旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【台中旅行】台中駅前から高美湿地への行き方と注意点を説明します。台湾のウユ二塩湖こと「高美湿地」で綺麗な夕日を見よう!

[記事公開日]2017/10/17

【台中旅行】台中駅前から高美湿地への行き方と注意点を説明します。台湾のウユ二塩湖こと「高美湿地」で綺麗な夕日を見よう!

 

一年以上前に高美湿地へ行ったのですが、2017年7月から台中駅前近くから高美濕地へ乗り換えなしで行くことができるバスが開通しました。

今回はバスを利用して高美湿地への行き方と注意点を説明します。

台湾で一番美しいと言われている夕日を比較的に簡単に見に行けるようになりました。

台中駅前から高美湿地への行き方

7月より309番バスに乗れば乗り換えなしに高美湿地行くことができます。

事前にこのアプリを入れておくことをオススメします。

台湾のバスの検索が簡単にできます。

台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄公車/公路客運)

台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄公車/公路客運)
開発元:skystar
無料
posted with アプリーチ

台中駅前から乗る時は東協廣場と言う私が前に紹介したビル前から乗るのですが、必ず台中駅へ向かう方向のバス側の停留場から乗ってください。地図などを確認すると第一廣場側の停留場から乗るものだと思ってしまいますが、ここにはバスは止まりません。

地図

必ず台中駅に向かう側の停留場から309番バスに乗ること

これ、結構迷うようで台湾人でもキョロキョロバス停を探していました。

前は旧台中駅前にロータリーがあり、そこをバスがぐるりと一周して反対方向の道へ行っていたのですが、今は渋滞緩和のためか連結した大型バスは外側の道を大回りして通るようになり反対側の道を通らなくなりました。

大型バスはこのように駅前を迂回して通ります。

このような大型バスは迂回して運行しています。

いつも思うのですが、こんな大きなバスが無料で乗れるのですから台中は太っ腹です。

停留所に書かれているバス停は紛らわしいので注意

停留所に書かれているバス停は少し紛らわしいのですが、

正確には

第二市場→彰化銀行→第一廣場(東協廣場)→第二市場へと止まります。

彰化銀行と東協廣場から乗る時は台中駅へ行く側のバス停から乗ってください。

ネットのバス停留所の地図の方が正確に書かれています。

このように迂回して行きます。

バスの運行時間について

バスの運行時間は始発が昼の12時15分となっていて午前中にはバスは走っていません。

最終も10月から3月は18時30分、4月から9月は19時10分となっています。

309号バス時刻表より

実際、バス停の場所も高美湿地の観光の中心地から離れて所にあり、夕日を見てバスに乗って帰ろうとすると間に合わないかもしれませんので注意してください。

バスは悠遊カードを利用すれば10キロまで無料、その後1キロごとに2.5元かかりました。

東協廣場から高美湿地までは悠遊カードを利用して46元、1時間15分ほどで行くことができます。

バスの乗り方について

バスは乗るときと降りるときにそれぞれバスの出入り口にこのような機会があるので当てて音がすればオッケーです。

乗るときも降りるときも、どこから好きな出入り口から可能です。キセルされるだろうと思われる方もいるでしょうか、ほとんど無料で現金で払う人がいないのでバスの運転手もほとんどチェックしていないようです。

キセルしようと考えている人もいないが・・・

かざして音がすればオッケーです。

高美湿地で降りる時の注意点

バス停には高美湿地と書かれている停留所がありますが、実際に降りる時は次の18号風車というところで降りるのが便利です。

大きな風車下にバス停があり、目の前に湿地帯がすぐに広がっています。

目の前の橋を渡ると湿地帯沿いに道路があるのでそこを歩いていけば有名な観光地へ行きます。

大型の観光バスが通るので注意して歩いてください。

途中、清水駅行きのバス停があります。バスはやや小さいマイクロバスです。

ただし、ここも最終時間が6時半と早い

・・・・と言いつつ、私は昔行った観光地まで行きませんでした。

なぜか?

遠いですw

多分、歩いて30分以上かかります。

写真では見辛いにですが、ずっと先に湿地帯へ行ける木造の足場があります。

せっかくバス停で台中駅まで行けるようになったのですが、そのバス停が湿地帯の中心から離れていてもの凄く不便です。

台湾自慢のUbikeがあればいいのですが、この辺一体にはありません。

もう一つの問題はこれほど歩くのですが、トイレや日陰が全くない。

10月16日にここへ行ったのですが、日差しがあると物凄く暑いです。真夏などとても歩けません。

それにも関わらずトイレなどがほとんどありません。休憩するようなところもなし。

あくまで車で来る人前提の場所です。

相変わらず不便。

ですから、夕焼けを見たい方は帰りのバスは諦めてタクシーで帰るか、バス停近くのところで夕日を眺めるかどちらかにするといいでしょう。

やはり清水駅から割り切ってタクシーで行くのが簡単でいいかもしれません。

清水駅から片道200元ほどで湿地帯中心部まで行けることを考えると・・・

こちらは過去に清水駅からタクシーで行った時の記事です。

台中駅〜高美湿地の行き方(2016年5月22日の記事です)

