一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。底辺セミリタイア普及ブログ

ジェットスターが9月4日から追加料金で機内持ち込み10kg可能のサービス開始へ

[記事公開日]2018/08/30

ジェットスターが9月4日から追加料金で機内持ち込み10kg可能のサービス開始へ

格安航空会社であるジェットスターが9月4日より追加料金で機内持ち込みが10kgまで可能となるサービスを開始しました。

LCCの機内持ち込みは7kgへ

LCCの機内持ち込みは以前はほとんどが10kgまで可能でしたが、現在は7kgまでとなっている航空会社が増えています。

参考記事

そんな中追加料金を払えば機内持ち込みが10kgまで可能となるサービスを開始しました。

ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は、機内持込手荷物の上限重量を引き上げるオプションの提供を、9月4日搭乗分から始めた。通常は1人7キロまでだが、1000-2000円台の追加料金を払うと3キロプラスされ、10キロまでになる。
追加料金は、通常期と繁忙期で異なり、予約時の支払いと予約後でも変わる。成田-関西線の場合、予約時は通常期が1040円、繁忙期が1200円で、予約後は通常期1710円、繁忙期1870円となる。1日最大9往復運航している成田-札幌(新千歳)線の場合は、予約時は通常期が1200円、繁忙期が1400円で、予約後は通常期2070円、繁忙期2270円になる。

引用終わり

国内線で1000円から2000円とのことです。

ちなみに東京〜台北行きをちょっと調べたのですが、+3kgで1,840円と3,200円と出てきました。

これはチケット価格によって違うのかな?

ちなみに受託手荷物は15kgで4,000円と2,300円。

+3kgで2,000円以上支払うのは微妙かなぁ・・悩むところです。

もうちょっと多めに+5kgぐらいだと行きは7kgで帰りはお土産買って追加料金を払うなど増えそう。

まとめ

個人的な感想ですがアジアのみですがLCCの中で一番k機内持ち込み等のサービスで一番厳しいのが「ジェットスター」だと思います。機内乗り込み時まで必ず手荷物は二つまでと注意されます。

実質値上げですが他社でも追随してこのサービス広がってくれると便利だと思います。

できればもう少し多い料金価格も設定してくれるといいのですが・・・

やはり難しいのかな?

それでは

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

 

 

関連記事&スポンサーリンク

海外セミセミリタイア投資部

オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3