旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

西成滞在日記。10年後には大阪・西成は日本の「カオサン」になるだろうね。

[記事公開日]2017/03/29
[最終更新日]2017/03/30

西成滞在日記。10年後には大阪・西成は日本の「カオサン」になるだろうね。

日本の拠点を探し回って日本をさまよっているcubです。

10年来の西成ファンとして・・・いや将来ここでお世話になるかもしれない私ですが、一つ言えることは、

日本で一番西成の可能性を信じている男として、ここは10年後ぐらいに日本で一番安宿が集積した街になるのではないかと密かに期待をしています。

大阪で不動産を買うならここ、西成しかありませんね。

あの星のリゾートが西成にホテルを建てると聞いて、世の中には不安な声が多いですが・・・

いやー見る目がないね、星のリゾートの目の付け所はいいと思うよ。

開発予定地。実際に見てきましたけど予想通りに煤けていたところでした。

外こもり拠点として将来快適になるだろう西成を今回は紹介します。

労働者の街から福祉の街へ大変貌中

西成と言えば、言わずとしれた日本最大のスラムの街、日雇い労働者の街として有名でした。

しかし、現在はそれこそ年々、街の活気がなくなっていると感じます。

動物園商店街しかり、大阪のカサンドラこと西成警察周辺の三角公園や四角公園も昔のような危なさはずっと減っています。

人通りも驚くほど少なくなっています。

あの、ワクワク、ザワザワした西成はどこへ行ってしまったのか?そんな気持ちにさせてしまうほど死んだ街になっています。

時々、暴動を起こしてニュースになっていたのも1990年代だったと思います。もう四半世紀前。

あの頃下流中年だった労働者達も今は60歳を超えた下流老人・・・生活保護を受ける身に・・・

暴れていたおじさん達も今は昼間からやっているスナックでちびちび酒を飲むかパチンコをするか、外で酒を飲むかそのくらいの体力しか残っていません。

そんな下流中年の街から下流老人の街に変貌した西成ですが、正直、今は魅力を感じませんね。

一番ダメなところは福祉が下手に介入しているため、不動産賃貸価格が高止まりしているところ。

値段が42,000円や39,000円に家賃が固定されているところが多かった。多分、西成の生活保護の家賃補助の上限価格なのだろう。

私の一番のお気に入りの宿の近くの一泊1,000円で泊まれる宿も人知れず閉店していた。

有名なスーパー出玉・・・ただし安かろう悪かろうの店ですね。値段相応です。

普通のスーパやイオンの方が安くていいと思いますね。

至る所にある弁当屋さん「まんぷく」ここも値段相応・・・台湾の小吃店知っていると、とても貧相で買えない。

値段も台湾の方がずっと安いし、おまけに美味しいしなぁ。

こんな感じで福祉の街とかした西成は街時代が沈滞して死んだ街になっています。

正直、数年前より活気がないような気がしました。

そんな西成ですが将来確実に変化が訪れると私は考えています。

西成が変貌する理由

最大の理由は

  • 空港から近い

南海線・新宮古駅があり、関西国際空港へ行くのにとても便利。

  • 大阪の繁華街から近い

あべのハルカスがある天王寺へ歩いて10分ほど、難波まで地下鉄二駅2キロほどの距離でとても便利。

この2つの魅力が西成の最高の魅力でそれでいて一泊2,000円以下の宿が今でも沢山ある。

安いけど素泊まりなら十分な宿が結構多い。

実は西成、危険な雰囲気がありますが、地下鉄動物園前周辺には値段以上のクオリティーの宿が沢山あります。

私が西成に行くと必ず泊まる宿も小綺麗で当日行くと予約満室でいつも泊まれませんでした。

3年前が最後で今回、予約開始15時に行ったら部屋が空いているとのことで泊まれることが出来ました。

土地代も安く便利なところにある西成ですから将来、続々とゲストハウスが開業すると思います。

前回来た時にはなかったゲストハウスが動物園前商店街の中に出来ていました。

値段は当日でドミトリー2,000円

正直、西成の相場で言うと少し高い気がしますね。この辺ならシングル2000円で泊まれる。

若い女性が角地で立ち飲みたこ焼き屋さんをやっていました。

このように値段の安さと立地の良さに目をつけた人々が少しずつ西成に注目をしているようです。

今は生活保護の年寄りを相手にした安スナックばかり繁盛しているようですが、後10年もしたらこの人たちもいなくなるでしょう。

(独身男性の平均寿命は家庭持ちより10年近く短いと言われている。)

