一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。

【金投資】海外で購入した金を最も高く売る方法【2018年最新版】

[記事公開日]2018/04/25

【金投資】海外で購入した金を最も高く売る方法【2018年最新版】

 

混沌とした世界情勢の中、大切な資産の分散先として輝きを増してきた金。

こんにちは海外現物金売買の専門家「金太郎」です。

今回、新たに台湾で金を購入したのですが、いくつか新しい事実が出てきたのでブログの記事にします。

 

金の購入と売却について

日本では金を購入すると消費税8%が付きます。これは世界では珍しいことで大体どこの国へ行っても金は非課税なことが多いです。

特に香港のハンセン銀行は金の購入スプレットも安く、知る人ぞ知る、金のお買い得な場所でした。

しかし2017年よりハンセン銀行に口座がないと購入不可になってしまい割安に購入できる場所がなくなってしまいました。

台湾銀行が安い

そこでハンセン銀行ほどではありませんが安く購入できる場所が台湾の台湾銀行。

外国人でも現在は購入可能となっています。

ネットで伺った時は台湾銀行の口座が必要と言われてましたが実際はなくても購入可能です。

ただし必要な物が二つ

  • パスポート
  • 中華民國統一證號基資表

この二つが必要です。

中華民國統一證號基資表の取得方法はこちらの記事を参考に

窓口で特に問題なく購入できますが一回の最大取引は60万元(200万円)までだそうです。

追加記事 2018年4月25日

4月23日に前回金を購入した台湾銀行へ行くが・・・

「今年から規約が変わって外国人には金を売れなくなった」と行員に言われる。

あれ?今年金購入出来たが・・・

調べてみると前回金を購入したのは2017年12月26日でした。

去年でしたが・・・

今回は台湾人ビジネスパートナーと一緒だったので、台湾人に購入を代行してもらう。

台湾人はIDを記入すれば問題なく購入できる。

これは困った、台湾銀行で金が購入出来ないとなると台湾で安く金が購入できるルートがなくなってしまったことになる。

4月25日に近所にある別の台湾銀行へ行ってみました。

あっけなく購入可能w

前回の支店よりかなり大きくて台中で一番大きな支店ではないかと思う。

絶対無理だと思ったのですが、聞いてみると

パスポートのみで可能でした。

中華民國統一證號基資表が必要なく前より簡単です。

売却も金受け取り時にもらう写真の領収書を出せば銀行が買ってくれるとのこと。

これを無くすor台湾銀行以外で購入した金は売却出来ないとのことです。

海外では支店によって対応が違うのですが台湾銀行でも同じでした。

ですから支店によって外国人でも購入できる・出来ないと差があると思うので注意してください。

(銀行口座開設はここでも無理でした。)

台湾銀行の金価格

新臺幣黃金牌價より

2017年の12月27日に20gを購入しました。

当時の価格が25,661台湾ドル× 3.7842円=97,106円

今回の金の購入価格

どちらも20gの金のインゴットです。

4月25日   26,385元×3.6747=96,956円
4 月23日  26,371元× 3.6444=96,106円

香港・マカオでの購入

香港・マカオには金の宝飾品店が沢山あるのですが、意外に金貨やインゴットは売ってません。

利幅が低くて儲からないのだと思う。

そんな中、香港・マカオで金貨の購入できる店を紹介します。

香港

などです。この辺はクレジットで購入可能でお得です。

日本での売却先

海外で購入した金が日本で売却できるのかという問題ですが、問題なく売却できます。

ただし一回の持ち込みが20万円までなら空港で申告なく持ち込みが可能ですがそれ以上ですと申告が必要で消費税を払わなくてはなりませんので注意してください。

日本での売却方法

  • 業者に売る
  • オークションなどネットで売る

今回は業者で売ったのでその報告をします。

業者に売却すると手数料が掛かる

有名なところで田中貴金属がありますが、通常業者に売却すると数千円の手数料がかかってしまいます。

質屋や中古販売店などでも売却できますが買取価格が安くて話になりません。

そこで業者に売却する時は手数料がなくスプレットが一番低い「日本マテリアル」で売却するのが一番お得です。

業者売却はここが一番特だと思うので覚えておきましょう。

日本マテリアル

私は名古屋支店で売却してきました。

中はそれほど広くなく簡単な客間だけです。

台湾で購入した時はUBSのパッケージがされていましたが、検査をするのでということでパッケージから取り出しました。パッケージはなくても価格には影響ないとのことです。

必要な物

  • 運転免許証などの身分証明書

購入した時などのレシートなどの提示は求められませんでした。免許証と簡単な書類に住所などを書いて終わりです。

売却価格は売却4921×20g=98,420円

購入価格は25,661台湾ドル× 3.7842円=97,106円でしたので1,314円のプラスでした。

メルカリなどのオークションで売ると12万円ほどの価格で売れています。

メルカリの場合は手数料が10%なのでそれを引くと1万円ほどの利益になります。

帰国当日に購入してすぐ売却すると利幅はどのくらいあるか?

今回は購入時と売却時の期間が2ヶ月ほどありましたがすぐに売却するといくらぐらい利益があるかというと

(価格変動がないと仮定します)

2月27日の価格で比べると

日本(1g) 4,921円

 

台湾銀行のインゴットの当日の価格と為替レート 1台湾ドル3.6642円

20g 26,112元 95,716円(+2704円)
100g 12,704元 465,734円(+26366円)
250g 317,922元 1,161,632円(+68618円)
500g 633202元 2320178円(+140322円)
1kg 1264817元 4634542円(+286458円)

20万円・・40gを購入してすぐ売却すると大体5,000円ほどの利幅があります。

1kgを密輸すると28万円ほどの利幅になります。

なぜ、香港・台湾から金の密輸が多いかわかりますね。

数万円で金の密輸代行など絶対に割に合わないのでやめましょう。

台湾のニュースでも日本と台湾の金の価格差が話題に上がります。

日本とインドが高いようです。

まとめ

金のインゴットは世界中で売れるので分散投資or外貨として持っていると海外セミリタイヤをする者にとってはいいと思います。

アジアの通貨はインフレで目減りすることが多いので金でヘッジをするという意味でも。

これから金や金貨は注目される可能性もあります(インフレが起きることによって)資産の一部として少額持っているのは十分ありだと思います。

また海外でも金の購入・セミリタイアでの住居・銀行口座開設の相談は承ってますので、よろしくお願いします。

関連記事&スポンサーリンク

海外セミリタイア生活費

海外セミセミリタイア投資部

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3