CubのFIREmini生活

台湾FIRE情報サイト。低コストで海外生活が可能になる海外FIREmini生活情報を発信しています

【資産運用】【ETF】欧州株式の利回りが上昇して魅力が出てきた?

[記事公開日]2022/07/10
[最終更新日]2022/07/09

【資産運用】【ETF】欧州株式の利回りが上昇して魅力が出てきた?

米国と日本株にばかり注目していますが、ずるずると下げている欧州株の利回りが上がってきました。

バリュー株の代表となった欧州株についてです。

世界に割安株が増えてきた

今年は世界中の株式が調整していますが、割安株が増えてきている気がします。

そんな中、予想外に配当利回りが高い国があります。

それが・・・・欧州株です。

欧州株ETFの利回りが4 %

欧州株インデックスETFでさえ4 %超えてきています。

ティッカー商品名利回り
VGKバンガード FTSE ヨーロッパ ETF4.39 %
FEZSPDR ユーロ ストックス50 ETF4.45 %
IEViシェアーズ ヨーロッパ ETF4.42 %
EWGiシェアーズ MSCI ドイツ ETF4.89 %
DFEウィズダムツリー欧州小型株配当ファンド5.44 %

インデックス指数投資で4 %越えがゴロゴロあります。

ドイツの株式利回りが5 %に接近。完全に景気後退を織り込んでいますね。

SBI証券に欧州のメイン市場であるイギリスのETFがないのが残念。

・・・というかなぜか欧州の国別ETFってほとんどないですね、人気がないのでしょうか。

欧州株がいかに安いかわかりますね。

割安か業績悪化の前触れか

ただし、注意点があります。

景気後退が起こるとその前に株式市場が大きく下落します。

実体経済が悪くなく株価が下がると割安感が一見あるように感じますが、その後実体経済が悪化して業績も悪化して割安感がなくなる。

この可能性も十分あるので注意が必要です。

米国以外に割安株が溢れている

欧州株に割安感が出てきましたが、今は欧州以外にロシアのせいで新興国株も割安感が出ています。

日本にも個別株で割安な高配当株がたくさんあります。

つまり欧州株だけでなく・日本・新興国株・・・米国以外割安株に溢れています。

まとめ

投資とは

「誰も見向きもしない割安市場にこそチャンスがある」

ウクライナ紛争でメタメタな欧州株に割安感が出てきました。

まだすぐに投資をするつもりはありませんが、今後定期的にチャックしていきたいと思います。

それでは。

 

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 8,872,690 アクセス
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3