【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

今月でフルタイムの仕事を辞めて丸四年が経ちました。このまま飽きずにセミリタイアを続けていけそうです。

[記事公開日]2019/09/22
[最終更新日]2019/09/21

今月でフルタイムの仕事を辞めて丸四年が経ちました。このまま飽きずにセミリタイアを続けていけそうです。

2015年9月に介護の仕事を辞めて、10月に台湾へ行きました。

早い者で仕事を辞めて丸四年が経ちました。

セミリタイア生活も四年過ごしたことになります。

いや・・・・早い・あっという間の四年間です

四年間のセミリタイア

四年間のかなりの部分を海外で過ごしてきました。

メインの拠点は台湾です。

最初は台湾を一周してからタイへ行くつもりでしたが、予想外の展開と居心地の良さにこのまま台湾に滞在してしまいました。

いや。もう四年も経ちます。

もうベテランですね。

四年間のセミリタイアで心境の変化は

正直、最初は海外で長期に滞在できるとは考えていませんでした。

当初は長くて半分海外で半分日本、そのくらいのつもりで海外へ行きました。

しかし今は年10ヵ月以上は滞在していると思います。

半年に一回日本へ帰るくらいです。

5ヵ月海外・1ヵ月日本・・・そんな感じですね。

全く日本が恋しくもならないという予想外の展開でした。

基本一人が好き

私は基本一人が好きです。あまり人と合わなくても寂しいとも思わないし特段不便だと思いません。

そんな性格なので全く日本語のない海外ってのは逆に快適に思うのかもしれませんね。

後、割と住めば京都でどこでも滞在できてしまいます。

日本食もたまに寿司が食べたくなるぐらいで現地の人の食べているもので困ることはありません。

まぁ台湾ご飯美味しいので問題ないのですが。

経済的な部分

お金の部分ですが、四年感で資産の増減はほとんどありません。

資産額
2015年12月20563789円
2016年12月20496020円
2017年12月21663913円
2018年12月18829163円
2019年9月20535012円

資産額は2000万円前後をずっとウロついてます。

増えも減りもしない展開です。

これは一見順調み見えますが、株高だったこの数年を考えると資産をかなり取り崩して来たことになります。

もし大幅な下落があると資産額が同様に減ることになります。

セミリタイア後の不安

セミリタイアをして唯一の不安は

まだ本格的な不景気を経験していないことです。

私は人生の中で何度か不景気を経験して来たのでその厳しさを認識しているつもりですが、不景気になった時に今と同様の生活を続けて行けるかはちょっと未知数です。

多分大丈夫だと思っているのですが資産が大幅に目減りして、ブログや派遣の仕事が全く無くなった時に今と同じような生活ができるかは実際なってみないとわからないところがあります。

ブログの収入がなくなり資産が大幅現象したら、働く時間を増えせば問題ないように思えますが、不景気になればそもそも仕事自体が少なくなります。私のようなおっさんが着ける仕事など大幅に現象します。

今は人手不足ですが不景気になった時に同様に仕事があるのかは未知数です・・・と言うより無いと考える方が自然です。

リーマンショックの時は良くも悪くも介護の仕事をしていたので仕事がなくなることはありませんでした。

個人的には個人投資家もフリーランスもセミリタイアも企業も投資も全て一度不景気を経験して生き残ってみないとそれが本物だったかはわからないと考えています。

不景気を乗り越えてこそ本物のセミリタイア!

なぜそんなことを言うのかは・・そろそろ本格的な不景気が来そうだからです。

そろそろ不景気に備えなくては。

セミリタイア自体はまだまだ続けて行きます。

仕事をしないとすぐ飽きるという人がいますが、こればかりは人それぞれですね。

私は全く飽きることなく今の生活を続けていけそうです。

暇どころか時間が足りません。

台湾・タイ以外の国にも長期滞在したいところがありますが時間がありません。

語学のレベルもまだまだ上げていかなくてはいけない。

そう考えると後30年ぐらいは今の生活を続けていけそうですねw

次の5年のセミリタイア

次の五年のセミリタイアについては台湾拠点をしつつアジアの都市を行き来すること。

日本・海外で小銭を稼ぐつつ生活する術を実践していくことです。

そしてローコスト海外セミリタイアをこのまま続けていくことです。

今までとそんなに変わらないですがこのまま10年と続けていくことが出来れば十分満足です。

それでは!

関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3