旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【タイ旅行】タイで利用したホテルとエアチケットの総額とタイノマドの可能性について

[記事公開日]2017/10/24

【タイ旅行】タイで利用したホテルとエアチケットの総額とタイノマドの可能性について

8月27日から9月13日までの17日間タイのチェンマイ・バンコク・パタヤに滞在をしたのですが、その時のホテルの料金とエアチケット代をまとめてみました。

今回、初めてのタイだったので、街の感覚がよくわからなかったのですが、次回からはもっと効率的に安くて良い宿など探するのではと思います。

それではどうぞ

タイでのチケットとホテル代の総額

チケット代

日程区間値段航空会社予約サイト
8月27日桃園〜バンコク(ドンムアン)13,271円ノックスクートスカイスキャナー
9月3日パタヤ〜チェンマイ2,714円エア・アジアスカイスキャナー
9月8日チェンマイ〜バンコク4,429円エア・アジアスカイスキャナー
9月13日バンコク〜台北
(桃園)
9,392円ノックスクートスカイスキャナー
合計29,806円

台北〜バンコクで利用したノックスクートはボーイング777で座席が3席-4席-3席で広くてLCCの中ではかなり良かったです。行きも帰りも出国のチケットの確認はされませんでした。

タイ人と台湾人は半々ぐらいでした。沢山のタイ人が台湾に観光へ行っているようです。ただ台湾からタイへ行く便は7割ぐらいしか座席が埋まっていないようでした。台湾へ行く便はほぼ満席でした。

ホテル代

バンコク(7泊)

ホテル名値段利用ポイント一泊あたり予約サイト
レッド プラネット ホテル バンコク1,465円2,8961,465円
(ポイントを利用なしの場合、4,361円)
アゴダ
ワタナ ホテル 7524円
(三泊)
なし2,508円アゴダ
マッチボックス バンコク ホステル 560円
(三泊)
26001,053円じゃらん
合計9,549円
(7泊)
5,4961,364円
(ポイント利用なしの場合、2,149円)

パタヤ(5泊)

ホテル名値段利用ポイント一泊あたり予約サイト
レッド プラネット パタヤ2,731円
(一泊)
なし2,731円アゴダ
マックス ホテル666円
(二泊)
2,600333円
(ポイントを利用しない場合、1,633円)
じゃらん
ハリーズ ホテル バー & レストラン282円
(一泊)
1,000282円
(ポイントを利用しない場合、1,282円)
じゃらん
3,679円
(5泊)
3,600735円
(ポイント利用なしの場合、一泊あたり1,455円)

チェンマイ(5泊)

ホテル名値段ポイント一泊あたり予約サイト
バーン クラン ヴィエン193円
(1泊)
1,000193円
(ポイントを利用しない場合、1,193円)
じゃらん
バーン クラン ヴィエン4,620円
(4泊)
1泊350バーツで現地払い。1バーツ3.3円で計算)
なし1,155円
合計4,813円
(5泊)
1,000962円
(ポイントを利用しない場合、一泊あたり1,162円)

エアチケットとホテル代の総額

チケット代 29,806円  
ホテル代 18,041円(17泊) 一泊あたり1,061円
利用ポイント 10096pt じゃらんポイ7200pt  
    アゴダポイント2896pt
合計 47,847円 ポイント込み 57,943円

ホテルトラブルについて

チェンマイのホテル「バーン クラン ヴィエン」は料金についてトラブルがありました。

予約確認ができないと言ってお金を支払うようにいわれました。

後から来た知人も「予約していた部屋は空いてないから」と値段の高い広い部屋を勧められたり、

ファランの若い女性もフロントで何か言い合ってましたから、ここは泊まらない方がいいと思います。

じゃぁ、なんでお前は現金払いで四泊をしているんだよ!と言われそうですが

あれです・・・まぁ、面倒だったんでw

部屋自体はそれほど悪くなくて、プロントのおじさんも愛想悪くないのですが、最初の請求がせこいというか・・・じゃらんのホテル評価でも、予約確認ができないからとホテル代を請求されたとコメントがあったのであまり良くないホテルですね。

ただ、そのためか部屋がガラガラで誰も泊まっていない日が多く、スタッフも7時ごろにはみんな帰ってしまうので現地の子を呼び放題できそうですが・・・

チェンマイとパタヤについてはハイシーズン以外なら安宿が沢山あるので予約をする必要もないと思います。

パタヤでも300〜400バーツ、チェンマイなら200バーツ〜300バーツぐらいで探せば個室もあると思います。

窓付きで広い部屋もパタヤですら500バーツも出せばあると思います。

私はホテル予約は主にこの二つのサイトでしています。

ただ、最近はホテル版「スカイスキャナー」として「トリバゴ」を利用しています

トリバゴ」で検索して最安値をホテルサイトで予約する感じです。

また、メインカードとして高還元率ポイントのリクルートカードを利用しています。

そのポイントの消化先としてじゃらんサイトでホテルを予約しています。

じゃらんは月2回ほどクーポンキャンペーンをしているので欠かさずチェックしています。

1,000円以上のホテルで500円引きのクーポンはかなりお得です。

リクルートカード」×「じゃらん

はかなりお得なのでまたブログで紹介します。

タイノマドの可能性について

改めて言うまでもなく、タイはノマド、外こもり候補として最適ですね。

ただ、バンコクについては滞在費は台湾とそれほど変わらないと思います。

BRTなども毎日使っていれば5,000円以上かかかるだろうし、街自体が大きくて、人混みも東京や大阪と変わらないぐらい多いので、この辺の好みは分かれますね。街が大きくて飽きないか人混みが多くて嫌か・・

個人的にはパタヤとチェンマイはオススメします。

後、まだ言っていない、プーケットやグラビなども外こもりの候補として行ってみたいです。

サムイ島やパンガン島は人気リゾート地のためかいつもチケット代が高いのが難点です。

やはり、交通の便利さ、バンコクに比べて物価が安くつく、リゾート地やコンパクトな街を考えるとパタヤが一番いいと私は考えています。

チケット代含めて台湾からなら一ヶ月10万円もあれば十分ですね。

ただし夜遊び代は含まれません(笑)

これだけは個人差あると思うのでなんとも言えないのですが、全く使わない人はタイはまだ全然外こもりの候補地としていけますね。

タイのビザについて

前回のブログの記事には触れなかったのですが

タイの観光ビザは空路で30日、陸路で15日かつ年二回までと厳しくなっています。

ただ、一年中タイに滞在しているならビザ問題は大きいですが、台湾とタイの二拠点で年数ヶ月の滞在なら問題ないかなと考えています。

タイ一ヶ月→台湾二ヶ月→タイ一ヶ月→

11月に日本に戻りその後、一ヶ月ほど中国→マレーシアあたりに旅行へ行く予定です。

次回タイを訪れる予定は来年の一月、半月から一ヶ月ほどパタヤに滞在する予定です。

来年から始まる新しいパタヤ・セミリタイア編も楽しみにしていてください

それでは!

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3