資産3,000万円からの海外FIRE情報

当ブログもテーマ 「FIREのための資産3,000万円運用術 」「趣味の労働化の構築 」「日本・台湾・東南アジアをメインとした海外生活術 」

【マニラ】【鉄道】マニラの電車(MRT・LRT )を乗りこなす方法とBeepカードの入手方法

[記事公開日]2023/09/25

【マニラ】【鉄道】マニラの電車(MRT・LRT )を乗りこなす方法とBeepカードの入手方法

一日中渋滞しているマニラで車やバスの移動は時間がかかります。

そんなマニラの移動に欠かせないのが都市鉄道。

利用していない人が多いようですが使ってみると以外に便利です。

マニラ移動に欠かせない鉄道の利用方法です。

マニラの電車(MRT・LRT )

あまり知られていないようですが、マニラ市内にも電車が走っています。

実際、外国人はほとんど乗っていないようで、地元の人のみが利用しているようです。

利用しているときは外国人観光客のような人はほとんどいませんでした。

実際の乗り心地

ネットの情報などではスリが多いだの治安関係のことが必ず書かれていて、どんな修羅の乗り物だよと思うかもしれませんが、実際乗ってみると他の国と変わらず拍子抜けするぐらい普通です。

車内は綺麗ですし、それこそ台湾の地下鉄と大して変わりません。

空いている時間なら快適です。

鉄道の乗り方

実際の乗り方ですが、まず乗る前に空港にあるような荷物チェックが必ずあります。

チケットの購入は自販機と窓口があります。

よくわからない方は窓口で購入すると良いでしょう。

値段は15ペソから35ペソ日本円で40円から90円ほど、(1ペソ2.5円)とても安いです。

カード型の切符を受け取るので乗る時はタッチします。

(beepカードでタッチしますが普通の切符も同じです)

降りる時はカードはタッチするのではなく指定の中に通します。

電車が車で待ちます。

時間帯によって女性専用車両などがあります。

私は最初は降りる時もタッチをしていて通れなくて困りましたw

他のフィリピン人がここに通すのよと教えてくれました。

改札機ですが反応が悪くて前の人が機械の棒を渡り切る前に切符を通すと反応がない場合があるので前の人が通ってから切符を通すようにしましょう。

これで終了。

特に問題なく利用できます。

マニラ鉄道利用の注意点

乗ること自体は簡単で駅内・車内とも特に問題はなく簡単に利用できます。

ただし、幾つか注意点があリます。

まず・・・

朝夕のラッシュ時の混雑が半端ない!!!

レベチの混み具合です。

軽い気落ちで利用すると物凄く後悔するのでこの時間帯は避けて利用しましょう。

時々駅内どころか階段の下まで列が並んでいます。

多分、乗るだけで1時間ぐらいかかるんじゃないかと思う。

駅の作りが変

どうしてこんな駅の作りもしているんだって言うぐらい駅の作りが変です。

まず駅の反対側・・・(下り線へ行くつもりが上り線へ行ってしまったなど)へ行く時は一回下まで降りて横断歩道のない大通りを渡っていかないと反対側へいけません。

混雑必須の作り

ラッシュの混雑が半端ないと言いましたが、混雑になりやすい作りをしています。

まず、荷物チェックの機械が一台しかないところが多く、ここを通るためだけに並びます。

正直、警備員もしっかりチェックなどしていないのだから、こんなもの止めればいいと思う。

自販機や窓口が少ないので、ここもすぐ並びます。

(交通系ICカードがあればここがカットできる)

最後の改札機ですが、これも数が少なくてここでも並びます。おまけに反応が悪くてよく止まるw

こんな感じですぐ混み合ってしまう。

フィリピン人はそれが当たり前と思っているのだろうけど、利用してみるとこの辺の使い心地が凄く悪いです。

列車自体は普通に悪くないのに勿体無いですね。

そんな混雑を少しでも和らげてくれるのがフィリピンの交通系ICカード「beepカード」です。

beepカードの入手方法

各駅で購入できると事前情報があったのですが、これがなかなかの曲者で・・・・

どこの駅で聞いても売ってないと言われたwwwwww

どこで売っているのか?と聞いてもわからないと・・・いや、あなたらが売ってるんでしょと思うのですが・・・

そんな感じで諦めていたフィリピン滞在終盤、ダメ元で駅の窓口の人に聞いたら

「あるよ!」

と言われる。

諦めたら試合終了はマジだった。

簡単に手に入りました。

手に入った場所はMRTの「Gil Puyat駅」

Beepカードのチャージ機で購入できるみたいです。

この機械で購入できました。

料金はカード代30ペソで初回70ペソのチャージで100ペソ必要です。

これで切符購入で並ぶ必要がなくなりました。

乗る時も降りる時もタッチするだけです。

料金は全て2割引になります。

15パソから25ペソがカードを使うと12ペソから28ペソと安い運賃が更に激安。

まとめ

前評判の悪いマニラの首都鉄道ですが使ってみるとラッシュ時さえ避ければ渋滞に巻き込まれなくて安く移動できて、とても便利だと思います。

前回紹介したバイクタクシーと利用すれば速く格安でマニラ市内を移動できます。

行きたい場所の近くの駅まで鉄道で移動してその後バイタクアプリを利用するなどすれば、市内を速く安く移動できます。

マニラ滞在中は是非利用してみてください。

私も今後は活用しまくります。

それでは。

コメント

  • 効率の悪そうな社会ですね。。
    私には住むのは無理かもw

    by にし €2023年9月25日 15:48

    • 生活のクオリティはタイの方が一つも二つも上だと思います。

      ポーカールームなければタイで十分かな・・・

      コメントありがとうございます。

      by cub €2023年9月25日 20:21

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,945,411 アクセス
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3