【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

台湾鉄道(台鐵)駅構内にあるチケット自販機で電車のチケットの購入方法を紹介と鉄道に乗る時の注意点を紹介します。

[記事公開日]2018/12/19

台湾鉄道(台鐵)駅構内にあるチケット自販機で電車のチケットの購入方法を紹介と鉄道に乗る時の注意点を紹介します。

台湾の電車、通称「台鐵」は国鉄になるのですが、台湾の主要都市に全て止まり台湾をぐるっと一周しているので台湾観光にとても便利です。

チケットは窓口で購入するのが簡単なのですが、自販機でも購入可能です。

今回はチケット販売機でも購入方法と電車に乗る時の注意点を紹介しますので旅の参考になれば幸いです。

それではどうぞ

台湾鉄道のチケット購入方法

台鐵のチケットの購入方法は当日購入する方法とネットやコンビニで予約購入する方法があります。

今回は自販機での購入方法を紹介します。

「購買當日票」「購買車票」「訂票取票」の3つの選択ボタンがあるので「購買當日票」を押します。

3つの違いは

「購買當日票」・・今日乗るチケットを購入する

「購買車票」・・チケットの予約購入

「訂票取票」・・ネットで予約したチケットの購入

行き先を選びます。

今回は台北から台中に乗るので、最初に「中部」を押して「台中」を選択します。

乗ることが可能な路線が出るので選択してください。

今回は「自強」(急行)19時40分ー21時40分 板橋ー台中 を選びました。

電車の違いは後ほど説明します。

是否購買回程車票という画面が出てきます

「購買去回票」と「購買單程票」の2つの選択画面が出てきます。

購買去回票・・・往復切符

購買單程票・・・片道切符

今回は台中までの片道切符なので「購買單程票」を購入。

チケットの枚数を選ぶ画面が出るので購入枚数の数字を押すます。

成人・・・大人

孩童・・・子供

敬老・・・65歳以上の高齢者

愛心・・・障害者

今回は二枚を購入したので「2」を押します。

右下の「確定」を押します。

「會員購票」と「非會員購票」の選択画面が出来ます。会員ではないので「非會員購票」を選択。

請選擇劃座方式という画面が出てきます。これは座席を選ぶ画面です。

電腦劃位・・・機械が座席を勝手に選ぶ

自己選擇・・・自分が座席を選ぶ

今回は「電腦劃位」を選択しました。

ここで注意点なのですが二つの席がない時は別々の席になるのですが機械が選ぶを選択すると二人の席が物凄く離れて予約されることがあるので注意してください。

夕方などの自強号は結構混んでいるので2列並んで取れることが出来ないことが結構あります。

切符の購入確認画面が出ますので間違っていなければ「確定」を押します。

板橋ー台中まで自強号で一人358元(1300円)ほどです。

請選擇付款方式という画面が出てきます。これは支払い方法の選択です。

現金・・・・現金

信用卡・・クレジットカード

今回は現金を選択しました。

お金を入れると。

左下から切符とお釣りが出てきます。

台湾の鉄道に乗る時の注意点

台湾鉄道の種類は大きく分けて5つあります。

  • 普悠馬(特急)
  • 太魯閣(特急)
  • 自強號(急行)
  • 莒光號(準急)
  • 區間車(普通)

この中で「普悠馬」と「太魯閣」は台湾の西側の都市から東側の都市「花蓮」や「台東」まで行く列車です。

この列車に乗るには特急券が必要になりますので注意してください。

また台湾でも大変人気の路線で予約なしではなかなか乗ることが出来ません。平日なら台北〜花蓮路線などは乗ることは可能ですが、台中〜花蓮や台東など台北以外から出ている電車は本数が少ないので当日ではほぼ乗ることが出来ません。

私は一度は台中〜花蓮に乗ってみたいのですが中々切符が取れないです。

切符を購入しなくても悠遊カードで乗ることが可能

台湾の鉄道は切符を購入しなくても悠遊カードだけで乗ることが可能です。

乗り方はバスや地下鉄と同じです。

ただし料金は70㎞までは區間車(普通)料金ですがそれ以降は自強号と同じ料金になってしまうので注意してください。

料金は

  • 區間車・・・・1㎞ごとに1.46元 
  • 莒光號・・・・1㎞ごとに1.75元
  • 自強號・・・・1㎞ごとに2.27元 

自強号には座席指定券が必要だがなくても乗ることが可能

ここが日本と一番違うところなのですが、自強号は悠遊カードで乗ることが可能で必ずしも自強号の切符を購入しなくてもいい。

また座席指定券を購入しなくても空いている席に勝手に座ってもよいというルールがあります。

ですから座席指定をして自強号の切符を購入して自分の席に他人が乗っていても驚かないでください。

一言言えばすぐにどいてくれます。
(台湾人はこのルールを知っているので特に問題も起きません)

でも日本人が初めてこれに遭遇すると驚くかもしれませんね。

70㎞以下の短距離の場合、悠遊カードで自強号に乗っている人が沢山います。

ただし「普悠馬」と「太魯閣」は特急券が必要なので悠遊カードで乗ることが出来ないので注意してください。

まとめ

値段も安くて乗り心地も悪くなく台湾の主要都市必ず行けるので乗りこなすととても便利なのが台湾鉄道です。

最初は中国語ばかりで迷うかもしれませんが慣れる最高なので台湾の旅の時は是非乗りこなしてくださいね。

それでは!

台湾のホテルが最大75%オフとなっています。

台湾北部    
台湾・宜蘭 台湾・桃園 台湾・台北

 

台湾中部  
台湾・台中 台湾・南投

 

台湾南部    
台湾・台南 台湾・高雄 台湾・墾丁

 

台湾東部  
台湾・花蓮 台湾・台東

 

離島  
台湾・澎湖 台湾・金門

 

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

関連記事&スポンサーリンク



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3