CubのFIREmini生活

低コストで海外生活が可能になるFIREmini生活情報を発信しています

日本へ戻れないなら台中の田舎に引き籠ればいいよと言われた話

[記事公開日]2020/03/31

日本へ戻れないなら台中の田舎に引き籠ればいいよと言われた話

先週の話になるのですが、台湾の実家で日本人隔離パーティー(自称)が行われました。

それは嘘で定期的に昔住んでいた家でバーベキューパーティーをしただけですがw

そんな台湾の田舎の家の話です。

それではどうぞ

台湾の昔の家「三合院造り」

台中郊外の田舎にあり昔の台湾の家の作りとなっています。

彼女が子供の頃に住んでいたらしく、今は空き家で完全に物置となっています。

この字の形になっていてその一辺が所有となっていて、他のところには現在も人が住んでいます。

このような家の作りを三合院造りと言うらしくツイッターで教えてもらいました。

台湾に住んでいながら、そんなことを知らなかったのですが、ググったら、確かに同じような形の家でした。

ホントに無知ですいません。

周辺は田園

周辺は田園で日本の田舎にそっくりな風景です。

冬に定期的に家族でパーティー

夏は暑いので冬の時期に毎年定期的に家族で焼肉パーティーを開いていました。

日本に帰れないならここで引き籠れば心配ないよ

彼女の父親から

「日本へ帰れないならここで引き篭もっていれば警察も来ないから安心だぞ!」

と素敵な提案を受ける。

個人的にはここに引き篭るのは悪く無いと思うけど、ずっとここにいると2度と日の当たる世界に出れなくなってしまうw

ちょっと悩むっっw

せっかくの古家だが

古く味のある家で個人的には気に入っているのですが、完全に物置と化しているのがとても残念。

家の中

周辺

家の周りも管理されてなくてゴミが散乱しています。

実際に住むにしてもリニューアルが必要でお金がかかりそうです。

ちなみに彼女はこんなところに絶対に住みたく無いそうですw

子供の頃のトラウマでもあるのかな。

近くに農地あり

また近くに結構大きな農地があり、そこでミニトマトやバナナ・マンゴーなどを作っています。

趣味の領域を遥かに超えていて、実際に収穫して売っています。

時々もらうのですがお世辞抜きに美味しいです。

いざとなったらバナナとミニトマトだけで数ヶ月生きていけそうなので最終手段としてここでの引きこもりは残しておきます。

まとめ 多拠点化へ

いずれはここもきれいにして住めるようにして

名古屋・台中二箇所と三拠点の住処を作って多拠点化ができればいいなと考えています。

今回余儀なく日本へ一時帰国となりますが、今後はこの場所も拠点化して更なる外こもりワールドを拡大していきたいですね。

それでは。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3