その時が労働者の街から安宿の街、日本のカオサンの時代だと思います。

光熱費込で月3万円の拠点が日本にほしい

ホテル華・・・月28,000円、一番安い部屋が一泊1,000円

ここは値上げせずに頑張っているようです。

月極ロッカー屋さんも沢山あります。

安いところで月1000円から

このようなところに使わない物を預けてもいいですね。

光熱費込で3万円ぐらいのところを一ヶ月単位で借りられるところが探しています。

日本ならどこでもいいわけでなく、候補は「東京」「大阪」「福岡」の三ヶ所またはその周辺。

安ければどこでもいいわけではないですよ!・・四国の山奥とか論外です。

飛行場が近くていざとなったら仕事のあるところです。

東京はプラス1万円出していいと思っているので月4万円まで。

将来は一ヶ月単位で借りられるところも増えるだろうし今はAirbnbでなら何とかあると思う。

大阪なら3万円ならギリギリありそうです。

これに食費が3万〜、雑費が2万で月8万ぐらいで生活できます。

余裕っすね。西成ならダメ親父沢山いるので仲間がいて安心♩

西成オススメのホテル「ホテル・ラッキー」

私が大阪に来るとまずはこのホテルへ行きます。しかし人気ホテルのようでいつも満室で当日予約なしに直接行くとなかなか泊まれません。しかし今回泊まることが出来たので紹介します。

三年前泊まった時は一泊1,600円だと思っていたのですが昔のブログを読むと1,400円と書いてあったので勘違いですね。

1,400円→1,800円の値上げです。

ただ、この値段だと近所にもっと安いところがあるので一泊1,300円ほど、次回から別の宿を探すかもしれません。

参考記事

ここおばちゃんが愛想良くていいですよね。

お風呂(シャワーのみ)の時間規制がなくなり24時間入れるようになりました。前は一階にシャワーがあり、順番待ちで大変でしたが、気軽に入れるようになりました。

部屋の大きさは四畳ぐらいの畳の部屋です。

シーツもしっかり交換してくれているようです。クーラー・テレビ・冷蔵庫あり。WIFIと電源もあるのでネット環境にはそれほど不便ではないと思います。

各フロアーにはこのような洗い場がありここで顔を洗ったり簡単に水を沸騰したりすることができます。

トイレは男女共用。

驚いたことですが、ここはちょっと奥まったところにあり、三年前は完全に日本のおじさんが泊まっているだけのホテルでしたが、今は外国人が多数、それも女性が泊まっていました。白人男性も泊まっていてここで「おはやこうございます」って日本語で挨拶されました(笑)偉い!

日本人でもここまで来て泊まらないと思うのですが、どこから情報を仕入れるのやら。

受付のおばさんも片言英語でやりとりしてました。

場所

地下鉄動物園前8番出口の裏側になります。

東京・大阪にゲストハウスが沢山出来て、一日2,000円台で泊まれるところが多数出てきました、これは台湾とほぼ同じかやや高いぐらいです。

観光や一時滞在は安い東京や大阪に拠点を置いて出稼ぎ労働をしたいですね

上記のサイトでも安宿は沢山出来てきます。ただし、私のオススメのラッキーホテルはないようですが。

一ヶ月単位で借りるなら今はAirbnbが一番コスパがいいと思います。

日本でも徐々にですが、家を持たないで滞在可能な方法が出てきています、利用しない手はないですよね。

個人的には西成を拠点に活動をしていきたと考えています。

では!

関連記事&スポンサーリンク

税コストを知る!

税コストを知る!

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3