旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【マレーシア・ノマド編】コタキナバル国際空港に着いたらやるべきことを紹介します。

[記事公開日]2017/12/03
[最終更新日]2017/12/07

【マレーシア・ノマド編】コタキナバル国際空港に着いたらやるべきことを紹介します。

11月25日に香港からマレーシア・コタキナバルへ来て一週間ほどが経ちました。

三週間ほど滞在する予定です。

現地の人からも「こんな何もないところで三週間も滞在するの?」と言われてしまうところです(笑)

何もないからいいのですよ・・と言いたいところですが、最初は三日でタイに行けば良かったと思うようなところでした。慣れれば生活圏も把握できるのでそれなりに便利なところだと思いますが・・・・

マレーシアは5年前にペナンへ行った以来に二度目です。

参考記事

コタキナバルへ来たらやるべきことを今回は記事にしたいと思います。

それではどうぞ

コタキナバルノマドで最初にやるべきこと

マレーシアVISA(査証)について

日本人のビザは90日ですが台湾人のビザは30日です。

今回は香港からコタキナバルへエア・アジアで入国したのですが、出国チケットなしで搭乗手続きをしたのですが、

「日本人は出国チケットがなくても入国できるが台湾人はないとチケットの発行はできません」

と言われました。鉄道で旅をするなど説明したのですが、台湾人はダメと言われて追加で出国チケットを購入しました。

日本人は片道チケットで入国できるが台湾人は出国チケットが必要。

それ以外は特にいつもと変わらずです。(荷物を測ることもないです。)

言葉

マレーシアは英語が通じる国として有名ですが、正直、英語より中国語の方がよっぽど通じると思います。

中華系マレーシア人が沢山住んでいるので中国語が話せれば広東など南部中国より言葉は困らないと思います。

時差

マレーシアの時差はタイが二時間あるので二時間と思いがちですが、時差は1時間です。

マレーシアの方がタイより1時間早いのは違和感ありますよね。

お金

リンギット札 100・50・20・10・5・1ですが100リンギット札は見たことがないので通常利用する最高額紙幣は50リンギット(1,300円)のようです。

1リンギット27円で計算。

お札が小さいから扱いやすいですね。

コンセント

コンセントの穴は3つ穴タイプです。形は香港と同じです。電圧は220Vと日本の100Vと違いますが最近のガジェットは日本で購入した物でも対応しているので特に変圧器などは必要ないと思います。

コタキナバル国際空港に到着後

SIMの契約

私はdigiという通信業者のSIMを購入しました。

一週間5GB 40リンギット

二週間10GB 60リンギット

pokefiがあったのですが、マレーシアのSIMの方が安かったのでこちらを契約しました。ネット接続は良好で不満も特にありません。デザリングも問題なくできます。

ただし公共のwifiがあるのですが劇遅、ほぼ繋がらない、安宿などはどこも無料のwifiがあるのですが速度がやや遅いです。高速通信に慣れていると不満に思うかもしれません。動画は時間により見れないことが多いです、サクッとSIMフリーを購入をオススメします。

通貨の入手場所

空港内で両替をするのはどこの国でもレートが悪いので最低限の両替にしておきましょう。

2,000円ぐらいでいいと思います。

今回、十分な香港ドルを所有していたのでATMでキャッシングは全くしませんでした。

オススメの両替場所

両替商は街中に沢山あるのですが、一番良かったのは「Wisma Merdeka」というショッピングモールです。

場所

一階に沢山の両替商があるのですが、一通り見て一番レートの良い両替商で交換すればいいと思います。

私は香港ドルを沢山持っていたので、香港ドルを両替したのですが、公式レートが1,000香港ドル=529リンギットの時ここのショッピングモールは大体525〜532リンギットの幅でした。

公式レートより良いところがあったのですが、

街中だと520リンギットぐらいのところが多かったので1,000香港ドル10リンギットぐらいここの方がお得だと思えばいいとです。

空港からの移動

コタキナバル空港には5リンギットで市内へ行けるairport busが出ています。

一人5リンギット

市内の「Airport Bus Station」が終点になります。そこで降りれば安宿が沢山ある「Gaya Street」まで歩いて5分ほどで行けます。

場所

コタキナバル市内の移動手段は主にバスかタクシーになります。

バスは一度乗ったのですが1リンギットで安いのですが、路線がわかりにくくてオススメしません。

もちろん、それが面白い人もいると思いますが、一番のオススメは「uber」

uberでコタキナバル空港からGaya Streetまで8〜9リンギットで行けます。二人ならバスよりお得です。

市内には沢山のuberが走っているので市内の移動はuberがはっきり言って楽です。

私も恥ずかしながらコタキナバルでuberデビューしましたw

こんなに簡単ならもっと早く利用すれば良かったと思っています・・・ただし安い安いとコツコツ利用していると料金もバカになりませんので注意。

拠点は「Gaya Street」

コタキナバルの拠点は「Gaya Street」が便利です。

安宿が沢山あり泊まるところで困ることはないでしょう。

値段はドミトリーが25〜30リンギット。

個室のダブルで65リンギット〜といったところです。

場所

日曜日の朝にはサンディーマーケットが開かれます。ホテルの前から眺めるといつの間にこんなに屋台が並んでいるのかと驚きます。

オススメの宿

私は予約なしで街をブラブラして泊まりました。一泊68リンギット、3日だと一泊65リンギットに割引。

(一泊1,755円)

個室で一番安かったところは一泊30リンギット(850円ほど)

エアコンなし水シャワーのみです。私一人ならここに泊まっていましたね。

クリーニングはここが便利「The Laundry Shop」

場所

1キロ2.5リンギットくらいです。

当日の朝に出すと夕方には戻ってくるのでとても便利です。

周辺には結構コインランドリーがあります、また私が泊まっていたオススメのホテル「レッド パーム ホステル」では一回10リンギットで洗濯のサービスがあります。

近くの小島へは「Jesselton Point」

船で10分ぐらいで行ける「トゥンクアブドゥルラーマン国立公園」は海が予想以上に綺麗でオススメ

島により料金が違いますが往復40リンギットぐらいです。

「Gaya Street」歩いて15分ぐらいuberなら5リンギットぐらいで行けます。

場所

治安

マレーシアに関しては現地に滞在している方は言われているほど安全ではないとのことですが、ここコタキナバルはそれほど危険と感じたことはないです。

現地の女性の一人歩きも普通に見かけます。だから絶対安全という訳ではないですが治安はそれほど悪くないと思います。

物価等は別記事でまた書きます。

まとめ

コタキナバルに来たらやるべきこと

  • 現地SIMの購入
  • リンギットの調達
  • 移動はuberが便利
  • Gaya Streetを拠点にすると観光が便利
  • 周辺の島移動はJesselton Point

ペナンより小さい街なので歩ける距離に生活に必要なものが揃っていて便利です。

ショッピングセンターもこんなに必要ないだろうってくらい沢山あります。

この辺はタイと同じですね。

ただし、古いショッピングセンターは薄暗く空いているエリアも多く閑散としているところも多いです

オススメのショッピングセンターは「Suria Sabah」。綺麗で新しいと思います。

場所

それでは

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3