旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【コタキナバルノマド編】トゥンク・アブドゥル・ラーマン国立公園の5つの島の中でオススメの島を紹介します。

[記事公開日]2017/12/25

【コタキナバルノマド編】トゥンク・アブドゥル・ラーマン国立公園の5つの島の中でオススメの島を紹介します。

コタキナバルに来たばかりの時は何もないし三日で飽きるかなと思っていたのですが、街の対岸にある国立公園「トゥンクアブドゥルラーマン国立公園」へ行ってから街の評価が私の中では様変わりしました。

そのくらい簡単に行けてとても海が綺麗でした。

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園は大きく5つの島から出来ていて毎日一つずつ通って4つの島に行きました。

その中のPulau Sulug (スルグ島)だけは無人島で何もないから行けないと言われて行きませんでした。

4つの島はどれも近くにあり一見するとあまり変わらないようですが実際訪問すると一つ一つ島の良さが違います。

今回は4つの島を紹介してます。

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園

大小5つの島がある海洋保護区

  • Pulau Gaya (ガヤ島)
  • Pulau Sapi (サピ島)
  • Pulau Manukan (マヌカン島)
  • Pulau Manutik (マヌティック島)
  • Pulau Sulug (スルグ島)

場所

この内スルグ島は無人島となっていて私が利用していたボート会社は利用出来ませんでした。メニューには行くことができると書いていましたが・・・

角島にはリゾートホテルがありプライベートビーチがあり綺麗なのですが、料金がとても高い、どのホテルも一泊1,000リンギット前後します。

島への行き方

コタキナバル北部にあるボート乗り場から行くことが可能です。

Jesselton Pointの場所

ガヤストリートから歩いて15分ほどで行けます。コタキナバルはUberが沢山走っているのでウーバーで行くのも簡単です。5リンギット(135円)ほどで行けます 1リンギット27円で計算。

Jesselton Point入り口

周辺には沢山のお店があるので必要な物が購入出来ます。

どの島でも簡単な食事やお店がありますが、やや高いのでここで水やパンなど軽食を購入していくことをオススメします。

店の中に入るとチケットカウンターが沢山あり、どこで購入しようか迷うところですが値段はどこも同じです。

オススメは入り口を背にして左奥にあるカウンターです。マレー系の女性が日本語を話せます。

このカウンターになります。

この女性が日本語を話せます。

外国人観光客は中国人と韓国人が圧倒的に多いので表示は中国語とハングル語ばかりで日本語はほとんどありません。貴重な存在の方です。話を聞くと日本人はあまり来ないと嘆いていました。

8時から船を出していますが、島から戻る船の最終時間が16時と結構早いです。

船のチケット代は各島とも往復30リンギット(810円)それに島に入るには10リンギットの税金がかかります。

2018年1月より10リンギットから20リンギットに値上げをするとの情報あり。

最低限40リンギットあれば島へ行くことが出来ます。

その他、アクティビティなどがあります。私は初日に一人150リンギットで水中散歩をやって見たのですが・・二度目はないかな。

その他、ゴザ、ライフジャケット、シュノーケリングセットなどが各10リンギットで借りることが出来ます。

現地に行っても借りることは可能。必要ならここで借りるのもいいでしょう。

スルグ島には行くことが出来ないです。頼み込めが行けるかもしれませんが・・反対にガヤ島は行くことが可能です。

チケット購入・・無くさないように。

注意点は私の場合ですが、最終日にガヤ島に行った時に帰りの船が来ませんでした( ;  ; )

必ずチケットの電話番号は確認しましょう。もし時間になっても船が来ない時は電話で確認します。

船乗り場の手前で切符を切ります。スタッフについて行けば乗る船まで案内してくれます。

船最大15人ぐらいしか乗ることが出来ない小舟です。

ライフガードは必ず着用です。

各島までは大体15分から20分ぐらいです。

コタキナバルの街

海が綺麗で魚が沢山なPulau Sapi (サピ島)

サビ島はガヤ島の近くにある小さな島です。コタキナバルから10分ほどで着きます。

場所

海がとても綺麗です。

私が訪れた時は曇っていたのですが、ビーチはこのくらいの日がいいですね。晴れていると暑いし日焼けをしますから。

無料の着替え室やシャワーなどもありますが正直あまり綺麗ではありません。

ビーチが小さくすぐジャングルになっているので、観察しているとトカゲなどが沢山います(笑)

対岸の島はガヤ島です。波もなく穏やかなので泳いで行けそうです。

船着き場周辺には魚が沢山。

サンゴはあまりないのですが海が綺麗で観光客の人数もほどほどでゆっくり出来る島です。

欠点はややゴミが散らかっていること。

この島に限ったことではないですが、ゴミが散乱しているところが多いのが残念です。

島が小さいので店なども小さく種類も少ないので前もって購入していくといいでしょう。

地元の人で賑わっている島、Pulau Manukan (マヌカン島)

