低予算で海外セミリタイア

日本・台湾・タイの三拠点生活を楽しむセミリタイブログ

【NISA】お金はあるのか?新NISAへの投資方針 その1

[記事公開日]2023/01/08
[最終更新日]2023/02/03

【NISA】お金はあるのか?新NISAへの投資方針 その1

今年一括投資をした積立NISA。

20年続く予定でしたが制度変更で今年で終了となりました。

来年から始まる新NISAですが、私の場合、嬉しい誤算があります。

それは

投資枠多過ぎる問題。

どうやら新NISAでは枠が使いきれないようです。

それではどうぞ

新NISAの投資枠は1,800万円

金融庁「新しいNISA」より

現行制度の積立NISAは投資枠が800万円でしたが、来年から始める新NISAは1,800万円と二倍以上になります。

私はNISA制度が改正されるとしても運用期間が無期限化するぐらいじゃないかと思っていました。

正直ここまで思い切った改正をすると思っていなかったので嬉しい誤算です。

ここで私個人の問題が・・・

枠使いきれない問題

新NISAへいくら投資する

私の場合、すでにiDeCoや積立NISAなどで運用をしている投資資金は新たに投資枠へ使いません。

また安全資金として現金を持っていたいので全て株式へ投資もしません。

そうすると意外に使える資金が少なくなります。

現状いくらあるのか

1/7現在

口座運用額(円)
iDeCo665万
積立NISA263万
台湾株口座317万
その他1314万円
合計2619万円

非課税枠で運用している資金と台湾の証券口座で運用している資金は新NISAへ回す予定はありません。

そうすると現状投資資金は1,300万円。

安全資産として現金で最低300万円から500万円ぐらい持っていたいので、投資できる資金は

800万円〜1000万円となります。

間を取って900万円としましょう。

最大900万円を新NISAへ資金を回せる。

1800万円枠の半分程度しか資金を回せません(涙)

悲しい現実っっっっw

利用枠は人それぞれ

枠を使い切れるほど資金を持っていない悲しい現実ですが、これは仕方がありません。

新NISAへの投資資金のために労働を再開するなど本末転倒ですからね。

私の場合、新NISAへ投資に回せる資金は900万円。

無理に満額回す必要はありません。

NISAの利用方法は人それぞれですから気にする必要もありません。

来年から始まる新NISAへは900万円を投資する。

現在持っている投資信託・個別株・ETFなどは今年から徐々に売却していく予定です。

どのように売却するか、NISAで何を買っていくのかなどは、これからブログにまとめていきたいと思います。

コメント

  • ネット上では最速で枠を埋めようとイキってる人が多いですが、無理はすることないですよね。
    私は月10万の積み立ては新NISAでも継続、特定口座と旧NISAの期限を迎えたものは240万の枠の方で買い直し。
    それで十分だと思います。

    by にし €2023年1月8日 12:21

    • 自分のペースでやればいいと思いますね。
      実際NISA利用する人も月5万円とかそのくらいがほとんどだと思います。

      コメントありがとうございます。

      by cub €2023年1月8日 14:03

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,178,514 アクセス
2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3