低予算で海外セミリタイア

日本・台湾・タイの三拠点生活を楽しむセミリタイブログ

【コラム】ジャック・マーですら日本でセミリタイアをしているのに君たちはw

[記事公開日]2022/12/01

【コラム】ジャック・マーですら日本でセミリタイアをしているのに君たちはw

一部ではFIREムリぽ、FIRE卒業がブームらしいが、FIRE8年目のプロの後悔はこちらの記事にまとめたので読んでもらいたい

知っている人は知っている日本が世界に冠たるセミリタイア大国になりつつある事実を

それではどうぞ

日本がセミリタイア大国になる理由

その1 クオリティが高くてコスパの良い生活

円安により物価がアジアで最低水準。

クオリティを考えるとアジアでダントツに住みやす国となりました。

ジャック・マーですから日本でセミリタイア

アリババ創業者で一時は中国で一番の金持ちと言われたジャック・マー。

そんな彼が東京でひっそりと過ごしていると記事で出ています。

アジアの富裕層にとって日本は資産と身分の安全場所として注目をされ始めています。

大阪がアジアで最も住みやすい街

また、大阪は世界で住みやすい街ランキング10位とアジアで最も住みやすい街と注目されています。

やっと大阪の時代が来ましたね。

大阪なら月10万円で余裕で生活できます。

名古屋も忘れないで!

ジャック・マーですら日本でセミリタイアしているのにお前らFIRE卒業w

その2 セミリタイアを促進している日本政府

日本政府もセミリタイアを促進しています。

今回セミリタイア促進給付金の5万円を国からいただけました。

非課税世帯に5万円の給付金です。

どうやら国も本気でセミリアイアという生き方を推しているようですなw

非課税世帯で生活できる人には今後も給付金が配られる可能性が十分あるので、底辺セミリタイアは問題なく続けていくことができるだろう。

国が底辺にさまざまな援助をするおかげでセミリタイア生活のセーフティネットが充実しています。

政府が働いたら負けを促進しているので仕方がないw

その3 ヌルい副業

相変わらず正社員願望の人が多いためか、厳しい正社員の働き方に比べて副業が物凄く緩くなっている気がします。

昔に比べてネットで完結する日雇い的な仕事やウーバイーツのような請負的な仕事が増えているお陰で非課税世帯ぐらいの収入を以前に比べて簡単に稼げるようになった気がします。

昔はフリータなんて40歳以上の中年になったら悲惨と言われていましたが、今は40過ぎても普通に単純労働はいくらでもあります。

生活費の一部を収入で賄うセミリタイア生活に日本の副業スタイルはピッタリとなっています。

厳しいフルタイム労働に比べてちょっとだけ働くスタイルは凄く緩くなっている。

その4 誰でもできる資産運用

今後、NISAやiDeCoが更に拡充して非課税口座で誰でも資産運用ができるようになって行きます。

新しい積立NISA制度で底辺セミリタイアならこれだけで十分資産形成できると思います。

やらない手はないと思いますが、実際はほとんどの人は利用しないと思います。

セミリタイア大国日本へ

このように日本は世界に冠たるセミリタイア大国へ邁進していくことでしょう。

こんなセミリタイア生活が楽しい国でFIRE卒業とかw

どんだけ社畜脳になっているのだ・・・・って思うのですが、まぁ働きたいこと自体は別に悪いことではないので働けばいいと思います。

働きたい人は働けばいいしFIREしたい人はすればいい、好きな方を自分で選べ。

それだけのことですからね。

私はセミリタイア大国日本で楽しくセミリタイアを続けていきます。

FIRE卒業とか絶対無理ですむりむり。

それでは。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,178,630 アクセス
2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3