一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。

【つみたてNISA】eMAXIS Slim新興国株インデックスが大幅な手数料値下げ発表。これでつみたてNISAもiDeCoもeMAXIS Slimシリーズで決まりでいいかな。

[記事公開日]2017/11/23
[最終更新日]2018/04/09

【つみたてNISA】eMAXIS Slim新興国株インデックスが大幅な手数料値下げ発表。これでつみたてNISAもiDeCoもeMAXIS Slimシリーズで決まりでいいかな。

個人的にインデックス投資信託の手数料値下げ競争で一番注目していた商品「eMAXIS Slim新興国株ファンド」。

参考記事

ベンチマークの違う類似の低コストファンドにも今回対抗して手数料を下げて来ました。

今回のニュースもアウターガイ (@outerguy)さんのサイト情報からです。

新興国ファンドの手数料が0.19%台に!

新興国ファンドは11月10日に0.339%に引き下げを発表したばかりでしたが、その後、楽天バンガード新興国ファンドの0.25%、そしてEXE-i新興国ファンド0.19%と低コストファンドを次々と出してきましたが「eMAXIS Slim新興国株ファンド」もEXE-i新興国ファンドと同じ0.19%の手数料まで下げてきました。

商品名旧信託報酬
(税別)
新信託報酬
(税別)
国内株式インデックス0.170%0.159%
先進国株式インデックス 0.190%0.189%
新興国株式インデックス0.340%0.19%
国内債券インデックス0.140%0.139%
バランス
(8資産均等型)
0.220%0.210%

前回のプレスリリースには

引き下 げは10月6日時点における他社類似ファンドの情報を元に決定されたものです。今後も引き続き、他社類似 ファンドの運用コスト (注)に注意を払い、業界最低水準※の運用コストをめざします。

と書かれていたのでベンチマークの違う商品でも値下げしてくるかもと期待をしていましたが、期待通りに値下げをしてきました。

eMAXIS Slimシリーズは楽天バンガードやEXE-iなどのようにETFに投資をする投資信託ではなくベンチマークに連動するように実際に株式に投資をするインデックス投資信託です。その為、配当の3重課税問題や連動指数との乖離などの問題は楽天やEXE-iに比べてずっと小さいですから実質コストも低コストになるはずです。

手数料の値下げは2017 年 12 月 13 日よりとのこと。

「つみたてNISA」と「iDeCo」の投資商品はこれでいいかも

今回の値下げで「つみたてNISA」への投資商品はeMAXIS Slimシリーズにしていきます

実際に投資する商品はこの2つの予定です。

  • eMaxis Slim先進国ファンド
  • eMaxis Slim新興国ファンド

個人型確定拠出年金の移行先もeMaxis Slimシリーズに投資ができる「マネックス証券」で決めます。

今回の値下げでどの商品に投資をしていいか迷っている方にもオススメできる商品になったと思います。

それにしても新興国ファンドの手数料が0.19%になるなんて去年までは考えられないコスト競争ですね。

「iDeCo」と「つみたてNISA」の運用先にオススメの証券会社

つみたてNISAはこの2つ

iDeCoはこの3つ

私はつみたてNISAはSBI証券、iDeCoの運用金融機関はマネックス証券にする予定です。

関連記事&スポンサーリンク

海外セミリタイア生活費

海外セミセミリタイア投資部

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3