旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【つみたてNISA】SBI証券つみたてNISAの商品ラインナップを発表。

[記事公開日]2017/09/28

【つみたてNISA】SBI証券つみたてNISAの商品ラインナップを発表。

先日、SBI証券からつみたてNISAで購入可能な商品が発表されました。

今後も追加商品が発表されると思いますが、第一弾としては必要十分な商品だと思いますので紹介します。

つみたてNISAとは

現行のNISAとつみたてNISAは来年から併用され、単年度ごとに選択が可能です。

いくつか運用方法に違いがあるので紹介したいと思います。

 つみたてNISANISA
対象年齢20歳以上20歳以上
最大期間20年5年
ロールオーバー不可
非課税枠
(年間)
40万円120万円
非課税枠
(総額)
800万円600万円
投資対象条件に適合の投資信託・ETF国内外の株式・ETF・投資信託
投資方法定期的・継続的な方法制限なし
スイッチング不可不可
出金自由自由
運用期間18年1月〜37年12月末16年4月〜23年12月末
最後の運用が終了する日56年12月末27年12月末

参考サイト 「つみたてNISA」と、従来の「NISA」や「iDeCo」は何が違うのか?

大きな違いは運用期間と年間のつみたて可能金額。そして大きな特徴としてつみたてNISAには運用許可の通った商品しか購入することができません。現行のNISAは基本的に証券会社が扱っている全ての株式・ETF投資信託の購入が可能です。ここが現行のNISAとの大きな違いです。

つみたてNISAは

  • 2018年1月からスタート
  • 年間40万円の枠があり20年間毎年その枠がある。20年×40、合計800万円の非課税枠
  • 運用商品を売却すれば非課税枠はそこで終了。スイッチングなどの商品入れ替えを不可
  • 運用期間は2018年1月〜37年12月末、最後の運用枠の終了は56年12月末

今回、SBI証券のつみたてNISAで購入可能商品はこちらです。

大手の低コストインデックス投資信託は網羅しています。

ニッセイインデックスシリーズより最安値、新興国インデックスファンド登場

  •  <購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド
  • 信託報酬 0.339%(税抜き)

引用 ニッセイ新興国株式インデックスファンド 信託報酬0.339%の最安ファンドが登場  @kenz08 さんのブログより

今までの最安値商品 eMAXIS Slim新興国インデックスファンド0.34%より0.01%安い商品の登場です。この商品もラインナップに加えられることでしょう。

2018年より「つみたてNISA」へ移行します。

私は来年よりつみたてNISAへ口座を変更して投資を行なっていきます。

ネット上で変更手続きを行うことができず、一度日本へ帰国して手続きを行います。

(マイナンバーを台湾まで持って行かなかったため)

つみたてNISAは投資の入門者的な位置付けで書かれることが多いのですが、私は全ての人にとって十分な運用先口座になると思っています。

確かに20年と運用期限があるのが欠点ですが、20年間コツコツ投資を続けられるような人はきっと資産形成に成功すると思いますよ。

私でさえ、今年でインデックス投資9年目です。半分にも満たない期間です。20年は長い。

運用額もたったの40万円と少ないとの批判もありますが月にしておよそ33,000円

毎月33,000円を20年に渡りコツコツ貯金や投資に回せる人は立派だと思います。

制度的にいくつか不満があるのは確かなのですが、投資の非課税枠を活かせることを目先のリターンを求める投資家よりきっと満足する結果を出せると確信しています。

最近は投資関連の記事は少なめですが、今後はもっと沢山記事に書いていきたいですね。

資産形成は海外セミリタイヤをする者にとって必須の能力だと思っているので・・・と言っても手間暇かけず簡単なインデックス投資の積立、運用で十分だと思っています。

今後も投資関連の記事は増やしていくのでお楽しみに!

NISAを活用するなら紹介した商品がすべて購入可能な大手ネット証券がオススメです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を開くならやはり、この2社がオススメです

私は今後はSBI証券で個人型確定拠出年金&積立NISAを行う予定です。

オススメの確定拠出年金口座はこちらの記事を参考にしてください

ネット証券は不安だとお考えの方には大手証券の大和証券がおすすめです。

ネット証券と同様にネット銀行を利用していな方はこの機会に口座を開いてはどうでしょうか?

手数料が安く便利ですよ。

投資の基本を学ぶのにぴったりな本はこちらです。

私が利用している口座や金融サービスはこちらを参考に

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3