低予算で海外セミリタイア

日本・台湾・タイの三拠点生活を楽しむセミリタイブログ

【資産運用】eMAXIS Slimシリーズ純資産総額 2 兆円を突破 !10年後に日本のバンガードになる!!

[記事公開日]2021/12/18

【資産運用】eMAXIS Slimシリーズ純資産総額 2 兆円を突破 !10年後に日本のバンガードになる!!

私の資産運用の要を担っているのがeMAXIS Slimシリーズです。

このシリーズが12月16日に2腸炎を突破したとのニュースが発表されました。

eMAXISが発売された時はSMTシリーズの二番煎じでしょ?

ぐらいの感想しかありませんでしたが、まさかの大躍進となりました。

それではどうぞ

eMAXIS Slimシリーズ純資産総額 2 兆円を突破

eMAXIS Slimシリーズが発売された当初は手数料の安いeMAXIS版程度に思われて逆にセコイ販売方法だなと投資家界隈では今れていました。(当時はニッセイのインデックスシリーズが最安値の先頭を走っていました、)

その後他社が最安値の手数料の投資信託を発売すると対抗策として必ず最安値に値下げするという、当時は珍しかった投資信託の手数料値下げを始めてその後一気にインデックスブームに乗り急拡大となり現在となっています。

2兆円への道

2017年2月のeMAXIS Slimシリーズが発売され5000億円を突破したのが2020年9月、3年9ヶ月かかっています。

これでも十分速いと思いますが、その後1兆円突破は2021年4月12日、7ヶ月で突破。

そして二兆円が12月16日、8か月で突破となっています。

ちなみにeMAXISシリーズ全体の純資産残高は2兆4,500億円ほどとなっています。

現在は月1000億円以上のペースで新規資金の流入があります。

このペースだと一年で2兆円、10年後には資産残高が10兆円どころか20兆円へいくのではないかと思います。

日本を代表する投資信託

三菱UFJ国際投信が発売した当初は本当にただの二番煎じ程度に思っていて三菱UFJが日本企業らしく横並びでしょうがなく低コストインデックスファンドを出したぐらいにしか思っていませんでした、まさかここまで一気に伸びてくるとは思いもよりませんでした。

多分、後数年で単独でも日本で最も資産額の多い投資信託になっていると思いまうs。

10年後には日本のバンガードと呼ばれていることでしょう。

三菱UFJ国際投資のあの時の英断は素晴らしかったと思います。

2兆円突破記念の投資信託ランキング

eMAXIS Slimシリーズ2兆円突破の記念として資産額の多い順にランキングしてみました。

順位商品名純資産
1eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)8,928.50億円
2eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)3,777.43億円
3eMAXIS Slim 先進国株式インデックス2,864.34億円
4eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)1,274.27億円
5eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)1,079.61億円
6eMAXIS Slim 新興国株式インデックス755.63億円
7eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 439.17億円
8eMAXIS Slim 先進国債券インデックス385.60億円
9eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)180.69億円
10eMAXIS Slim 国内債券インデックス157.11億円
11eMAXIS Slim 先進国リートインデックス141.10億円
12eMAXIS Slim 国内リートインデックス91.53億円
13eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)46.57億円

一位から五位まで純資産は1000億円を突破しています。

一位は米国S &P500指数に連動するインデックス投資でこれ一本で9,000億円。

このペースだと来年に日本で一番資産額の多い投資信託になりますね。

ちなみに日本で一番純資産の多い投資信託はAB・米国成長株投信Dコース(H無) 予想分配金1兆6,000億円

eMAXIS SlimのS &P500は第四位となっています。

投資信託ランキングより

一位は一昔前のグローバルソブリンみたいな投信なのでこれ以上純資産が増えることもないでしょう。

ちなみに私が一押しのeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)はぶっちぎりの最下位w

もっっ・・・もうちょっと評価されてもいい投資信託だと思うけどな〜。

米国の割合が大きすぎると考えている個人投資家にとって悪くない選択だと思うけど・・・・それなら自分で投資信託で調整する人も多いのかな・・・

まとめ

今では投資信託の手数料が0.1%以下が当たり前のようにありますが10年前には考えられませんでした。

手数料0.5%でも格安で確定拠出年金にある投資信託が羨ましかったものです。

その後に低コスト商品を作ったeMAXIS Slimシリーズは本当に顧客目線の商品です。

それに比べて・・・顧客目線の全くない◯村は自滅へ向かってますねw

そんな商品が後数年もすれば日本を代表する投資信託になることを考えれば日本のマネーリテラシーも相当上がってきているのだと思います。

この10年は

世界的な株式市場の上昇+iDeCoやNISAなどの非課税口座+eMAXIS Slimシリーズなどの低コストファンド

この3つが丁度いい具合に重なり恵まれた時代でした。

次の10年がどうなろうとも積立投資を続けることができるか、投資家の力量が試される時だと思います。

私も今後は非課税口座へeMAXIS Slimシリーズを買い付けていきます。

次は3兆円突破の時に記事を書きたいと思います。

それでは!

 

 

コメント

  • こんにちは。ツイッターからこちらのブログを知りました。

    保有資産がCubさんと同じぐらいなので参考にさせて頂いてます。
    コロナショックから株投資を始めた初心者でCubさんレベルになるにはまだまだ知識も経験も足りないと感じます。
    もし宜しければ初心者にお勧めの株に関する本があれば紹介して頂けたら有難いです。

    by Cubさんのファン €2021年12月21日 15:42

    • コメントありがとうございます。
      投資のお勧め本はブログ記事
      【最新版】FIRE miniを目指すなら読むべき投資本の紹介
      https://www.cubmaga.com/1022-2/
      にあるので参考にしてください。

      by cub €2021年12月22日 14:20

  • 有難うございました。参考にさせて頂きます。

    by Cubさんのファン €2021年12月23日 10:46

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 8,964,531 アクセス
2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3