Cub的ミニマム・セミリタイア生活

低コストで海外生活が可能になるセミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

アルトリアCEOコロナウイルス 感染で株価暴落へ。配当利回り10%突入か?タバコ株投資で配当生活。

[記事公開日]2020/03/21

アルトリアCEOコロナウイルス 感染で株価暴落へ。配当利回り10%突入か?タバコ株投資で配当生活。

株式市場の暴落の中、同様に下落中の世界のタバコ株ですが、アルトリアの CEOがコロナウイルスに感染するとニュースに流れて来ました。

CEOコロナウイルス感染と市場の暴落でタバコ株が超絶暴落中。

私のタバコ株も超絶含み損拡大中(涙)

そんな中、世界有数のタバコ株であるアルトリアグループの配当利回りが10%に迫って来ました。

アルトリアCEOコロナウイルス に感染

CEOがコロナウイルスに感染したためだけに株価が暴落した訳ではないでしょうが急落しています。

アルトリア(MO)の株価

2017年の最高値77ドルから34.28ドルと-55%の下落となっています。

去年の配当3.36ドルと今の株価で去年と同じ配当が出たと仮定すると配当利回り9.8%となります。

配当利回り10%が見えて来ました。

アルトリアは配当額を連続50年増加続ける配当貴族銘柄の一つです。

4つのデメリットでタバコ株下落中

今回のコロナウイルス感染でタバコを吸う人の重症率が高い、米国大統領の自社株買い批判、市場下落中、 CEOのコロナウイルス感染と全くもって良い材料が見つかりません。

タバコ株の利回り上昇中

3/20現在、株価急落でタバコ株の利回りが急増しています。

証券番号銘柄株価配当利回り
MOアルトリア34.283.369.8
PMフィリップ モリス インターナショナル 61.094.687.66
BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ 29.882.608.7
2914日本たばこ190515,4008.08

私の記憶の中ではリーマンショックの時にも同様に利回りが8〜9%ラインまで落ちましたから、ほぼリーマンショックレベルまで配当利回りが上がっています。

今週たばこ株を購入

今週に入り下落が続くのでたばこ株を購入していきました。

個別で詳しく載せたいのですがSBI証券のサイトがメンテナンス中で調べることが出来ません。

また別記事でブログに書きます。

JTを2920円で100株、アルトリアは配当9%ラインで1000ドル、BTIは配当8%ラインで500ドルずつ購入しました。

現状、全てマイナスです。

フィリップモリスも利回りが8%ラインに来たら購入していこうと考えています。

株価が58ドルを下回ると8%となります。

コロナウイルス だろうが不況だろうがタバコを吸う人は吸います。

依存症舐めるな

・・・・と言いたいところですが、今回はちょっと自信がありません。

タバコ株を遂に減配を発表するかもしれません。

減配ならまだしも無配だったら目も当てられません。

ただ、私はタバコ株を今後も購入していきます。

今後もタバコ株購入

なぜならタバコ株で配当収入を狙っているからです。

100万円でもし過去のタバコ株のリターンが得られることが出来れば安いベットだと思っています。

最悪失敗しても-100万円です。

タバコ株は100万円までを上限として徐々に投資をしていく予定です。

日本ではまだ購入は出来ませんが大麻株ETFも購入を検討しています。

こちらも急落をしており利回り7%へ接近しています。

世紀のお買い得株となるか地獄への扉となるか、今後も目の離せない投資先となりそうです。

コメント

  • 買い時の判断は人それぞれですが、定期的にお金を投入できるドルコストならまだしも、セミリタイア用の決まった資産のなかで買うのは控えたほうが。

    by 匿名 €2020年3月21日 22:54

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3