一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。底辺セミリタイア普及ブログ

複利の知識があれば2000万円貯めるのは底辺でも十分可能。

[記事公開日]2019/06/06

複利の知識があれば2000万円貯めるのは底辺でも十分可能。

何と!金融庁が老後に安心して暮らせるには2000万円の貯金が必要と、私が常々言っているセミリタイアには2000万円あれば十分説と同額の金額を定時して物議をかましています。

この内容の是非はとこかく今回は2000万円貯める方法ですが、マネーリテラシーがあれば所得の低い人でも十分可能です。

今回は国も認めた老後に必要な2000万円を貯める方法です。

何度も書いているのですが重要なことなのでもう一度記事にします。

それではどうぞ

複利の知識があれば低所得でも2000万円の貯金は十分可能です。

2000万円をゼロ金利の今、貯金だけで貯めようとすると

40年間かけるとすると月およそ42000円必要です。

しかし複利の力を十分知っていればその半分以下

月2万円で可能です。

参考記事

月2万円を年5%で40年間運用すれば2000万円どころか

3000万円貯まります。

詳しくはリンク先の記事を参考にしてください。

実はしっかりとした投資の知識を持ってコツコツ積み立てていけば2000万円〜3000万円ぐらいの資産形成をそれほど難しいことではありません。

だって月2万円を積み立てればいいのだから!

月収20万円でも十分可能だと思いますよ。

非課税口座を利用して世界中の株式にコツコツ投資をするだけ

年5%の運用方法ですが、これも難しいことではありません。

利益に税金がかからない口座を利用する

積み立てNISA口座とイデコ口座にインデックス株式投信をコツコツ毎月2万円積み立てていくだけです。

インデックス投資信託の購入商品に迷ったらeMAXIS Slimシリーズで十分です

非課税口座で迷ったら積み立てNISAは楽天証券、イデコはマネックス証券でいいと思います。

つみたてNISA

イデコ

会社や政府に依存するだけでなく自分で生きていく道も探そう

これは会社を辞めることが絶対ではなく、リストラしたり辞めたりしても生活が困らないようにすることです。

また国に生活を依存していたら制度変更で生存権を握られるような人生は幸福とは言えません。

資産形成はその最大の防御であり攻撃でもあります。

リテラシーが大きく差がつく時代に

政府に2000万円貯めろ!と言われたから貯めるのではなく、自分の好きな生き方を実現するために貯めればいいのです。

私の場合はセミリタイアだったので、その必要資金が2000万円あれば十分だと思ったので貯めただけです。

複利の運用も難しいものではありません。マーケットに張り付いて売買する必要などないのですから。

今後は収入に関係なくコツコツ資産形成をする人としない人、またローコストライフで楽しく生活できるノウハウのない人では人生設計に大きな差が出てくると思います。

あなたはどちらを目指しますか?

それでは!

関連記事&スポンサーリンク



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3