【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

【公営彩券】台湾で一番高額な2000元(7200円)宝くじを購入したので遊び方を紹介します。

[記事公開日]2019/02/05
[最終更新日]2019/02/08

【公営彩券】台湾で一番高額な2000元(7200円)宝くじを購入したので遊び方を紹介します。

旧正月に台湾人が必ず行う運試し、それが台湾クジで一番有名なスクラッチ宝くじ。

最近、私はやたらとくじ運が上向いているのでこれは購入するしかないだろうと思い

100元のくじで500元の当たり!

レシートクジは二枚当たり400元

なんと昨日は!!300元のクジで7500元の大当たり!!!!!

これは宝くじの確変状態きているだろうってことで

今回は最高高額の一枚2000元7400円相当のスクラッチ宝くじ

2000元とか、どんだけラグジュアリーなニートだよw


「2000萬超級紅包」を購入したのでその結果を報告したいと思います。

一等の奨金額2000万元(7200万円)!

それではどうぞ。

2000萬超級紅包の遊び方と確率の紹介

確率と期待値

 当選金枚数大当たり確率賞金総額
一等2000万元3枚0.000075%
(10万分の7.5)
6000万元
二等
200万元+ベンツ
(ベンツは158万元相当)358万元
5枚0.000125%1790万元
三等100万元300枚0.0075%3億元
四等10万元3120枚0.078%3億1200元
五等3万元1600枚0.04%4800万元
六等1万元22160枚0.554%2億2160万元
七等5000元38万5520枚9.64%19億2760万円
八等2000元76万400枚19%15億2080万元
九等1000元160万枚40%16億円
合計277万3108枚
68.83%
(外れ確率31.17%)
60億79万元
(期待値75%)

発売期間 2019/1/03〜2019/7/03まで
価格 一枚2000元(日本円で7400円)
当たりくじの交換終了日 2019/10/03

大当たり確率の還元率を計算したのですが還元率は75%。

つまり100円のクジを購入すると75円返ってくる計算になります。

総枚数が399万9744枚で一枚2000元 総売り上げが79億9948.8万元

還元総額がおよそ60億元

80億元の売り上げに対して60億元の還元になります。

日本の宝くじが50%と言われているので良心的ですね。

・・・と台湾アゲしようと思っていたのですが・・・

台湾は宝くじの当選金にも課税されるようで私はどのくらいかよくわからなかったのですが、今回7500元が当たり現金と交換するために店へ行く税率がわかりました。

2500元以上から課税されて受け取り金額は

当選額×0.796

つまり20.4%の課税です。

課税後の期待値は

課税後の期待値の計算ですが2000元以上の当選金に一律20.6%の課税となります。

課税対象枚数は41万2708枚・金額は28億8710万元

これに20.6%の税金がかかるので実際の当選額は

実際の配当も75%ではなく2000元以上から20.6%の税金が取られますから期待をもう少し良くなります。

75%×0.796=59.7%となり22億9813.16元

2000元以下の当選額が31億2080元で合計が54億1893.16元となり、税払い後の期待値が

67.74%となります。

日本の宝くじよりは良心的ですね。

最初は一律に課税をしていましたが2000元以下は課税がないので正確に計算をしました。

当選金の受け取りはいくらまで店で可能なのか確認しなかったのですが、多分5万元まで可能だと思います。

それ以上は中国信託銀行などの指定銀行で交換。

当選金の受け取り方法

お店での現金受け取りは特に身分証も必要なく当たりくじを渡すだけでした。

2000元以下はどののお店でもお金を受け取れますが、2000元以上は購入したお店のみとのこと。

2000元は一回のあたりでの金額で少額金額の合計で2000元以上の時(100元当たり20枚など)は税金がかかりません。また購入した店以外で換金可能です。

スクラッチくじの特徴

高額当選確率より100元や1000元などの低額の当たりの確率が高い(2000元クジは理論上三枚に二枚は当たり)ので、とにかく当たりを楽しみたい人に向いていますね。

これ以外に色々なスクラッチがあるのですが500元のクジは100%必ず当たるクジとなっています。(ほとんど100元になります。なら一枚400元で売ればいいだろうと思いますが縁起物なんでしょうね)

スクラッチくじの数は正確には16種類になります。

全く当たらないのだけは避けないですね(笑)

それでは遊び方と結果をどうぞ

台湾スクラッチクジの遊び方

知っていると楽しくなる中国語の紹介

その前に知っていると台湾クジがより楽しくなる中国語を紹介します。

  • 彩券  宝くじ
  • 刮刮樂 スクラッチ宝くじ
  • 中獎  当たり
  • 頭獎    一等賞
  • 二獎  二等賞
  • 三獎    三等賞

この辺を知っているとなんとなくお店の雰囲気がわかると思います。

平日はあまりお客さんがいない台湾の街中にたくさんある宝くじ売り場ですが、年末年始は人で溢れかえる店があります。

お店でクジを選ぶお客さん

クジは100元〜2000元まで16種類ぐらいあります。(2019年2月現在)

公式サイトなのですが時期的なのか恐ろしく重たいサイトなので注意してくだい。

2000萬超級紅包の遊び方

擦るところは全部で8ヶ所。

遊び方はクジの裏側に書いてありますが、当然ですが中国語です。

簡単に遊び方を説明していくので多分、これだけ知っていれば他のクジでも大丈夫だと思います。

一つ目

これは書いてある現金がそのまま当たりとなります。

いくらかな?

0と出たので外れです。

次は同じ金額が出ればその金額が当たりです。

これは200元が出たので200元の当たり

このクジの最低大当たり金額は1000元なのでこの時点で1000元確定。反対に高額の大当たりは絶対にないというつまらない展開にw

3つ目は「幸運號碼」と書かれているところにある数字と「您的號碼」と書かれている数字が合えばその数字に書かれている金額が当たり。

今回は「18」と「19」です。

はい!外れですね。

これも3つ目と同じです。11と12が出ればあたりです。

はい!外れ!!!!

5つ目は最初と同様に出たお金が当たり。

ちなみに中華圏では今年はイノシシではなくブタ年になります。

また外れ!

6つ目は同じ数字が3つ出れば当たり。7つ目は金額が出ればそれがあたりです。

200元が3つ出たので200元の当たり。600元ではないです。

7つ目は200元が出たので200元のあたりです。

最後は左側の列の数字が右側の数字より大きければあたりです。

左の自分の数字と当選額をまずは確認。この数字の方が大きければあたりです。

52>50ということで200元の当たり

合計1000元の当たりとなりました。

2000元で購入して1000元戻るので-1000元3600円の赤字です。

もし当たりかよくわからなくても・・

実はお店にくじを持っていくとバーコードの部分を当てて当たりか確認してくれます。

当選しているのか外れているのか自信がない場合はお店に持っていくと確認してくれます。

まとめ 100元から楽しめる台湾宝くじ

スクラッチクジは100元からありますから、台湾の下町の雰囲気を感じる観光地にない台湾の楽しみかたとしても面白いと思います(笑)

今年は7500元当たり無駄に色々なクジを購入して台湾クジに詳しくなってしまいました。

台湾では地元の人気ユーチューバーが52万元(180万円)以上箱買いして動画で紹介していることが話題になって人気が盛り返しているようですね。

私も日本で唯一の台湾宝くじユーチューバーとしてデビューしようかしら(笑)

また、今回くじ運が良くて・・・・それとも台湾のスクラッチクジの期待値がそれほど悪くないのか大勝ちもしないですが大損をしないで色々なくじを購入しました。

次回はオススメのくじの紹介をしたいと思います。

それでは!

関連記事&スポンサーリンク



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3