CubのFIREmini生活

台湾FIRE情報サイト。低コストで海外生活が可能になる海外FIREmini生活情報を発信しています

つみたてNISAの破壊力を舐めすぎてる人多すぎです。

FIREminiをしたくて資産運用をしたいけど、何からしていいのかわからない人もいると思います。

資産運用を始めるなら必須・・いや絶対やるべき運用がつみたてNISAです。

月およそ3.3万円、年間40万円を20年間非課税口座で運用する方法ですが、この制度を軽く見ている人多すぎですね。

やるとやらないのでは人生大きく変わります!

底辺で人生苦しむか底辺セミリタイアで楽しく生きるか別れ道になるほどの制度です。

今回は底辺に必須の運用方法、つみたてNISAの破壊力についてです。

それではどうぞ

破壊力半端ないつみたてNISAについて

つみたてNISAを軽く見ている人が多いのですが、人生の早い段階で利用すればするほど効果の大きいのがつみたてNISAという制度です。

若い人は絶対に利用する制度です。

複利の効果がどれだけ大きいか簡単に説明しましょう。

20年間つみたてNISAで運用

20年間つみたてNISAを続けたとします。

年間40万円を20年間積み立てるとする。

投資先は株式のインデックス投資信託100%、運用リターンは平均5%とします。

20年間で800万円を積み立てるとおよそ1350万円になります。

大体ここで説明が終わる人が多いのですが、若い時に運用を始めていれば更に運用を続けることができます。

20年は長いと思う人がいるかもしれませんが25歳から始めれば45歳。30歳なら50歳です。

まだまだ時間があります。

更に課税口座である特定口座で1350万円を20年間同じように運用を続けたらどうなるでしょうか?

次の20年は運用だけで積立をしません。つまり新規資金はゼロです。

20年後には1350万円が3500万円ほどになっています。

注意点は課税口座なので20年間の含み益2,150万円にはおよそ20%の税金がかかることです。

およそ430万円ほど税金がかかるので実際には2720万円ほどになります。

仮に税金がかかったとしても2,700万円ほどの資産が残ることになります。

積立NISAだけでも十分な理由

このように積立NISAだけでも前に話題になった老後2000万円問題も十分クリアーできることになります。

もし夫婦二人でそれぞれ運用していればこれ✖️二倍になっていることになります。

ネットでは、若い時は時間はあるがお金がないので積立投資などリターンの低い投資法は意味がない、もっとリスクを取ってリターンを取りに行くべき、などインフルエンザー的投資家たちが煽っていますが、本当に必要なのでしょうか?

積立NISA+α投資法

私は別に積立NISAだけをやっていればいいと言っているわけではありません。

しかし積立NISAは全ての投資家のメイン運用方法にすべきです。

つまり最初に積立NISAで運用を行い続けて、それでも余裕のある人は別の投資をやればいいだけの話なのです。

積立NISAに更に上乗せしてイデコをする。

積立NISA+高配当米国個別株に投資をする。

積立NISA+FX取引をする・・・売り豚をするなどなど・・・

まずは積立NISAをメインに添えてそれに余裕があるならそれ以外の投資法を行う。

(どうせ10年も投資をすれば積立NISAのありがたみがわかるはずですけどね・・・)

たった年間40万円と意識だけ高い連中が沢山いるSNS界隈では思ってしまうでしょうが、いやいやこれだけでも続けることができれば大したものなのです。

まとめ メイン投資は積立NISA

若い時に積立NISAの制度を知り活用するだけで十分老後資金もセミリタイア資金も貯めることができると思います。

毎年40万円の投資資金を生み出すことを第一目標に投資を始めて見てはいかがでしょうか。

積立NISAはそれくらい重要な制度だと思います。

また、これは私の個人の勝手な予想なのですが、積立NISAの運用期間はいずれ延長or恒久化すると思っています。

老後資金問題と言いながら20年間だけ非課税なのは運用期間が短すぎます。

少なくとも倍の40年間にするべきだと思います。

NISA制度の元となっている英国ISA制度はすでに恒久化しています。

ですから20年後には更に非課税が延長されている可能性もあるので、その意味でも活用すべきだと思っています。

セミリタイア資金は積立NISAから始めればいいと思いますよ。

それでは!

 

 

コメント

  • 運用リターンの平均として5%を使用するとそうなることはわかりました。
    その数字が現実的か否かはわきにおいておいて、4%や3%だとした場合の結果を知りたい人も多いのではないでしょうか?(少なくとも自分は知りたい)

    by chintani €2020年12月16日 11:26

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3