【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

10年間で2,000万円貯めたシンプルな方法とは、収入・支出・運用のバランスと最適化をコツコツと行ってきただけ。

[記事公開日]2019/05/22

10年間で2,000万円貯めたシンプルな方法とは、収入・支出・運用のバランスと最適化をコツコツと行ってきただけ。

今はセミリタイアを実践していますが、セミリタイアに向けて10年ほどお金を貯めてきました。

今回はその遍歴とどのように資産を貯めてきたかブログの記事にします。

2019年5月22日追加記事

2000万円貯める方ほについて追加で記事を書きました。

最近書いた記事も参考にしてください。

10年で2,000万円を貯める方法

私は30代の10年間で2,000万円を貯めて仕事を辞めました。

労働を辞めたのは2015年の9月、2000万円を突破したのは2014年の11月です。

インデックス投資を始めたのが2009年9月でその時の資金が350万円ほどでした。

20代の時は恥ずかしながらほぼ貯金はゼロでした。

30歳の時に本格的に貯金を始め、その時の知識や経験でこのまま行けば無理に働かなくても生活ができるのでは?と思い、2015年9月に仕事を辞めて、10月に台湾へ渡り外こもりセミリタイアを開始したというわけです。

10年間の毎月の平均貯金額は月10万円でした。

月10万円×12ヶ月×10年=1,200万円

10年間の主な労働は介護士をしていました。

30歳から介護士の仕事をしてきて、3年後に介護福祉士、5年後にケアマネージャーの資格を取得。

初めは未経験だったので派遣で療養型施設で働き、その後老健に5年ほど働き2013年に辞めてその後はほぼ犯罪だろというようなブラック介護会社に勤めたりと(笑)いろいろあり10年ちょっと働いて介護の仕事からは一切手を引きました。

当時は時給計算で1,000円もなくて激安ブラック環境でしたが、現在の介護環境は賃金面では大分様変わりしています。

その頃の給料明細です。手取り17万円ほどでした。

今の介護は金を貯めたい、将来の仕事がなくなるリスクなどを考えてそれなりにオススメ出来る業界だと思います。

ただし東京など大都会に限った話です。間違っても不便で賃金の安い田舎に行ってはダメです。

ダメ人間こそ都会に住むべきです。

毎月10万円の投資&貯蓄資金を作る

収入ー10万円=生活費

毎月10万円の余剰資金を作ることになります。

それを可能にするには

収入を増やすか、支出を減らすか

生活費が10万円なら収入は20万円以上必要です。

社会保障費や税金についてはこちらの記事を参考に

月収20万円だと税金と社会保障費に4万円かかるので手取りは16万円となります。

10万円投資に回すと生活費は6万円となります。

6万円で日本で生活するのは流石にちょっと無理かな・・・

そうなるともう少し収入を増やす手段を考えないといけません。

そこで私がやってきたのはせどりなどの副業とダブルワークでした。

昔は給料がやすかったですが今は大分良くなってきて介護の給料。

参考記事

資産形成を実践してきた時の仕事の遍歴

仕事の遍歴

派遣の時の給料の手取りが17〜18万、ボーナスなし。

老健は正社員で月22万ぐらい、ボーナスは夏・冬25万ずつ

その後はパートや派遣で月15万〜20万ほど

生活費が初期のころは月12万円ぐらいで、後半に家賃の安い家に引っ越しをして月10万円ぐらいで生活をしていました。(家賃が45,000円→25,000円になる)

節約は正直、言うほどガチガチにしていたわけではありません。仕事がない今の方が節約してますね。働いている時は食事を作るのが面倒でよく外食やコンビニ弁当を買っていました。

ここで、あれ収入の割に貯金額多くないか?と思われる方もいると思いますが、私はこの10年ずっと本業の介護以外に幾つかの副業をしてきました。

副業の遍歴

初期の派遣のころ2003年〜2007年頃まではDVDのせどり、2010年頃から2年ほどは介護のバイトのWワーク、2013年からはブログのアフィリエイト収入と常に二つ以上の収入源がありました。

特に初期のDVDのせどりは介護を始めたばかりで、給料は安いは仕事はしんどいわでこれでは生活が出来ないと悩んでいた時に趣味の映画鑑賞が思いがけずに生活を助けるきっかけになりました。

