【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

台中から台東への行き方。台湾・台東駅が無茶苦茶便利で綺麗になっていた!

[記事公開日]2019/08/13

台中から台東への行き方。台湾・台東駅が無茶苦茶便利で綺麗になっていた!

8月5日から一泊ですが台湾・台東へ気球を見に行きました。

今回、驚いたのは二年ほど前まで何もなかった台東駅がとても綺麗になって便利になっていたことです。

何もなかった時はバス停もなくて(あったのかもしれないが)とても不便な駅でした、それが見違えるようになっていたので紹介します。

それではどうぞ

台中から台東へ台湾鉄道の旅

今回は鉄道で台東へ行きました。

台湾人の家族と一緒に行ったので台中の隣町「彰化」で落ち合う約束をする。

しかしここでトラブル・・・

私は明らかに間に合わないと思っていたのですが、相方は大丈夫・大丈夫と言ってギリギリの時間に出発

台中から彰化行きの電車に間に合わなくて遅刻っw

彰化からの自強號(特急列車)に間に合わないというアホなことをやってしまう。

他の人は時間通り彰化から乗ったとのことで、台中新幹線で高雄・左営まで行って特急に追いついて乗るという強硬手段をやるw

新幹線代の無駄になります。

台中から高雄までの新幹線代765元2677円

台中から台東までの自強號 47元+767元=814元2849円

帰りは莒光號で帰る料金610元+47元=657元2300円

莒光號は日本でいう準急列車になると思うのですが、どちらかというと台湾を一周する旅鉄道って感じで旅鉄向きで楽しいと思います。台湾を一周する長距離路線列車です。

台中から台東までの料金

自強號  814元 2849円

莒光號  657元 2300円

乗っている時間は自強號で5時間、莒光號で6時間ほどです。

高雄から台東は山が多くトンネルばかりなのが少し残念。その後は台湾東部の海岸線がずっと続きます。

台東駅に到着

流石に夏休みだけあって観光シーズンでここで降りる人が沢山います。

台東駅が様変わりしていた!

実は台東を訪れるのは今回で3回目なのですが、一番驚いたのは

駅前が整備されて大変便利になっていたこと

過去二回は駅を降りると本当に何もなくてどうしていいのやら困るほどでした。

それがバス停。コンビニ。飲食店・お土産やさんと新しくオープンしていて便利になっていました。

OKマートとセブンイレブンがある。

オープンカフェやお土産やさん弁当屋さんなどが沢山あり駅前が綺麗になっていました。

観光センターも出来ていたので、ここで観光情報を聞くのもいいと思います。

駅入口も心なし豪華になっています。前は本当に寂れた感じがしました。

駅前にバスターミナル

外国人旅行者泣かせだったのが台東駅は市内から少し離れているところにあるのに移動手段がほとんどなかったことです。

しかし今回バスターミナルが出来ていて市内移動が本当に便利になっていました。

これは嬉しいです。

一番プラットホームは市内巡回バスとなっています。

二番は台東飛行場行き

三番ホームは気球飛んでいる鹿野高台までバスが出ています。このバスは台東市内の有名な観光地を巡回してくれるので本当に便利な線だと思います。

台中でもこういう観光地を回るバスが出ればいいのにって思う。

4番も市内巡航バス

6番はよくわからないのですが市内郊外まで行くバスかな。

夏限定で鹿野高台行きシャトルバスも出ていました。台東から75元です。

こんな感じで市内を巡回するバスが出ているので本当に便利になりました。

今回は車を借りたので全く利用をしなかったのですが、次回からは利用しようと思いマウs。

台東は台東駅から台東市内にある旧台東駅「台東轉運站」までちょっと距離があって不便だったのですが、これでほぼ解消されました。

まとめ

今回一番驚いたのが台東駅が綺麗になって便利になったことだったりします(笑)

逆にいうと今まで本当に不便な駅でした。見所の多い街で街中ものんびりしていて良い街だったのですが移動が不便で残念に思っていたところ今回の駅前大改装で不便がほぼ解消された形になりました。

これで台東観光も簡単になりますね。

関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3