台中駅前から清水駅行きのバスは結構あるのですが、時間がかかります90分ぐらい。

電車で台中駅〜清水駅の方が時間も半分の45分ぐらいで料金も片道40元(130円)ぐらいで行けるので(正確な料金忘れました)電車で行きましょう。

IMG_6806

電車で清水駅までの行き方。

次の台湾鉄道のアプリが凄く便利なので台湾旅行をする際にはかならず持って行きましょう(無料です)バスアプリもついでに入れておきましょう。

台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄公車/公路客運)

台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄公車/公路客運)
開発元:skystar
無料
posted with アプリーチ
台湾鉄道時刻表

台湾鉄道時刻表
開発元:skystar
無料
posted with アプリーチ

 

 

出発地と到着地を入力すれば電車の番号と時刻表が出てくるので迷うことがありません。

IMG_6882IMG_6883

こんな感じです。便利ですね。ちなみに台湾の鉄道は車内にトイレがあるのでこれも何気に嬉しいです。

清水駅に到着、ここからのバスが全然ない。

IMG_6572

IMG_6573

IMG_6575

清水駅正面を出ると大きなファミリーマートがありそこがバス停になるのですが、バスの本数が少ないわで一時間近くまって定時のバス来ないわで別のところに行くバスの運転手に聞くと

あっ、遅れてるね。どのくらいで来るんだろ?30分かな、うーーん。

って、まぁ、もう心折れました。タクシー利用しました。

帰りの最終バスも平日だと16時45分とかだし・・・

片道200元(660円)帰りも同額です。

IMG_6578

距離にして3㎞〜4㎞ぐらいで15分ほどで到着します。

渥美湿地です。わーい

IMG_6583

IMG_6585

満潮になるとここまで海の水がくるようです。

IMG_6590

IMG_6596

木の道を通っていくとその両サイドの湿地には大量のカニさんが

IMG_6586

IMG_6588

IMG_6601

湿地というか潮干狩り出来ますね・・・ここ(笑)

IMG_6603

IMG_6615

IMG_6605

わんちゃんも潮干狩りー

IMG_6607

周辺は簡単な観光地としてお店もあります。(大腸包小腸って名前慣れたけど凄いネーミングだよね)

IMG_6618

でも好きです。

IMG_6620

日が暮れてしまいましたが曇りなので夕日は見ることが出来ませんでした。

IMG_6621

ウユ二塩湖を期待すると、ただの潮干狩りするところと同じじゃんとガッカリするかもしれませんが、確かに広大で海へ入ることも出来るので楽しいところではありますね。

ただし、一言

行くのが面倒w

自家用車があるなら簡単に行けるでしょうが、観光客が気軽に行こうと思えばタクシーを利用するしかありません。台中市は観光地としてアピールする気あるのですかね。

ここだけじゃないけど、他の場所も凄く行きづらいんですよね。バスも夕方に終了の路線多いし。

もっと周辺の観光地を含めてぐるっと行けるような観光バスなどやればいいと思う。

ここだけで一日潰れてしまいますから・・・

その辺が不満というか勿体無いですね。

いいところなだけに

【追加記事】終点の梧棲觀光漁港も楽しいところです。

309番バスの終点に梧棲觀光漁港という漁港があるのですが、ここの方が楽しいかもw

18号風車から二つ目の終点です。18号風車バス停からなら無料で行けます。

ここは土日祝日になると地元台湾人で賑わうのですが、前に一度だけ行った時はあまりにも台中中心部から不便なところにあったのですが、309番バスが開通したことによりとても行きやすくなりました。

車で行くと入場料50元が取られるのですが、バスだとそのまま中に入って行き入場料がかからなくてお得です。

地図

バス停留所が見れると思うので帰りはそこからバスに乗り台中駅まで戻れます。時間は1時間半ほど。

台中の漁船

台中の海で取れた魚介類が市場で売っています。

今はカニの季節とのことで、カニが沢山売っていました。

物凄く威勢のいい若い女性がいて見ているだけで楽しかったです。

今回は平日で人も少なかったのですが土日などの休みの日に行くと人で溢れかえっているほど人気の場所です。

イカ焼きを買って帰ることにしました一本35元125円。

将来はこの高美濕地と梧棲漁港が台中の大きな観光地になりそうで楽しみでもあります。

高美濕地がもう少し便利になるともっと観光客が訪れると思うのですがそこが残念。

これからに期待します

オススメの台中ゲストハウス

「参考記事」

ジェットスターを利用する時はDeNAトラベルを確認してみましょう。

本サイトより安くチケットを購入できることがあります。

ネット接続に迷ったら以下の記事を参考に

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3