資産3,000万円からの海外FIRE情報

当ブログもテーマ 「FIREのための資産3,000万円運用術 」「趣味の労働化の構築 」「日本・台湾・東南アジアをメインとした海外生活術 」

【高配当ETF】Vanguard International High Dividend Yield ETF(VYMI)に投資をしたい

[記事公開日]2022/09/27

【高配当ETF】Vanguard International High Dividend Yield ETF(VYMI)に投資をしたい

連日の株式の暴落で資産がダダ下がりですが、購入したいETFがありました。

ただしSBI証券ではまだ扱っていないようなので是非商品に入れて欲しいです。

それは

Vanguard International High Dividend Yield ETF(VYMI)世界高配当株ETFです。

それではどうぞ

Vanguard International High Dividend Yield ETF(VYMI)

バンガードのETFで米国の高配当企業に投資をするETF、Vanguard High Dividend Yield ETF(VYM)バンガード 米国高配当株式ETFがありますが、これの米国以外の世界の高配当株に投資するETFがあります

それが

Vanguard International High Dividend Yield ETF(VYMI

2022年9月現在、SBI証券では取り扱っていませんが、あったら絶対投資をしたい商品です。

米国以外の世界の高配当株に投資をするETF

基本情報

ティッカー株価PERPBR利回り企業数手数料
VYMI52ドル8.3倍1.2倍5.4%1,3250.22%
VYM96ドル13.8倍2.5倍3.0%4430.06%

投資先の国

日本が一番多く13.2%、次がイギリス13.2%・・・と上位10カ国でおよそ75%。

米国以外の31カ国に広く分散されてコストも0.2%と安い商品です。

配当も5%以上と十分すぎる配当です。

詳しくはバンガードのサイトで

株価は現在下落中

世界的な株安で株価は下落中。

日本で購入できるようになれば購入していきたい水準になっています。

まとめ

将来、NISA枠が拡大されたら一般NISA枠で高配当銘柄としてこのVYMIとVYMの2本で十分な気がします。

個人的にはVYM1/3でVYMI2/3でいいかな・・・面倒なら半々か。

まだ購入できない商品なのですが、もしSBI証券で購入できれば狙っていきたい商品です。

今回はVanguard International High Dividend Yield ETF(VYMI)の紹介でした。

暴落時こそこのような銘柄をコツコツ狙っていきたいです、

 

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,904,852 アクセス
2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3