資産3,000万円からの海外FIRE情報

当ブログもテーマ 「FIREのための資産3,000万円運用術 」「趣味の労働化の構築 」「日本・台湾・東南アジアをメインとした海外生活術 」

【コラム】【資産運用】時間がたっぷりあれば老後2000万円問題の解決なんて簡単だ

[記事公開日]2023/03/15

【コラム】【資産運用】時間がたっぷりあれば老後2000万円問題の解決なんて簡単だ

株式市場の調子が悪くなっているので、こんな時こそ投資の基本を復習しようと思う。

一時期罵倒の話題になった老後2000万円問題です。

誰も知らないけど投資の知識があれば簡単に解決できる話です。

それではどうぞ

投資をするにはお金が必要

投資をするにはお金が必要と言われています。

SNSなどでも結局入金力と言います。

確かに投資をするにはお金が必要です。

しかし、それ以上に必要な大切なものがあります。

それは

時間です。

実は十分な時間があれば老後2000万円問題で話題になった2000万円は十分作ることができます。

もし生まれた子供に100万円投資したら

ここであなたに新しい子供が生まれました。

この子供の老後資金として資産を作ってあげようと考えています。

投資資金はいくら必要でしょうか?

答え・・・

100万円です。

あなたに正しい投資の知識があれば、子供に証券の特定口座を作って100万円でeMAXIS Slim全世界(オール・カントリー)投資信託に100万円投資をして、そのまま忘れてしまいましょう。

過去のデータ通りなら年利5%のリターンを上げていくはずです。(実際の名目リターンはもっと高かった)

これで子供が65歳になれば2000万円以上貯まっているはずです。

子供が18歳になったら新NISA口座で運用

賢いあなたは子供が18歳になったので新NISAの口座を開きました。

100万円のお金は子供が18歳になった時に240万円になっていました。

これを売却してNISA口座に入金して運用を続けました。

140万円の利益に対して20%の課税がされるので実際の資金は212万円です。

これを運用すると

65歳には2,100万円になりました。

100万円をそのまま特定口座で運用すると2383万円で多いですが実際は利益に20%の課税がされるので、税引き後は1926万円になります。

100万円が・・・

特定口座で65歳まで運用すると1926万円

18歳まで特定口座で運用してその後NISA口座で運用すると2100万円です。

愛する子供の老後資金が2000万円が貯まりました。

これを読んだ人は

そんなの本当かよ!!

って疑いますね。

しかし大人になって働いて貯金して2000万円貯めるより生まれた子供に100万円の運用をしてあげる方がはるかに簡単ではないでしょうか。

この口座はあなたが死ぬ時に遺言で教えてのもよし大学卒業の時に教えるもよし。

仮に失敗しても100万円の損です。

個人的には何十年も運用して世界分散投資がなくなるような世界は所詮、老後を心配してもしょうがないと思います。

長期の時間があれば少ない資金で運用可能

よく若い時は投資なんてしないで経験に使ったほうが良いと言います。

それ自体は別に間違いではない思いますが、20代の時に数百万円投資するだけでその後の資産運用が楽になるのも事実です。

仮に25歳の時に300万円を同じように運用すれば・・・

40年後には2000万円以上になっています。

若い時に少し頑張って投資をすれば後は無理に追加資金などしないで十分貯まっていきます。

投資とは、長い時間に複利をかけて増やしていくものと知っているだけで人生が大きく変わります。

橘玲氏は新しい本の中で

なぜ格差が広がっていくのかの問いに

「それは簡単な話で世の中が平和だから」と本書の中で書いています。

つまり同じ年収500万円の人でも貯金を全くしない人と毎月10万円を貯金するだけで80年後には1億円の差になると言ってます。5%で運用していけば40年後に1億円になる。

親から子へずっと続けていけば大きな経済格差になってくと。

片方は金融資産0円、もう片方が1億円

平和と複利が格差社会を広げていく。

時間をかけていけば誰でも少額の資金でお金を増やしていくことができる。

投資の知識がなぜ必要なのか、この簡単な複利の問題をしっかり理解しているかだけなのです。

まとめ

投資のリターンを得るのは時間がかかる。

その間には当然暴落したり大損する時期もあるでしょうが、止めてしまえばその恩恵に預かることもできません。

実は老後2000万円問題も親に投資のリテラシーがあれば簡単に解決できてしまうんですよね。

ほとんどの人は知らないようですが・・・残念なことです。

もしあなたに子供が生まれたら子供に証券口座100万円をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

それでは。

コメント

  • 子供が生まれてから毎年100万贈与&子供口座で金融投資。
    年5%複利なら20歳時に子供の資産は3000万越え。
    子供は一生働く必要がなく、結婚したら夫婦で資産6000万以上。

    無駄な教育投資をしなければ、子供の人生は安泰なんですけどね。

    by 匿名 €2023年3月16日 00:44

    • 理屈の上ではそうなっちゃうんですよね。

      将来的にはやや裕福な家庭で実践してくる人出てくると思います。

      コメントありがとうございます。

      by cub €2023年3月16日 11:33

  • 2000万円問題は2045年には物価が上がって4000万円問題になりそうたまから困る。

    by 匿名 €2023年3月18日 06:51

    • 投信のリターンはインフレ込みの実質リターンなので心配していないです。
      名目なら7%ぐらい・・・
      インフレは長期的には企業収益に織り込んでいくはずですから、過度に心配する必要もないと思います。

      by cub €2023年3月18日 10:46

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,945,391 アクセス
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3