低予算で海外セミリタイア

日本・台湾・タイの三拠点生活を楽しむセミリタイブログ

【高配当】【配当収入】シンガポールの株式市場が高配当している。

[記事公開日]2022/07/19

【高配当】【配当収入】シンガポールの株式市場が高配当している。

欧州株の高配当ぶりを紹介してきましたが、アジアの株式も高配当化しています。

今回紹介する市場はアジアで一番豊かな国・・・シンガポールの株式市場です。

それではどうぞ

iシェアーズ MSCI シンガポールETFが利回り5%突破

シンガポールの国別ETF

iシェアーズ MSCI シンガポールETF  EWSが利回り5%を突破してきました。

ティッカー商品名PERPBR利回り(%)
シンガポールEWSiシェアーズ MSCI シンガポールETF13.341.37.26%

利回りが7%近くになっていますが、これはちょっと高すぎる気がする。

シンガポールの株式指数であるSTIだと利回り4.13%となっています。

シンガポール株のチャート

シンガポールはこの20年間成長を続けて一人当たりの所得も日本の二倍以上となっています。

しかしなぜか株式市場は成長せずw

EWSのチャート

ここ15年ほどヨコヨコとなっています。

実際は配当があるので配当込みだと年5%ぐらい成長していると思いますが・・それでもちょっと物足りないですね。

シンガポールは税制が低いので米国のような自社株買いより配当金を重視しているのかもしれません。

東南アジアを代表するIT企業「SEA」も暴落。

4分の1ぐらいまで下がってしまいました。

ドイツとの比較

ティッカー銘柄PERPBR利回り
シンガポールEWS iシェアーズ MSCI シンガポールETF13.341.37.26
ドイツEWGiシェアーズ MSCI ドイツ ETF10.671.274.67

指数的にはドイツとほとんど変わらず利回りは高いです。

東南アジアではシンガポール以外にもマレーシアなども安くて利回りが高いです。

まとめ

欧州株に割安感が出ていますが、アジア株など新興国株にも割安感が出てきました。

一度に資金を投入する必要などないと思いますが、大幅に調整が入った時にチェックなどをして安いと感じたら少額ずつ投資をするのも悪くないと思います。

私はメインは非課税口座の積立ガチホですが、それ以外の資金で高配当株やETFを購入していきたいと考えています。

欧州・アジア新興国株・日本株などに割安感が出ているので、今後大幅に下がれば購入していきます。

それでは。

 

 

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,052,661 アクセス
2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3