一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港でやるべきこと・やったことの紹介とレビュー。

[記事公開日]2018/09/23
[最終更新日]2018/09/22

ホーチミン・タンソンニャット国際空港でやるべきこと・やったことの紹介とレビュー。

シンチァーオ、台中から三時間で着くベトナム・ホーチミン、LCCでも三時間ぐらいならそこそこ快適に過ごすことができます。5時間以上だとちょっとシンドイ。

今回はホーチミンの顔「タンソンニャット国際空港」でやるべきこと・やったことの紹介をします。

タンソンニャット国際空港レビュー

ベトナムの入国手続きは簡単。

ホーチミンに到着後入国手続きをするのですが、ベトナムの入国手続きは簡単ですね。

入国カードがない、顔写真・指紋の登録もなし。

最近の入国手続きに多いこの3つがありません。そのためかサクサク手続きが進みます。

ただし「ビザはないのか?」と何度も確認されました。

ビザは取得していないことを告げると特に問題なく入国。いやベトナムの入国手続き簡単過ぎます。

タンソンニャット国際空港でやるべきこと

空港でやるべきことは3つ

  • ベトナムドンを入手する
  • ベトナムのSIMを購入
  • バス路線の確認と乗車

この3つです。

事前にブログで書いたホーチミンに着いたらやるべきことの備忘録が役に立ちました(笑)予習は大切ですね。

空港内の様子

入国手続き後の制限エリアの外に出ると両替商・SIM売り場・タクシーの予約場所が沢山あるので迷うこともないと思います。

各通信業者のSIMの料金

Viettelの通信料金

Mobifoneの通信料金

こちらの業者の名前の確認は忘れました。VinaphoneかVietnamobileのどちらかだと思います。

ATM

ベトナムの銀行と米国の銀行のATMがありました。

制限エリア外はそれほど広くなく人も少ないすぐ外に出ることができます。

自動ドアを通ると外に出ることが出来ます。

EXIM BANK のATMを探す

自動ドアを出ると外に出ることができます。空港で待っている人が沢山いました。

実はATM手数料が無料と言われているEXIM BANK のATMの場所を確認したかったのですが、がなかなか見つけることができません。

そもそもATMがどこにあるかわかりません。

国際線の空港でATMがある場所は外に出て左に曲がって進むと写真のレストランがあるのですがその左側に数台あります。

しかしEXIM BANK のATMがありません。EXIM BANK のATMのある場所は国内線のロビーのあるところにあり、そもそも国内線のロービーは外に出て右に曲がりちょっと離れたところにあります。歩いて10分ぐらい・・・

ATMを探すと数台固まったところがありそこにEXIM BANK のATMもありました・・遠い。

このカフェの手前にあります。

しかし問題が!ATMがカードを認識してくれないのでキャッシングができない!

想定外のことが起こりました。

今回持ってきたクレジットカードは二枚

EXIM BANK のATMどころか他のATMも利用できないと画面に出てきます。

注意

私は暗証番号を入れるときは4桁だけを入れてましたが、ベトナムは6桁入力となっていて

4桁+00と入力をすればいいと書いてあるブログがありましたので私が間違えていたのかもしれません。

世界の常識?

しょうがないので国際線まで戻って外のATMを使う。

ここでも利用できないATMばかりで一台やっとキャッシングできる(使えた銀行のATMの名前は忘れました。)

楽天プレミアムカードがキャッシングできたので上限の200万ドン(1万円)をキャッシングします。

リクルートカードでもキャッシングしたいので制限エリア内に入り試してみることにする。

ここはパスポートを見せればまた入ることができます。

シティバンクのATMが一番簡単にキャッシング出来ます

JCBカードはシティバンクのATMで利用できました。

最大800万ドン(4万円)引き出すことができます。

結論から言うとここのATMが一番お手軽で簡単でした。(日本語設定のあるので)

制限エリア外の外に出るとATMの場所が遠いので面倒です。

ここで300万ドン(15000円)引き出す。

JCBカードでここのATMを利用するのが一番簡単だと思います。

後日早期返済をしたのですがどちらのカードも手数料がかかりませんでした。

楽天プレミアムカードはビザブランド、リクルートカードプラスはJCBブランドです。

SIMは制限エリア外の外にあるViettelを購入。

外へ出るとタクシーの予約とSIM売り場が沢山あります。ただし両替商がないので日本円を両替する必要のある方はまた制限エリア外に入って両替してください。

こんな感じに並んでいます。

5.5oGB上限の135000ドン(675円)安いですね。

しかしアマゾンで購入するともっと安いので日本から行く人は事前に購入するのもいいと思います。

ネット速度自体は問題ないのですが初日と二日目はなぜかSBI証券とアゴダに接続がうまくできない。アゴダに関しては全く接続できない問題が・・・

通信業者に問題があるのかもと思いましたが三日目からは問題なく接続できました・・なぜ?

通信速度も初日・二日目よりサクサクしています。まぁ新規で接続に問題があったのだけかもしれません。

空港のwifiは問題なく使えました。

エアポートバスに乗り市内へ

外に出ると右側手前にバス停があります。近くで目視できます。

タクシーなどビンボーのノマドにとっては高級車なので利用しません。

109番のバスが止まっていたのでチケットを購入2万ドン(100円)

出発をしたのですが乗客は運転手と切符売りのお兄さんと私の三人・・つまり客は私一人。

結局デタム通りで降りたのですが誰も乗ることはありませんでした。

時間にして30分ぐらいだと思います。

チェンマイのエアポートバスも客が少なかったのですが空港でバスに乗る人は少ないのでしょうか?

降りた場所はこの辺です。

まとめ

タンソンニャット国際空港に着いてやるべきこと・やってことについて記事にしました。

最近はATMのキャッシングがとても便利で現金不要説もありますが(そんなのないかな?)

今回のようにATMで認識してくれないこともありますので事前にある程度現金は持って行く方がいいですね。

私は今回余裕かましてバーツしか持って行きませんでした・・・

もしATMでキャッシングができないとなると少し困ったことになるところでした。結果的にキャッシングができましたが注意した方がいいですね。

AシティバンクのATMが一番わかりやすいところにあり便利だと思います。制限エリア外の外に出る前にキャッシングした方が手間暇考えると簡単ですね。

それでは!

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

海外セミリタイア生活費

海外セミセミリタイア投資部

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3