資産3,000万円からの海外FIRE情報

当ブログもテーマ 「FIREのための資産3,000万円運用術 」「趣味の労働化の構築 」「日本・台湾・東南アジアをメインとした海外生活術 」

【旅ハック】片道チケットで入国できない国でTrip.comを利用して捨てチケットを使わない方法

[記事公開日]2023/07/12
[最終更新日]2023/08/03

【旅ハック】片道チケットで入国できない国でTrip.comを利用して捨てチケットを使わない方法

片道チケットだけで入国できない国があります。

そのため必要ない出国チケットを購入して無駄にしてしまうこともあります。

過去色々無駄チケットを作らない方法が紹介されましたが、少額の料金&簡単にできる方法がありましたので紹介します。

Trip.com経由でチケットを購入する

最近スカイスキャナー経由でTrip.comからチケットを購入すると、追加料金で無料キャンセルできるようになっていました。

前からこんなサービスあったのか、それとも最近始めたサービスなのか分かりません。

例えば

日本から台湾へ入国すると台湾から出国するチケットが必要です。

出国チケットは日本でなくても問題ありません。

そこで格安でいける国のチケットをキャンセル料を追加で払って購入します。

今回は台北ーマニラ便が4980円で販売されてました。

1,100円の追加料金を支払えば、出国2時間前までにチケットをキャンセルできるようになります。

100%チケット料金を払い戻すにはチケット価格の22%ほどの追加料金を支払う必要があるようです。

片道チケットで入国できないフィリピンも同様に安い路線を購入して追加料金を支払います。

今回はマニラ-コタキナバルを購入3,980円で購入。

880円でチケットのキャンセルが可能になります。

数千円の料金を支払う必要はありますが捨てチケットを購入する必要がありません。

日本線の一部はない

ほとんどの路線でキャンセル可能ですが、一部の路線ではキャンセル料を購入できないようになっています。

(上記のような表示がされない)

どのような基準なのか分かりませんが台北ー日本の間はできないものがあります。

台北ー名古屋のピーチとタイガーエアは購入できませんでした。

ただし大阪行きのタイガーエアは購入可能になっていました。

全ての路線を調べたわけではないのですが、一部で購入できないようです。

ただしマニラー日本のセブパシフィックは購入できます。

実際日本行きのチケットを購入しなくても安い路線のチケットを買ってキャンセルすればいいので関係ないと思いますが・・・

注意点としては、但書にあるように航空会社によっては旅行券での払い出しがあるようです。

この辺は実際やってみないとわからないので注意してください。

まとめ

このサービス前からあったのかな?

気づきませんでした。

今後、台湾行きのチケットを購入するときはTrip.comのサービスを利用していこうと思います。

捨てチケットで悩む必要がなくなりました。

それでは。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,995,077 アクセス
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3