私は若いころ映画鑑賞が趣味で特に90年代は毎週のように映画館に通っていました。ビデオも毎日のように見ていたため80年代〜90年代の洋画に自然と詳しくなり、その後、ブックオフなのでプレミアムの付いているDVDなどを探してそれをアマゾンで売る行為をずっとやっていました。

これで月5万〜10万ぐらい利益を出していました。当時は面白いようにプレミアムDVDが見つかりましたね。

PS3が発売され2006年頃、DVDは廃れるだろうと思い、その後、DVDせどりは止めてしまいまいした。今考えると少しでも続けていればそのままネット販売をやることになっていたかもと思い、ちょっと早まったかなと思っています。

その次に始めたのが介護福祉士を取得してからの介護のWワーク、介護福祉士を取得してからは中年男性でも簡単に仕事を見つけることができ、本業の老健で働きながら、週一で夜勤の介護のアルバイトをしていました。

この頃の年収が一番高くて月40万円ほど、リーマンショック時の株価低迷の時に余剰資金をインデックス投資に打ち込んでましたね。

結果的にこの時の行為が収益拡大の源になるのだが・・・・

しかし、ハードワークがたたって交通事故を起こしてしまいます。

チャリに乗ってい時に交通事故に会いました。

この時の記憶がなくて、目が覚めたら病院のベットに寝ていて、その時は自分が過労で倒れたのか!と思ってしまうほどでした。(自転車に乗っていることすら思い出せませんでした)

事故の記憶が飛び、どうして病院で寝ているのか理解出来なかった。

私が自転車に乗っている時に事故が起きて、病院で車の運転手が平謝りをしていたので向こうが悪かったのでしょうw 私は記憶がなかったのでニコニコしながら良いですよ気にしないでくださいと言っていたのは良い思い出です。大きな怪我はなかったのですが、頭を打ったためしばらくめまいの症状が続きました(半年ぐらい)

その後はWワークを減らしていき、ブログの収益化を目指していきました。辞める一年ぐらい前ですが、この時はずっとブログの収入が3万ぐらいだったと思います。

今のブロガーのレベルからみると小さいですが、嬉しかったですね。労働をしないでネットから収入を得られる小さいながらも成功体験を得たのですから。

個人的のは過度にブログ収入に依存しないで月5万ぐらいの収入が理想じゃないかなぁと思うようになっています。

ブログで稼ぐのは悪いことではないと思っているのですが、一番思うところは最近のトップブロガー(収入面での)見ているとあまり楽しそうじゃないんですよね。どいつも金とPVばっかりだし、まぁいいのですが・・・

最近の収入源

またセミリタイア後や副業として日雇いを利用するのもいいと思います。

ここで、あれ2,000万貯めたのに1,200万じゃ800万足りないじゃん!

そう思った方はその通り、800万円はどこから出てきたのかと言うと、そうです、私がブログで9年に渡り書き続けてきたインデックス投資の利益からです。

10年間コツコツインデックス投信に積立をしてきました。

今は非課税口座が充実しているので可能な限り利用してコストを下げていきましょう。

毎月10万円を積立て株式のインデックス投信に積立ていく。

リターンを5%と過程するとおよそ12年で貯めることができます。

私の場合はリーマンショックの株式市場の低迷時にインデックス投資を開始したので予想より早く貯めることができました。

今後はここまで調子がいいかはわかりませんので注意してください。

このように2,000万円を貯めて現在、台湾で生活をしているわけです。

最初に言うべきことは、貯金や資産形成は個人にとってとても大切なこと。

貯金や資産形成はこれからとても大切です

最近はお金がなくても生きていけるなどと言う無責任な連中がいますが、私は絶対にそんなことないと思います。

特に社会の底辺にいる連中ほど貯金はしっかりやりましょう。

多分、これからの社会の底辺は投資などのリテラシーを身につけて合理的に投資などをする人とそれができない人でも収入が低くても生活や生き方に大きな差がつくと思います。

投資をしてきた社会の底辺→底辺セミリタイアでのんびり生きていく。

投資をしないで生きてきた社会の底辺→ずっとお金がなく不安定な生活をしていく。

同じ年間100万円の生活を実践している人でも生活の満足度は大きく違っていきます。

貯金は人生のライフポイントみたいなものだと思です。

一年分の生活費があれな一年生き延びる、5年なら5年、10年なら10年。

当たり前じゃんと思いますが、世の中、こんな簡単な理屈もわからない人が多いのです。

そもそも自分はいくらあれば一年生活出来るかある程度正確に言える人ってどのくらいいますか?

