【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

ミャンマーの通信業者「Mytel」(メイテー)のお手軽データ購入方法を紹介。

[記事公開日]2019/12/01
[最終更新日]2019/11/30

ミャンマーの通信業者「Mytel」(メイテー)のお手軽データ購入方法を紹介。

マンダレー国際空港で適当に購入したMytelのSIM、私はメイテルと発音すると思っていたのですが、メイテーと読みます。

また通信業者として最後発組。

今回はそんなメイテー通信のお手軽なデータの追加購入方法を紹介したいと思います。

多分、後から書こうと思うと忘れてしまうので今の内に書いておきます。

それではどうぞ

Mytelのデーター購入方法

ミャンマーには四つの通信業者があります。

  • 赤色のOoredoo
  • 青色のteleport
  • オレンジ色のMytel
  • 紫色のMPT

この中でMytelは最後に参入した通信業者とのことです。

色分けは看板などの色で分かれています。Myelはオレンジが企業カラーとなっています。

私は空港で8GBのプランを購入しました。

詳しくはこちらの記事で

もし、データーを追加購入したくなったらどうするんだろうと思っていたのですが、とても簡単にできるようです。

今回はその方法を紹介します。

Mytelのデータ購入方法

購入したSIMカードにSMS番号が書かれていることに気づく。

※966♯を電話番号で入力して送ると・・・

はい!プランが出て来ました。

プランを選ぶ時は番号のみ入力をすればいいです。

返信を押して3番のデータを選ぶと

このように細かいプランが出て来ました。

必要なプランの数字を選んで購入すれば大丈夫だと思います。

一番安いプランは一ヶ月760MB・30日で800チャットなので月56円でSIMが維持できることになりますね。

最長は90日まで利用できるプランもあります。

その他のプランも安いです。

チャージ用(top up)のカードを購入して上記の番号を選べば通信は継続できると思います。

街中に結構mytelの看板があるので、そこできっと購入できると思います。

最近気付きました。多分こういうところでsimが購入できると思います。

まとめ 

ミャンマーの通信業者「Mytel」のデータ購入方法ですが、予想以上に簡単ですね。

最後発の通信業者とのことですが、普通に利用する分には全く問題がありません。

このブログもMytelのネットをデザリングして書いています。

ミャンマーはネットが遅いとブログなどで言われていたのですが、実際利用してみると予想に範囲してサクサクだと思いました。

やはりリアルで経験してみないといけないですね。

それでは

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3