CubのFIREmini生活

低コストで海外生活が可能になるFIREmini生活情報を発信しています

大麻(マリファナ)に投資をしてお金持ちになろう!大麻ETF(MJ)ETFMG Alternative Harvest ETFの紹介

[記事公開日]2020/01/25
[最終更新日]2020/01/24

大麻(マリファナ)に投資をしてお金持ちになろう!大麻ETF(MJ)ETFMG Alternative Harvest ETFの紹介

台湾にある証券口座では米国株やETFが購入できるのですが、その中に大麻ETFとして有名なティッカーMJ

(MJ)ETFMG Alternative Harvest ETFが購入できることを知りました。

タバコ株と並んで嗜好品で依存度の高いマリファナ株です。

これは投資をするしかないでしょ!

今回はマリファナETFであるETFMG Alternative Harvest ETFの紹介です。

(MJ)ETFMG Alternative Harvest ETF

2018年カリフォリニアで嗜好品としてのマリファナが解禁、同年カナダでも解禁と注目を浴びているマリファナ関連株式。

米国の大麻解禁状況

そんなマリファナ関連銘柄、およそ40銘柄に投資するETFがティッカーMJのETFMG Alternative Harvest ETFとなります。

2019年はマリファナ株のバブル崩壊の年

去年の米国株式市場は好調でしたがマリファナ関連銘柄の株価はほとんど急落をしており、バブル崩壊の年となっています。

MJ自体は2016年から上場しています。

2018年・2019年と二年連続の値下がり、最高値は2018年の45ドルここから2019年末に15.95ドルと瞬間高値と安値の差は三分の一近くになっています。

しかし年末から徐々に持ち直す展開となっています。2019年1月24日現在の価格は18.25ドル。

配当利回り5.3%

価格が大幅に下がっているので利回りは最新のデータで5.3%とかなり魅力的な水準となっています。

マリファナ株の投資先

国別

  • カナダ 55.8%
  • 米国      27.5%
  • 英国  12.2%
  • EU            2.5%
  • 日本  2.0%

米国株が多いのかと思いきやカナダ株が圧倒的に多い。

投資先企業トップ10

ティッカー銘柄割合(%)
WEEDCanopy Growth Corp10.08カナダ
CRONCronos Group Inc8.47カナダ
TLRY
Tilray Inc7.80米国
GWPHGW Pharmaceuticals PLC ADR7.14英国
CRBPCorbus Pharmaceuticals Holdings Inc5.50米国
APHAAphria Inc4.76カナダ
ACBAurora Cannabis Inc4.74カナダ
OGIOrganiGram Holdings Inc3.66カナダ
LABSMediPharm Labs Corp3.46カナダ
HEXOHEXO Corp2.77カナダ
合計58.38%

上位の企業はカナダの企業ばかりですね。大麻解禁というと何となく米国が先行している気がするのですが、カナダの方が先を進んでいるようです。

米国・カナダでのマリファナのイメージだそうです。

メリット タバコ以上に依存が高くて嫌われ銘柄

マリファナ株の魅力はなんと言ってもアルコールやタバコと同様に依存症の高い嗜好品であることです。

製造メーカーのような巨額な投資を必要としないので利益率が高くなる可能性がある。

この辺はタバコと似てると思います。

そして企業の社会的責任が叫ばれている今はこのような銘柄には機関投資家は投資がしにくいと思います。

つまり割安で高い配当が続く可能性がある。

マリファナこそ新しいシーゲル銘柄ではないですか。

デメリット マリファナ禁止

反対に最大のデメリットまたはリスクは法律で禁止されて一発アウトになる可能性があり得ることです。

これは十分あり得ると思います。

リスクは高いですがこれほど魅力的な投資先もないと思います。

あなたはマリファナを吸う側になりますか?

それともマリファナ株に投資する側になりますか?

まとめ

私はタバコ株に100万円投資をして2000万円貯める投資法を提唱しているのですが

この中にマリファナETFであるMJも入れて投資をしていくことにします。

(・・・・と言ってもまだ全く購入していませんが)

タバコ株+マリファナETF投資法です。

5つに均等に100万円投資をする投資法です。

マリファナ愛好家に感謝しつつ資産を増やし続ける。

マリファナ投資法を提唱します。

大麻に投資をしてお金持ちになろう!

それではまた。

まだ日本では購入できる証券会社はないようですがSBI証券に取り扱いのお願いをすれば将来購入可能になるかもしれません。

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3