【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

香港ホテル価格暴落中!来年2020年は香港ノマドの時代か?

[記事公開日]2019/09/28

香港ホテル価格暴落中!来年2020年は香港ノマドの時代か?

香港デモの影響で香港のホテル価格がありえない価格まで下がっています。

今まで香港滞在で最大の問題であった住居価格が現在解決しています。

今こそ香港へ・・・

現在穴場となっている香港のホテル価格についてと香港ノマドの可能性についての紹介です。

香港ホテル価格が暴落中

9月末現在香港のホテル価格が大暴落中となっています。

狙い目は三つ星・四つ星ホテル

ホテル価格の暴落は最高級の5つ星ホテルより三つ星・四つ星ホテルの方が価格下落が大きくなっているようです。

最高級の五つ星ホテルは通常の30%〜50%ほどの下落となっていますが、三つ星・四つ星は三分の一以下60%〜70%の価格下落となっています。

アゴダなどのホテル予約サイトで調べて見るとシングルルームで2000円〜4000円でゴロゴロと出てきます。

いくつかホテルを紹介

マデラ香港ホテル

私がブログでも以前紹介したマデラ香港ホテルの料金が大暴落中となっています。

ここのルーフトップバーの居心地が大変良いのですが、この時は平日の安い時なら一泊15000円ぐらいで泊まれると紹介しています。週末は二万円以上していました。

それが直近9月29日・日曜日宿泊だと

5000円以下となっています。サービス料10%を含めても5500円で泊れます。

ちなみにルーフトップバーを紹介しておきながらこのホテルには泊まったことがありませんw

底辺セミリタイアには厳しい価格です・・・しかしこのままの値段なら次回訪問時に泊まって見ようと思います。

プルーデンシャル ホテル

ジョーダン・ネーザンロード沿いにある立地抜群のホテル。

ここも通常なら1万円〜15000円が当たり前だったのですが、

何と!

4400円・サービス料込みで5000円以下で泊れます。

プルーデンシャル ホテル

このように4000円〜5000円も出せば通常泊まれることのないホテルがゴロゴロヒットしました。

三つ星以下なら2000円台

三つ星以下の個室なら2000円台で普通に泊れてしまいます。

このくらいなら通常重慶大廈の独房部屋ぐらいしか絶対にありません。

一泊2300円ほど新興国並のホテルの値段です。バンコクでもこのくらいの部屋はこの値段で泊まることができません。

レトワール ドゥ メル TST

高級ドミトリーも2000円以下

1700円ほどの料金です。

ここなど深センでオススメしていたドミトリーと同等かそれ以下の値段になろうとしています。

10月第1週は中国のゴールデンウィーク国慶節に入るため少し値段が上がりますが、それでも通常の半額以下です。

安く泊まるコツは予約を直近まで我慢することです。

当日から数日後だと激安価格になっています。

重慶大廈の個室など今は1500円ぐらい、ドミトリーなら1000円以下で泊まれることができます。

正に価格崩壊状態です。

ロレックスの暴落・・香港せどりも可能?

右肩上がりで上げ続けたロレックスが6月頃から値下がりになっています。

香港デモの影響だけではないでしょうが、デモが始まった頃から値下がりが始まっています。

デイトナ白盤 270万円

デイトナ・黒盤 240万円

 

GMTマスター2 ペプシ 190万円

高音から二割ほど下がっています。

デイトナは定価が120万円ほどですが240万円以上で売られているので凄いですね。

香港のロレックス街

香港の尖沙咀には高級時計店が密集しているところがあるのですが、6月にそこを訪れた時は日本と変わらない値段で高かったのですが、今はあの時よりだいぶ安くなっていると思います。

香港 ロレックス暴落

香港デモによる影響で逆プレミアム価格で日本などの他の地域より安くなっている可能性があります。

ホテルがこれほど安くなっているということは中国人観光客が激減しているは確実なので、中国人観光客に依存しているこのようなお店も売り上げが激減しているはずです。

ロレックスに限らずアンティーク物など値段が大幅に下がっている可能性があります。

香港で仕入れて日本で売る・・香港せどりができる可能性があります。

来年は香港ノマドの年?

香港はデモにより影響で観光客が激減しています。

このままなら不況に入ることでしょう。

香港は住居やホテル価格が高くて滞在先としても候補を外していたのですが、安宿が一泊1500円以下で泊まれるなら滞在先として魅力が出てきます。

デモがどのよな形で終わるにせよ中国政府は今後も香港も締め上げていく可能性があるので、しばらく中国人観光客が増えずホテルなどが低迷を続ける可能性も十分あります。

このまま続くなら香港ノマドの可能性も十分ありますね。

今行かずにていつ行くんだ香港ですね。

しばらく香港渡航が増えそうです。

香港を舞台にしたオススメ本

少し古いですがこの二冊は香港を舞台にして面白いのでオススメです。

関連記事&スポンサーリンク



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3