旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

キモくて金のないおっさんの信用度を簡単に上げる方法を紹介します。

[記事公開日]2017/08/24

キモくて金のないおっさんの信用度を簡単に上げる方法を紹介します。

ども、全国のキモくて金のないおっさんの代弁者であり続けるcubおじさんです。

今回はキモくて金のないおじさんが簡単に信用度を上げる方法を紹介しようと思う。

仕事?金?外見?

ノンノン

それではどうぞ

キモくて金のないおっさんの信用度を上げるたった3つの方法

それは

  • 子供の子守をする
  • リアルな店を持つ
  • 彼女or嫁がいる

その1 赤ちゃん(子供)がいる。

私は彼女の妹が仕事で自分の子供の子守をする時間がないときに子供の相手をするのですが、
子供と一緒に街中を歩いているだけで好感度チョーーーーーーアップ!

キモくて金のないおっさんがいきなりイクメンパパに変身!

台湾でも子供を抱えて歩いているだけで、台湾熟女の心のハードルが一気に下がって話しかけてきます。

「え!日本人、外国人なのに大変ねぇー」

(赤ちゃんがいないときは犬でもいい)

動物や子供といるだけで子煩悩ないい人になるのはどうやら万国共通なようです。

リアルな兄弟で子供がいる人は時々子守でもしてみましょう。

赤ちゃんパワーは凄いです。

その2 リアルな店を持つ

これはえらいてんちょうさんが言っていたことで、私も共感することなのですが、どんな小さな店でもリアル店舗を持っているというだけで信用度が上がるのは間違いない。

ネット全勢の時代だからこそ、リアル店舗などのアナログが評価されるのは逆張りの発想です。

格安店舗を持つのは私も台湾で考えていたことなのですが。

「台湾で店を経営しています」

って、言うだけでなんだか凄い人に感じるでしょ(笑)

でも、台湾・台中の激安店舗「台中第一広場」のビルの中だと最安値2,000元(7,200円)から店が借りられます。

どんな商売をやるかは・・・借りてから考えましょう。

このビルの店はこれで成り立つのか不思議な店舗だらけです

きっと維持費が激安だから成り立つのだと思うのですが、コストが安いならどんな店でもやっていける良い見本だと思います。

店を持って信用度をアップさせよう。

最後に彼女or嫁がいる

最後に貧乏な男女ほど、さっさと結婚しましょう。

一人で生活しても二人で生活しても生活の固定費(家賃・光熱費など)はそれほど変わりません。

低収入同士でも二人で二倍・・でも固定費は2倍にならず1.5倍ほどで済むはずです。

私も台湾では決して高収入ではありませんが、同棲して早1年、月の生活費が二人で10万円ほどに抑えられるようになりました。

一人あたり5万円ですよ!

いや、素晴らしいですね。

これは日本でも変わりませんから、月10万円同士で同棲or結婚で生活は十分可能だと思います。

そして片方が働いて給料をもらう

もう片方が低コストなテンポで商売を始める

こうやれば収入も分散してリスク分散になりますよね。

海外なら更に収入の分散になります。

キモくて金のないおっさんは女性に縁がない?

確かに、でも選り好みしていませんか?

最初は別にキモくて金のないおばさんでいいじゃないですか、それが嫌なら日本を脱出して海外で生活してみましょう。

海外なら年が離れていても十分大丈です。

いかがでしたでしょうか?

でも一番大切なことは上記のことをやろうとする行動力が一番大切なことですね。

いきなりハードルを上げるのではなく、できることから一つずつやっていけばいいと思います。

意外な盲点はリアルな店を持つことです。

空家が増えているしそこを住み込みにして更に家賃を減らす方法をてんちょうさんは提示していますが、その通りだと思います。

生き残るためだけの起業はもっとあってもいい!

えらいてんちょうさんはこの人のことです。

それでは!

関連記事&スポンサーリンク

2018年海外生活

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3