【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

1ヶ月の日雇い派遣が終了。今日は労働はフィナーレを迎えまいした。辛かったですが新しい可能性も開かれました!

[記事公開日]2019/04/19

1ヶ月の日雇い派遣が終了。今日は労働はフィナーレを迎えまいした。辛かったですが新しい可能性も開かれました!

今日4月19日はラストの工場派遣でした。

そして

ついに!!!!

終了しました。

疲れた〜マジ疲れました。

3月14〜4月19日の間、合計26日働いていました。

無遅刻無欠勤と社畜の鏡のような働きぶりに私の身体にはまだ社畜のDNAが流れているんだと思うと敗北しか感じねぇ。

それではどうぞ

労働収入は貴重。しかし長すぎた

正直、四年ぶりの労働、四十過ぎのおじさん、工場勤務人生初と絶対雇われることなどないだろと思っていたらあっさりと仕事に受かり1ヶ月半ほど工場派遣をしていました。

ただ前半二週間は何とか持ちこたえましたが後半はずっと辛かったです。

正直、工場の仕事は日雇いが大部分のため誰でも出来るような仕事が多かったのですがその反面単純で死ぬほど退屈でした。

ニートで何もしないのは楽しいのに工場の単純労働は死ぬほど退屈でした。

ここの職場は正直結構良いところだと思うのですが、如何せん長すぎました。

新しい自分の発見

私が一番驚いています(笑)

1ヶ月よく持ちこたえました。やはり年を取ると忍耐力はつくのかな?体力的には二十代だったら余裕だったと思うのですが詰まらなくて一週間で投げ出しそうです。

工場労働と言っても電子部品系で冷暖房完備で綺麗なところなので働きやすかったです。

工場など正直続けることが出来るか心配でしたが今回のところぐらいなら十分やっていけそうです。

ただし二週間ぐらいが限界

二週間で週5回の10日間勤務の年二回ぐらいが労働収入として丁度いいです。

少しの労働収入があるとセミリタイア生活は安定する

私は今後のセミリタイア後の収入源として年間20万円ほどの労働収入を得る方向に舵を切りました。

これは今後長く底辺セミリタイアを本気で続けていく覚悟の表明です。

30年間底辺セミリタイアを本気で続けるぞと!

そういう意思表示です。

20万円ほどの労働収入があるだけで劇的に私の底辺セミリタイア生活は安定します。

今後は

一日1万円の10日間×二回

このくらいのローテーションを考えていきます。

仕事は嫌いですが、お金がどこからか降ってくる訳ではないので労働をしたたかに利用して少額の労働収入を得ていきたいと思っています。

正直、そこまで金銭的に困っていないので毎月10日も働く予定はありません。

また生活の拠点は海外なので働けないですね。

もし日本を拠点にセミリタイアをしていたら介護福祉士の資格を使って介護の仕事をしています。

具体的にいうと週一回の夜勤25000円ぐらいですね。

小規模老人ホームの夜勤は割と楽なところが多いのでそういうところで働くと思います。

今回の労働収入は?

フルキャストは15日止めの月末払いとなっています。

3月14日〜4月19日まで計26日間働いていました。3月14日分の給料が3月末に銀行口座に振り込まれいました。

手取り9843円です。

1日この額を貰えると想定すると

3月

9843円×1日=9843円

9843円
4月 9843円×20日=196860円 196860
5月 9843×5日=49215円 49215円
合計 26日 255918円

 

4月は20万円近い労働収入があることになります。

今年の労働収入は最初は年間30万円の予定でしたが年間20万円に引き下げました。

これで一応クリアーしたので今年はもう働くことはないと思います。

40代のおっさんでも働くところは沢山ある

今回日雇いをやってみて一番良かったことは

四十代・五十代のおっさんが沢山働いていたことです。

自分が一番高年齢で若い人ばかりだったら嫌だななんて思っていましたが心配無用でした。

中年非正規雇用は本当に多いと思いましたね。

これなら今後も十分仕事はありそうと思いました。

ただし、具体的な日雇いサイトの利用方法を次回に書くのでその時に詳しく記事にしますが、正直日雇いなど雇用の調整弁です。不景気になれば一番最初に切られる存在です。不景気に仕事があるかわかりません。そのことはしっかり自覚をして日雇い制度を利用すべきだと思います。

収入先の分散先の一つとして労働収入

時代の最先端を行くcubおじさんが四年ぶりに働くってことはどういうことかわかりますか?

つまり今後ネットの収入は不安定化していく可能性が高く収入先を分散する必要がある

そう考えたからです。

そのための労働収入なのです。

今後は違う仕事をしてみる

正直、この工場は家から近くて仕事は少しキツイですが私でも1ヶ月続けていくことができたので緩い職場なのだと思います。ここで定期的に働いてもいいのですが、それだとセミリタイア的にツマラナイので違う仕事を狙ってみたいと思います。

次に狙っているのはリゾートバイトです。

今後の労働収入について

  • 一回10日ほど年二回で年間20万円ほどの労働収入を得る
  • 今回の工場は定期的に人を募集していてセミリタイアに最適な職場
  • もっと色々な仕事をやってみて幅を広げてみる

こんな感じで労働収入を得ていきたいと思います。

おっさんでも今回仕事をしていて意外にできるじゃんと思えたのが一番の収穫ですね。

1ヶ月以上日雇いで働き通すなんて事前には無理だろうと自分で思っていましたから。

プロ日雇いの称号を得る

最後にここまでできたので今後はプロフルキャスター。プロ日雇い士と名乗ろうと思っています。

もう日雇いに関してはプロですよプロ。

日雇いに関しては任してください。

それでは台湾でまた会いましょう。

PS

明日台湾へ出発するのですが出発が早くて家を朝出ると間に合わなそうなので空港泊をするか満喫泊をする予定です。底辺セミリタイアーにホテルを泊まるなどという選択はないw

いやーーどうしよう(笑)

関連記事&スポンサーリンク

海外セミリタイア生活費



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3