ガヤ島を除けば一番大きな島で地元の人が大変多いです。人も多いので設備は一番整っている島だと思います。

・・・・ただし、ゴミが散乱して一番汚い島ですね。

残念。

場所

ビーチは他の島に比べて長いですが海は一番濁っている気がしましたね。

海もすぐに深くなるので泳ぎの苦手な人は注意が必要です。

中国人観光客が一生懸命写真のポーズを撮っていました、暑いのに大変です。

施設は他の島より充実しています。アクティビティも色々あります。特に海中スクーターは楽しそうですしたね。

とにかく残念なのはゴミが散乱していて汚いところ。平気でペットボトルをその辺に置いて帰るのは残念ですね。綺麗な島なだけに・・・

50センチぐらいのトカゲがいきなりビーチを歩いてたりします。

近くにいた韓国人家族の子供がトカゲ・トカゲと叫んでいました。韓国語でも同じ発音なんですね。

地元の家族連れで賑わっている島ですが正直、ここが一番ダメな島です。

なぜ人気なんですかね?

とにかく島がゴミで汚れている。

ここはちょっと離れたところにプライベートビーチ付きのリゾートホテルがあるのですが、そこは綺麗でしたね。

やはり地元の人がもっと意識を高くしないとせっかくの観光資源も台無しになってしまうような気がします。

とにかくここは残念な島でした。

サンゴも魚も沢山、一日中シュノーケリングで楽しめる島、Pulau Manutik (マヌティック島)

あまり期待しないで行った島なのですが、もし一つだけ行くならこの島をオススメします。

サンゴが沢山あり泳いでいるだけで楽しい島です。

場所

ここは楽しいですね。

海が綺麗だけでなく島も他に比べてゴミがあまり落ちてなくて清潔です。

管理会社が違うのでしょうか?お店をやっているスタッフもテキパキしていて掃除をしっかりしています。

何よりサンゴが沢山あり魚も沢山いて潜っているのが楽しいですね。ニモも沢山泳いでいます。

凄くオススメなのになぜか観光客も地元客も少ないです。

注意点はサンゴが多いので波でサンゴに体をぶつけることがあるので怪我などをしないように。

スキューバダイビングのスクールも近くにあります。

小さな島ですが設備も整って清潔に保たれています。

個人的にはこの島が一番気に入りました。後なぜかネットの入りが一番いい。本土から近いからかな。

猫も可愛いw

 

遠浅で何もないプライベート感満載な島、Pulau Gaya (ガヤ島)

一番大きな島で人も住んでいる島ですがネット情報ではリゾートホテルに滞在する人しか行けないと書かれていました。実際船の行き先にも書かれてないところが多かったのですが聞いたら行くことは可能とのことで行ってきました。

場所

サピ島の向かいにあるパブリックビーチは上陸可能とのことです。

非常に遠浅で白い砂浜、家族連れや泳ぎの苦手な方にも楽しめると思います。

海も綺麗です。

サンゴも何もないのですが逆に砂浜で裸足で泳ぐことができて気持ちいいです。

ここは行けないと思っている人が多いのか観光客もあまりいません。ビーチを独り占めできます。(ちょっとオーバーですが)

この島で事件発生!船がやってこない・・・

3時に帰る予定だったのですが、3時になっても船がきません。

最終の4時になっても船がこない・・・他の観光客はドンドン帰って行きます。

5時になるとスタッフの帰る船が来て島で働いていたマレーシア人もドンドン帰って行きます。

これは流石に忘れられただろうw遂に二人っきりになる。後は泊まり込みのスタッフが数人残るのみ・・

人がいなくなると山から猿やイノシシ?が続々とビーチに現れ違った意味で賑やかになって来ました。

これは初の南の島野宿か?

泊まり込みのスタッフに電話をしてもらい近くを通った船に乗せてもらいました

ガヤ島は良いとこなのですが忘れられないように注意をしましょう!

オススメの島は?

一番オススメの島はやはりPulau Manutik (マヌティック島)です。

サンゴが多くてシュノーケリングが一番楽しめます。

施設が整っていて清潔なところも好感が持てます。

次はPulau Sapi (サピ島)とPulau Gaya (ガヤ島)です。

ガヤ島にビーチとサピ島のビーチは向かい合っているのでサピ島がオススメかな?ガヤ島だと忘れられそうだし(笑)

どちらも海が遠浅で綺麗です。

残念なのがPulau Manukan (マヌカン島)です。正直ゴミが島に散乱していて汚いです。

島の残念なところ

何度も書いているのですがやはりゴミが散乱しているところが多いのが大変残念です。

せっかく綺麗な海なのに勿体無いですね。

船の最終便が早い。

船の最終便はどの島も4時です。

もっと遅くまで船があると良いのですがこれは無理なのかな?

島のホテルが高い。

これはトゥンクアブドゥルラーマン国立公園に限ったことではないのですが島に滞在するホテルはどれも高いです。

もう少し安くなると利用したいのですが・・・・

無理なのかな。

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園はコタキナバルから船代と入島料含めて40リンギット(1,080円)、来年から50リンギット(1,350円)ほどで行けるので手軽に南の島でのんびり過ごしたいなら最適ですね。

私はとても気に入りました。

月100万円ぐらい稼げるビックアフィリエイターになったらプライベートビーチのある高級リゾートホテルに泊まりたいですね!

それでは。

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

 

関連記事&スポンサーリンク

2018年海外生活

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3