資産3,000万円からの海外FIRE情報

当ブログもテーマ 「FIREのための資産3,000万円運用術 」「趣味の労働化の構築 」「日本・台湾・東南アジアをメインとした海外生活術 」

【旅ハック】台湾の銀行で50万円を台湾ドルに交換したら手数料がぼったくり過ぎて泣けた。

[記事公開日]2023/12/22
[最終更新日]2023/12/21

【旅ハック】台湾の銀行で50万円を台湾ドルに交換したら手数料がぼったくり過ぎて泣けた。

台湾に持ち込んだ日本円を台湾の銀行で台湾ドルに交換しました。

・・・が

あまりの手数料の高さだったのでブログで報告します。

台湾の銀行で円を交換

今回、台湾に戻るときに50万円を持参しました。

これを台湾ドルに交換するために近くの台湾銀行へ行きました。

台湾の銀行で両替するのは本当に5年・6年ぶりです・・・記憶にない。

ほとんどATMでクレジットカードのキャッシングで対応していました。

台湾に両替商はない

台湾は法律で禁止されているため、街中に外貨を両替してくれるところがほとんどありません。

台北の一部でありましたが・・・今は行っていないので確認していません。

唯一空港には両替商があるくらい。

そのため、台湾で円を台湾ドルに交換するには基本2つしかありません。

  • 銀行・郵便局で交換
  • ATMを利用してキャッシングや引き出し

台湾の銀行は日本と違って、割とどこでも外貨の両替をしてくれて便利です。

しかし、今回久しぶりに両替したのですが、手数料が高過ぎワロスでした。

50万円両替に対して手数料は・・・

台湾銀行は台湾で一番大きな銀行。

交換レートは1円=0.2093元でした。

1万円=2,093元

この時の当日レートは1元4.57円だったので1万円=2,188円

スプレット高過ぎない?

50万円=104,650元にしかならない。

当日レートだと50万円=109,409元

つまり

手数料がおよそ5,000元(23,000円)ほど。

50万円に対して手数料が2.3万円とかぼったくりでしょう(激おこ!!!

これはキャンセル案件ですな・・・

と思い・・・・

結局両替してしまいました(涙

めんどくさがり屋の性格が災いしてしまった。

あれ?台湾の銀行の両替ってこんなに高かったけ?もう少し良心的だと思ったけど。

これなら空港で両替したほうがいいかも。

クレジットカードのキャッシングの手数料

クレカのキャッシング手数料のブログ記事を参考にすると・・

JCBブランドのリクルートカードのキャッシング手数料が2万元あたり550円。

11万元キャッシングすると

550円✖️5.5回分=2,750円。

たったの2,750円で済みます。

エポスカードだと1万元で208円・・・エポスカードは1ヶ月後ぐらいにATM使用料金220円の請求がありました。

2万元あたり416円+220円=616円

616円✖️5.5回=3,572円

台湾のATMに一回に引き出し上限額は2万元です。

キャッシングなら50万円相当の11万元を引き出しても手数料は2,750円〜3,500円ほど。

いや・・・正直ちょっと後悔してるわ。

止めときゃよかったw

5000元あれば台湾の一ヶ月の食費ぐらいにはなったのに(涙

あるまじき行為です。

まとめ

台湾で台湾元を入手する方法はやはりATMでキャッシングが一択ですね。

それ以外は基本あり得ない。

台湾のコンビニにあるATMは全てキャッシングに対応しているので便利です。

台湾に来る際はコンビニATMでキャッシングと覚えてください。

何年台湾にいるんだよってくらい初歩的なミスをやらかしてしまいました。

それでは。

コメント

  • 日本でも両替すると140円で1円くらいは平気で抜かれるので、そんなもんかなと思いますが。基本はキャッシングですね。

    by 匿名 €2023年12月22日 11:40

    • 確かにーーちょっと失敗しました。

      コメントありがとうございます。

      by cub €2023年12月22日 12:39

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,945,347 アクセス
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3