CubのFIREmini生活

低コストで海外生活が可能になるFIREmini生活情報を発信しています

【台中セミリタイア】2020年1月から台中市内バスが10㎞まで無料+最大料金10元(36円)になる。どこまで乗ってもたったの36円

[記事公開日]2020/01/21

【台中セミリタイア】2020年1月から台中市内バスが10㎞まで無料+最大料金10元(36円)になる。どこまで乗ってもたったの36円

台中に4年滞在している台中セミリタイアーのcubです。

台中は台湾の中でも低コストで生活できる超オススメの街の一つです。

その理由の中に市内バス10㎞まで無料というサービスがありました。

そんな太っぱらな台中が更にお得なサービスを開始したのでお伝えします。

台中市内バスどこまで乗ってもたったの36円

去年まで台中の市内バスは10㎞まで無料でその後1㎞ごとに10元増えていき、運賃は最大60元でした。

1台湾ドル3.6円で計算

最大200円です。

しかし今年の一月からバス利用を促進するためにと運賃が最大10元となりました。

つまりどこまで乗っても36円で市内バスが乗れることになります。

これは1日一回だけなどの縛りがあるわけでなく、どのバスに乗っても10㎞無料+最大10元が運賃となります。

(ただし同じバスに降りてまた乗るのはダメです)

つまり実質無料です。

必要なもの

誰でもこの恩恵を受けれる訳ではなく必要な物があります。

それは

悠遊カードで乗ること。

乗る時に機械にかざして降りる時にもう一度かざすそれだけです。

超簡単!!

悠遊カードは台湾版スイカのような物です。大変便利で使い勝手があるので必ず手に入れましょう!

バスもとても立派です

無料バスというと東南アジアにあるようなオンボロでエアコンなしのバスなどを思い浮かべるかもしれません。

しかし、そこは台湾

これで無料バスってくらい驚くと思います。

日本より立派なバスが走っています。

中心部にはバス専用ロードがあり朝夕の渋滞は関係なしです。

このような連結バスも走っていますが、これももちろん10㎞までは無料。

え!これ無料で乗れるのっとビビらないでください。台湾人のマネをして堂々と乗りましょう!!

中も広々としています。

もちろんエアコン完備!!!

凄いぞ!!台中!!

ただし

どうしようもなくバスの運転手の運転が荒いのが残念w

なぜに揃いも揃って、こうも運転が乱暴なんだと思いますが、そこは無料なので我慢しましょう。

今まで少しお金がかかっていたところが全て10元で行ける

台中郊外にある台中国際空港へたったの36円で行けます。

市内から25元でしたが10元へ値下げ。

また個人的には台中一の観光地だと思っている高美濕地も10元で行けます。

こちらは45元でしたが10元になります。

台中の主要な観光地全てバスで10元で行けます。

お得過ぎる!!

そして、何と台中の山間部にある有名な温泉地「谷關」へも10元で行けちゃいます(笑)

谷關ってどこ?

台湾でも普通に温泉に入る文化があり、沢山の温泉があります。

台湾では通常は水着を着て入浴をするのですが、谷關には水着なしで入れる温泉もあります。

私も一度だけ行ったことがあるのですが、当時は車で行きました。

それが台中駅から10元で行けるようになりますw

谷關の場所

台中駅から850番のバスで行くことができます。

ただし台中駅からバス停が108駅あります(笑)

台中のバスアプリで確認してもバス停の数が多すぎて訳わからん状態w

バスで行ったことないので正確ではないのですが、多分4時間から5時間ぐらいかかるんじゃないかな。

正に

台湾ユーチューバー向けのバスです

いかがでしょうか

ネタに困っている台湾ユーチューバー のみなさん!!

10元で谷關へバスで行く企画は。

え!!お前がやって見ろっと!!

うーー、、ん、ちょっと考えておきます。

谷關は普通に素敵な場所でオススメです。

台中有名観光地がたったの10元はやっぱりお得ね

台中の有名な観光地は谷關と高美濕地だけではありません

  • 清水吃米糕
  • 大坑踏青
  • 台中港三井outlet逛街
  • 后里麗寶樂園玩樂
  • 或造訪霧峰林家花園暢遊山海屯市區

などなどぜーー〜ーンブ36円で行けます。

もちろん、観光としてだけでなく日常の足としてのバスは便利。

私は台中にいる限り交通費はほぼゼロです。

ここまで徹底的にバスの運賃を無料にしている地域は台湾でも台中しかないと思います。

本当に有難いです。

台中がセミリタイアの街としてとても向いている理由の一つがこれです。

それでは!

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3