【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

【港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)】深セン・羅湖(ローフー)からバスでマカオへの行き方の紹介

[記事公開日]2019/06/14
[最終更新日]2019/06/13

【港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)】深セン・羅湖(ローフー)からバスでマカオへの行き方の紹介

2018年10月23日に香港〜マカオを結ぶ、全長55㎞の世界最大の海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」が開通しました。

今回、香港へ行ってやってみたいことにこの橋をバスを使って渡ってみることでした。

深センからマカオまでバス・地下鉄を使って橋を渡って来ました。

今回は深セン・羅湖(ローフー)からマカオへの行き方の紹介です。

それではどうぞ。

深セン・羅湖(ローフー)からバスでマカオへの行き方

深セン・羅湖(ローフー)からマカオまでの料金

区間交通機関料金
羅湖-上水MTR24香港ドル
(336円)
上水-香港国際空港バス30.9香港ドル
(430円)
香港国際空港-香港口岸バス6香港ドル
(84円)
香港口岸-澳門口岸バス65香港ドル
(900円)
澳門口岸-フェリーターミナルバス無料
合計125.9香港ドル
(1750円)

地下鉄一回、バス4回、と合計5回乗り換える結構シンドイ旅です(笑)

料金は日本円で1700円ほど時間は迷わずに行けば二時間半ぐらいでマカオへ行けると思います。

深セン・羅湖(ローフー)から香港・上水へ

深セン・羅湖(ローフー)駅から歩いて国境を超えます。

川を渡ると香港。

入国手続きは中国側は入国時に書いた出国カード、香港へ入国するには入国カードを書かなくてはなりません。

これ面倒ですよね。

香港側へ入ったらそのまま地下鉄に乗って次の駅「上水」へ

料金は24香港ドル(330円)ほどです。1香港ドル14円で計算。

香港の地下鉄料金は安いのですが、この一駅だけ以上に高いですねw

上水駅から香港国際空港へ

上水駅で降りたら三番出口を出ます。

上水駅・三番出口の場所

地下鉄上水駅・三番出口

Bと書いたバスの停留所があります。その周辺には出店がいくつかあります。この辺には露天のSIM売り場などもあります・・正直あまり安くないですが。

B停留所が目印です。

現在地の確認。

香港国際空港行きのバスは「A43」と「A43P」です。

実際にバスが止まる場所はここから10mほど先にあります。

人が沢山並んでいると思うので、そこがバスが止まる場所です。

ちょっと歩くとA43の停留所があります。

バスの運賃は30.9香港ドル(430円ほど)お釣りま出ません。

小銭を持っていない若い人が二人で100香港ドル払っていました。それでもお釣りをくれないのですから、ちょっと酷いなぁw香港ではオクトパスカードを絶対に利用しましょうね!

乗車率はほぼ100%でした。

上水から香港国際空港までは地図を見ると結構遠いのですが、すぐに高速に入るので結構速く到着します。

50分ぐらいで着きました。空港から重慶大廈までより速いですね。

空港から香港口岸(Hong Kong Port)へ

バスはターミナル1、次にターミナル2と止まるのですが、ターミナル1で降ります。

そのまま歩いて香港国際空港のバスターミナルへ行きます。

香港口岸(Hong Kong Port)行きのバスはB4バスです。

バスターミナルに大きなバスの行き先表があるので右側にある小さな横断歩道を渡ったらすぐに右へ行きます。

この標識すぐにある横断歩道を渡る。

すぐ右に曲がって歩いていくとバス停があります。

24時間運行でバス賃は6香港ドルです。

この香港口岸(Hong Kong Port)ですが空港から地図を見るとすぐなのですが、工事をしていてぐるぐる回っていくので結構時間がかかります15分ぐらいかなぁ〜。

正直、この路線は無料シャトルバスにして欲しいですね(笑)

香港口岸(Hong Kong Port)の場所

港珠澳大橋を渡る

やっと目的地に着きました。香港口岸から澳門口岸へ橋を渡って行きます。

建物はただ・ただデカイ!それだけです。

建物に入るとすぐに出国手続きをします。お店も何もない本当に殺風景なところです。

香港側は自動出国になっていてすぐに抜けることができます。

出国手続きが終わり制限エリアに入ると切符を購入できます。

簡単な免税店とコンビニがあるだけです。

オクトバスカードと中国のORコードで切符が購入できる自販機。クレジットカードはダメなようでした。

私はオクトバスカードのチャージ料が足りなかったので普通の切符売り場で購入しました。

切符の料金は65香港ドル900円ほどです。

建物は巨大ですが利用している人が少ないのでガラガラですね。

切符を持って建物を出るとバス停があります。

建物を出て切符を切ってからバスに乗ります。

やっと目的のバスです。

乗客率は60%ぐらいでそれほど混んでいません。

港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)を渡る

世界最大の海上橋を渡ります。

一部トンネルがあります。

・・・と言ってもバスなのでこんなもんかって感じです(笑)

50分ぐらいでマカオに到着。

そのまま入国手続きをします。マカオは入国カードがないのでパスポートを見せるだけいいです。

マカオ側の建物を出ると左側にマカオ市内行きのバス。まっすぐ行くとフェリーターミナル行きの無料のシャトルバスが出ています。

市内行きのバス

建物を出てまっすぐ行くと無料のシャトルバスのバス停があります。

無料のシャトルバスに乗ってフェリーターミナルまで行く

普通のバスです。

まとめ

バスを使って香港からマカオへ渡った感想ですが、橋が開通したと聞いた時、これはフェリーがなくなるのでは?

と簡単に考えていたのですが実際使ってみると物凄く面倒ですね。

香港市内から橋まで行くのに時間がかかります。結局香港国際空港まで行かなくてはならないのですから。

ただし香港国際空港から直接マカオへ行く方や船酔いになりやすい方はバスの方がいいと思います。

今回は深センから地下鉄・バスを使ってマカオへ行く方法ですが、最安値で行ける方法なので時間と体力のある人は挑戦して下さい。

私はもういいかな(笑)

フェリーの料金

  • 蛇口ーマカオ 250香港ドル(3500円)
  • 九龍ーマカオ    160香港ドル(2200円)
  • 香港ーマカオ 160香港ドル(2200円)

香港市内中心部のフェリーからだと160香港ドル、市内からバスで行くとA21バス33香港ドルなので合計104香港ドルになりバスの方が安いですね。

また香港市内から「one bus」という直接バスが出ているようなので、乗り換えが面倒な方はこれを利用してもいいかもしれません。

料金はフェリーと同じ160香港ドルです。

関連記事&スポンサーリンク



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3