資産3,000万円からの海外FIRE情報

当ブログもテーマ 「FIREのための資産3,000万円運用術 」「趣味の労働化の構築 」「日本・台湾・東南アジアをメインとした海外生活術 」

【フィリピン】【ポーカー】フィリピン初ポーカープレイの収支報告

[記事公開日]2023/09/24
[最終更新日]2023/09/25

【フィリピン】【ポーカー】フィリピン初ポーカープレイの収支報告

コロナ前から挑戦したいと言っていて、やっと実現したフィリピンのポーカーのプレイ報告です。

初、海外キャッシュプレイの感想も含めてどうだったのか?

それではどうぞ

フィリピンポーカープレイ報告

9/5〜9/18日までの間の11日間、合計55時間ほどプレイしました。

レートはフィリピン最低の10/20ペソと25/50ペソの二つのレートです。

参加は100BBスタートで1日300 BB負けたらその日はプレイ終了するようにしました。

バンクロールは50万円・・20万ペソで25/50をメインでプレイ、

バンコロールは4000BB(20万ペソ)スタートです。

レート10/20

ルーム名レート時間収支
9/5メトロカードクラブ10/204時間+50BB(+1000p)
9/6メトロカードクラブ10/204時間-200BB(-4000p)
9/7メトロカードクラブ10/207時間+205BB(+4100p)
9/8メトロカードクラブ10/207時間+120BB(+2400p)
9/9メトロカードクラブ10/203時間+13BB(+260p)
合計18時間+188BB(+3760p)

初海外ポーカーということで最初は世界で一番レートが低いだろう「メトロカードクラブ」の10/20のレートでプレイしました。

マッククスバイインが100BBで2000ペソ。

ほとんどの人が300ペソや500ペソなど少額で参加していました。

レーキが10%の上限200p。

直感的に手数料(レーキ)が高いので手数料負けしてしまうと思うのですが、現地の人は取り合えうコールで入る感じの人が多いです。(これは低レート全てそうでした)

ハンドを絞って強い時に大きくかける感じにすればそれほど負けないと思う。

個人的にはこのレートで長時間やってれば一日1000ペソぐらい勝てる気がした。

プロもこのレートにまずいないと思うので初めて海外でポーカーしたい人には最適な場所だと思う。

レート25/50

ルームレート時間収支
9/10メトロカードクラブ25/505時間-267BB(-13,350p)
9/12オカダマニラ25/503時間+100BB(+5,000p)
9/132ACE poker25/5010時間-100BB(-5000p)
9/142ACE poker25/503時間+170BB(+8,500P)
9/162ACE poker25/506時間+28BB(+1,400p)
9/172ACE poker25/503時間+120GG(+6,000p)
9/182ACE poker25/507時間+162BB(+8,100p)
37時間+213BB(+10,650p)

この週からレートを一つ上げて25/50。

レーキ(手数料)は10%の上限400ペソ。

手数料10%は冷静に考えるとぼったくりレベルなのでハンドを絞ってプレイをする。

最初は負けが続くが徐々に現地のプレイに慣れて対応できるようになり負けが減っていく。

トータル収支

  • 10/20    +3,760P
  • 25/50    +10,650P
  • 合計 +14,410p(36,025円)1ペソ2.5円計算

フィリピンへ行く前には大負けを予想してとりあえず30万円を持っていたのですが、プラスの収支で終えることができました。

フィリピン低レートの感想

最初の頃は慣れてなくてガチガチの緊張からのスタートでミスプレイ連発していましたが徐々に慣れていき相手のプレイ感などを見る余裕も出てくる。

結果論ですが勝ち負けにこだわってしまい、一日のプレイ時間は5時間ほど、もっとプレイ時間を長くすれば良かったと思います。

最低でも1日10時間。

メトロカードクラブはフィリピン人9割ぐらいで完全に現地の人向け、オカダはフィリピン人半分で残りは韓国・中国人などの観光客多い・・岡田の低レート25/50だけでなく50/100も含めて完全におっさんが酒飲みながら遊びでプレイする人も多いので結構狙い目かも。

対戦した日は酒飲んでやたら絡んでくるフィリピン人が鬱陶しくてやめてしまったけど・・・後から考えると勿体無いことしたかも。

2ACE pokerは旧GGポーカーです。ここは25/50を先着10名まで2時間プレイすると500ペソがもらえるので結構美味しい。

韓国人がオーナーのため韓国人が多いです。フィリピン人スタッフも韓国語や中国語が話せる人が多い。

ただ、ここは昼卓が少なくて21時以降になると客が増えるので深夜稼働したい人は最適。

個人的にはこの3つ、どれも良かったと思います。

今回25/50までしかプレイしなかったのですが、正直このレートなら十分勝てると思いました。

多分フル稼働(一日8時間)すれば1日+50BB(2,500p)ぐらいは十分勝てると思う。

フリフロップをしっかりすればそんなに大負けするようなこともないと思います。

リンプする人が多いので、それに釣られないでハンドのレンジを緩くしないように気を付けること。

強く打つ人は素直に強いカードが多い。

こんな感じ・・・

バンクロール4000BB(25/50で20万ペソ)でポーカーに挑戦しているのでバンクロールが増えれば一つ上のレート50/100へ挑戦していくつもりです。

バンクロール+3万円 ・・・・53万円

まとめ

フィリピン初ポーカープレイですが予想以上に良かったです。

現地のスタッフもミスプレイに関して優しく指摘してくれるのでありがたい。

他のプレイヤーも「まぁ日本人だし・・」みたいな感じ(良いカモが来たと思われたのかもしれませんが)でミスプレイに関して厳しく指摘されることもなかったので最初の頃は本当にありがたかったです。

私もカッコつけないでポーカープレイするの初めてなんでって素直に言ってました。

実際、ポーカー初めてのようなプレイヤーも外国人・・特に韓国人なんかに結構いましたね。

初めてポーカーを海外でやってみたい人はフィリピンは本当に向いていると思うので是非、挑戦してみてください。

現地のフィリピン人プレイヤーも基本陽気でお喋り好きなので楽しいと思います。

それでは!

 

コメント

  • パーカー教えてください!

    by おのだ €2023年9月26日 12:28

    •  パーカーは知らないですw

      人に「教えるほど上手ではないので、ネットや入門書などで自分で勉強してください。

      コメントありがとうございます。

      by cub €2023年9月26日 12:48

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,953,665 アクセス
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3