊まれるホテルではありませんね。今だからこそ泊まれる価格だと思います。

浴槽があったので久しぶりのお風呂に入る・・・台湾でもシャワーのみなので。

部屋がそれほど広くはないのですが、机もあるので作業も十分出来ます。

唯一残念なところは電源が少ないことです。ホテルの時代が少し古いのかもしれません。

小さなホテルでワンフロアー5・6部屋ぐらいしかありません。

このホテルのルーフトップバーは隠れたオススメ場所なのですが、今回体調が悪くて上に行く気力もなしw

ここ人も少なくてゆっくり出来るのでオススメのバーです。

次回も必ず泊まるのでレビューしたいですね。

マカオで泊まったホテル

最終日一泊だけマカオに泊まりました。

マカオは一泊120香港ドル1700円で泊まれる定番の安宿があるのですが(ここは部屋数が少なくて秘密みしているので教えることが出来ません。ごめんなさい)

この日は満室で泊まれることが出来ず、(明日は泊まれるとのこと)珠海に行こうかカジノで夜まで過ごしてマカオ空港で空港泊しようかと思ったのですが、体調がまだ悪くて近くで宿を探して泊まることに(健康大切です)

アゴダに載っていない安宿を探すのですが満杯、または一泊650香港ドル9100円、500香港ドル7000円と香港と比べるとクオリティのレベルが違い過ぎ躊躇して一番安かった400香港ドル5600円の安宿に泊まる。

それでも5600円もしたのですが、泊まって見て激しく後悔をする。

部屋がとにかくヤニ臭くて灰皿にタバコの吸い殻が沢山ある。

断ろうと思ったのですが、気力もなくここで泊まることに・・・

値段を考えたら今までで最低ランクの宿でしたね

天天賓館    一泊400香港ドル5400円

iphone11マジックで綺麗に見えてしまうのですが、実際は汚いホテルですw

水回りとか中国のドヤレベルですね。私レベルでもありえないw

シャワーを浴びる気にも慣れずそのまま寝てしまいました。

体調さえ悪くなかったら絶対泊まらない宿だと思います。

まとめ

旅費と泊まったホテルの紹介でしたが、宿に関してはマカオ以外はどもも次に泊まっても良いと思えるぐらいに良かったです。

特にバンコクのドミトリーのレベルの高さと香港のホテルの安さは旅行者にとって良いと思います。

マカオは宿・カジノのサービスレベル共にダメですね。

あそこは本当にカジノをするためだけに行くところだと思います。

マカオの観光業のレベルの低さを見るにつけ、今の香港は結構オススメだと思います。

それでは。

down

コメントする




月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3