一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。

ベトナムカフェ事情。ベトナムのカフェが予想以上に素晴らしかったのでブイビエン通り周辺を中心に紹介するよ

[記事公開日]2018/09/27

ベトナムカフェ事情。ベトナムのカフェが予想以上に素晴らしかったのでブイビエン通り周辺を中心に紹介するよ

9月25日にホーチミンを出て現在タイ・パタヤに滞在しています。

ホーチミンは一週間ほどの滞在でしたが得るものが多く充実ししていました。

ホーチミンで驚いたのはカフェ文化でしたね。

価格帯の幅が広くて下は一杯35円のコンビニコーヒーから上は750円の高級カフェまでそれぞれ素晴らしかったです。

今回はそんなホーチミンのカフェを紹介したいと思います。

ホーチミンのカフェ事情

ホーチミンのカフェで驚いたことはネットの速度がとにかく早いこと、それと電源がとても充実していることです。

とにかくカフェのwifiが早くて不満に思うことがほぼありませんでした、ここまで速度が早い国は経験をしたことがありません。

泊まった宿のwifiも速かったのでSIMを購入しなくても困らないと思ったほどです。

電源もとても充実しています。通常のカフェはほぼ電源あり、オープンスペースのカフェでも電源があるところが多く、スマホと電源はホーチミンカフェにとって必須という感じでした。

ホーチミンのカフェの紹介

ブイビエン通り周辺のカフェをいくつか紹介します。

コンビニコーヒー

まずはコンビニコーヒー一番小さいので7000ドン35円です。たったの35円

その他の国のコンビニコーヒーの価格は

香港は12香港ドル170円

台湾 35台湾ドル126円

タイ 30バーツ 100円

日本 108円

台湾でよく購入するのですが日本円にすると結構高いです、タイも屋台の甘ったるいタイコーヒー20バーツで飲めるのでコンビニコーヒー高いですね。

街のオープンカフェ

一番安いところで1万ドン50円

ここは1.7万ドン85円 名前は「baka」(笑)

コーヒーと一緒に冷たいお茶が出るのですが嬉しいですね。そして無糖!台湾だと砂糖たっぶりのお茶が出て来て複雑な気持ちになるのですがベトナムは冷たいお茶が出て来て最高ですね。

次は「Enjoy coffee」

ここには三件ほどカフェが並んでいてこっちはちょっと小洒落た感じのカフェで夜になると若者で一杯になります。

ブラック一杯2.1万ドン105円

ここは電源も沢山あるので昼間は長居ができますね。

22時頃のお店・・・若い人で一杯です。

ホーチミンにはこのようなオープンスタイルのカフェが沢山あってちょっと休憩するのに最高な場所です。

値段も一杯100円前後で格安。

場所

SNOB Coffee ←オススメ

私の一押しのカフェ。とにかくネットが早くて不満なし二十四時間営業なのでいつのでも行くことができます。

電源も沢山あり。

ベトナムコーヒー一杯3万ドン150円

値段も手頃なのでベトナムの若者が沢山PC持ってノマドっています。もう世界共通の光景ですね。

韓国系のカフェチェーンらしいのですが私はベトナム滞在中ではここが一番気に入りました。

電源ありネットも早く値段もそこそこと文句のつけようがありません。

場所

Highlands Coffee

ベトナム第二位のカフェチェーンとのこと。

中の写真は撮り忘れたのですがkーヒーが一杯2.9万ドン140円、コーヒゼリーの入ったコーヒースムージが4.9万ドン240円。

ここは場所が良いためなのかいつも混んでいましたね。ただ電源がSNOB Coffeeより少ないんで私はこっちはあまり行かなかったです。人も多く落ち着かないので

場所

Trung Nguyên Legend Café ←オススメ

店の名前がわかりにくいのですが「チュングエンカフェ」と読みます。

ここは伝説の高級豆、ジャコウネコのフンから作ったコーヒー豆「コピ・ルアク」が格安で飲めるところで有名なコーヒーチェーンです。ベトナム第一位らしいのですが価格帯は日本の喫茶店並の値段です。

コピ・ルアクのコーヒーは一杯15万ドン750円!

このようにドリップの最中の物を持って来てくれるのですが、終わるまでに10分ぐらいかかります。

量はこれだけです。これで飲むととても濃厚なのですが苦味がほとんどありません。

アイスコーヒーにして飲みました。

コーヒー独特の苦味や酸味がほとんどない独特の味でした。日本ではとても高いコーヒーなのでコーヒー好きな方はベトナムに来た際には是非訪れてみてください。

豆も売っていますが一つ100万ドン5000円となかなかの値段。ただコーヒー好きな方へのお土産には絶対喜ばれますね。

店内もゆったりしていて素晴らしい

お店は三階建なのですが部屋がゆったりしていてとても綺麗です。もうほとんどPC持参の方ばかりでした。

後日本人も沢山いました。値段も現地価格では少し高いので外国人が多いお店です。

通常のコーヒーは3万ドンとツイートしましたが間違いです。一番安いコーヒーで5,4万ドン。

アメリカンで6.3万ドン315円ですから日本の喫茶店とほぼ同じです。

ただしベトナムのスタバよりは安いので私なら絶対にこっちに行きますね。

素晴らしい設備だと思います!ネットももちろん早くて不満はありません。

ベトナムカフェ素晴らしい。

場所

地図の場所が違っています。向かい側になりますので注意してください。行けばわかると思います。

まとめ

以上ブイビエン周辺を中心とした私が行ってみて良かったカフェをざっと紹介しました。

ベトナムのカフェは

安いところから高いところまで幅広い価格帯がありそれぞれ良さがある。

カフェのネット速度がとても早く手不満に思うことが全くありませんでした、たまたまかもしれませんがここまで速いと思ったのはベトナムだけです。

注意点としては

安い安いと言って毎日飲んでいるちりつもとなって結構お金がかかるので注意してください。

これはパタヤのソンテウと一緒ですねw

それでは

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

関連記事&スポンサーリンク

海外セミリタイア生活費

海外セミセミリタイア投資部

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3