一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。

台湾・台中〜ベトナム・ホーチミン、LCC・ベトジェット航空(VietJetAir)搭乗レビュー【2018年9月版】

[記事公開日]2018/09/22

台湾・台中〜ベトナム・ホーチミン、LCC・ベトジェット航空(VietJetAir)搭乗レビュー【2018年9月版】

日本でもベトナム路線を拡大して今最も勢いのあるLCC、ベトジェット航空(VietJetAir))

台湾・台中からホーチミン路線・ハノイ路線・・そして11月からバンコク路線と台湾にも急速に路線を拡大しています。

今回は台中〜ホーチミン路線に初めて乗ったらのでベトジェット航空の紹介レビューをしたいと思います。

ベトジェット航空搭乗レビュー

搭乗手続きは離陸時間の二時間半前ほどから。

初のベトジェットエアーの搭乗。平日日中の時間ですが沢山の人が搭乗手続きをしていました。

持ち込み荷物は7kgまでですがほとんど目視で確認はなし、ただし全ての荷物にタグを付けます。

第三国の出国のチケットの提示はありませんでした。

搭乗手続き痛恨のミス発覚!

何と名前の入力ミスが発覚!

やってしまいました・・・ごめんなさい。

これで名義変更の手数料が取られるのかと思いましたが、e-チケットの提示を求められて、メールで送られたチケットを見せると名前の変更が必要ですからしばらくお待ちくださいと名前の変更を行うが手数料等はなし。

現在、ほとんどのLCCではチケットの提示を求められることはないのですが、今回のようなミスを犯すとチケットの提示を求められので必ずチケットはスマホの画面でいいので持って行った方がいいでしょう。

ベトジェット内の様子

搭乗率は9割以上だと思います。ほぼ満席、台湾人とベトナム人がほとんどだと思います。

多分日本人は私以外いなかったと思う。

座席の広さも他のLCCと同じぐらいだと思います。

やや狭いですね。三列シート×三列シートのLCC標準の大きさです。

機内食

機内食はドンか米国ドルで支払い可能。台湾ドルは無理だと思います。(確認していません)

公式レートでは1万ドン48円。ドル=112円ですのでベトナムドンで支払った方が特ですね。

大体500円ぐらいです。

飲み物も3万ドン150円前後でしたので良心的な価格だと思う。

飛行時間は丁度三時間ほど。

台中を離陸した時が15時50分ほどでホーチミンに到着したのがベトナム時間で18時でした。

台湾とベトナムは時差が一時間あります。

気温はちょっとムッとしますが体感温度は台湾と同じくらいかな。

ベトジェットレビューのまとめ

  • 荷物は7kgだかほぼ目視
  • 第三国の出国チケットの提示はなし
  • ミスの場合があるためe-チケットは提示できるようにしましょう

値段も6290円と安く路線も充実しているので今後は頻回に利用しそうな航空会社です。

それではまた

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

 

 

関連記事&スポンサーリンク

海外セミリタイア生活費

海外セミセミリタイア投資部

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3