言えないでしょ?

言えない人はセミリタイヤや海外生活には向いてませんね。ずっと労働者として働いていきましょう。それも悪い生き方ではありません。

しかし、もし今の働き方や生き方に不満があり、別の生き方をしていきたいと思うのなら、自分が一年でどのくらいお金があれば生活が出来るかしっかりと把握をするように努めましょう。

セミリタイヤへの道はまずはそれからです。

それからお金がなくて生きていけるなどと軽々しく言う人は信用しないようにしましょう。

お金が掛からない生活でも、結局はお金を稼がなくてはならないし自分の望む生き方をするのに必要な物も最初はお金です。お金がなく自分の生活基盤も作れなければ、誰があなたの生き方を信用するのでしょうか?

底辺の最高の自己投資は資産を作ることです。

貯金や資産形成に必要な知識とは極めてシンプル!

それは

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 運用してお金を増やす

この3つしかありません。

この3つを最適化してコツコツ続けていくしか方法がありません。

簡単に金を儲ける方法があるなら、私がとっくに実践して成果を出しています。

簡単にブログで儲ける方法、儲かる株の見つけ方、儲かる事業・・・そんなものが月々数千円のセミナーやその辺に売っている本に書いているわけがありません。

凡人や私のような底辺の人間は愚直に上記の3つのことをコツコツ続けていくのが一番だと思います。

私は介護で働いていた時代は少ない収入を補うために副業としてせどりをやったりWワークをしたりしていました。

このやり方はそのまま独立後にも大きな影響を自分に与えています。

常に一つの収入源に依存するのでなく、一つ一つは小さくても幾つかの収入があれば何とかなると自分の実践からも証明しているからです。

節約も電気を小まめに消す、自炊にこだわることより、家賃の安い家に引っ越す、車を持たない、民間の保険には入らないなど、固定費の削減に努めてきただけです。これだけで今なら日本で月9万ぐらいで余裕で生活出来ます。時間があれば安い時に海外だって行けますしね。

後悔していることは10年もかけることはなかったということです。

もっと早く貯金1,000万ぐらいで日本を飛び出していれば良かったと思ってます。

それが一番の後悔かな。お金より自分の人生の時間や健康が減る方がずっと後悔しますよ、年を取ると・・・・若い時には気づかないのですけどね。

1000万円ぐらいで生活費は収入で補っていけばよかったかなと今は思っています。

30代でセミリタイアしたかったですね。まとめ  2,000万円貯めた方法

  • 少ない収入を副業をすることで補った
  • 家賃の安いところに引っ越すなど大きな固定費の削減を中心に節約をした
  • 余剰資金をコツコツ世界の株式市場にインデックス投資を続けた。

これは現在の海外セミリタイヤになっても変わらず行っているところです。

  • 複数の小さな収入源を持つ、月10万円ぐらい。
  • 固定費にお金を掛けない(三大固定費とは家、車、保険です)
  • お金は手間暇掛けないインデックス投資で運用していく。

個人的には月20万ぐらいの収入で月7.5万円ぐらいの貯金や投資がコツコツ出来るなら十分セミリタイヤは狙えると思います。

ただし月7.5万円だと2,000万円を貯めるには10年でなく15年は掛かると思いま、そのためにも途中で自営的な働き方をするのが理想です。

月10万円の収入源を得ながら投資を続けて自分の好きなような生活が出来るなら最高だと思います。

私のブログの大きな趣旨もセミリタイア後は月10万ぐらいの収入があれば生きていけるだけでなく、自分の人生をコントロールすることが十分可能なんだと実践していくことだと思っています。

今は台湾を中心にアジアを拠点に海外生活の発信とそのために必要なお金について記事にしていきたいと考えています。

それでは!

関連記事&スポンサーリンク

海外セミリタイア生活費



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3