旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

花蓮〜恆春 鉄道・バスの旅を紹介します

[記事公開日]2015/12/15
[最終更新日]2016/06/03

花蓮〜恆春 鉄道・バスの旅を紹介します

14日に花蓮を出て、その日のうちに屏東県(へいとうけん)恆春(こうしゅう)に行ったので記事にしておきます

花蓮〜恆春の行き方

前回は台北〜花蓮へと行きました

今回は

鉄道で 花蓮〜枋寮(ぼうりょう)Fāngliáo ファンリャオ 4時間

バスで 枋寮(ぼうりょう)〜恆春(こうしゅう)Héngchūn ハンチュン 1時間

合計5時間ほどの旅となりました

鉄道 花蓮〜枋寮

今回は特急、自強号でなく、準急の莒光号(きょこうごう)で行きました

値段は434元(およそ1,650円)1元=3.8円で計算

台湾の鉄道の不思議なところなのですが、準急が時間帯によって特急と同じ時間だったり早かったします

今回は特急とほぼ同じ時間の4時間

車内の座席などもほぼ同じで取れるなら莒光号(きょこうごう)で十分じゃないかと思いました

車内は花蓮〜台東までおよそ2時間半でガラガラ

IMG_2393

台東で沢山の乗客が乗りほぼ満席になりました 台東〜枋寮まで1時間半

私は直前まで大して調べていなくて台湾の鉄道は台湾をぐるりと一周するのかと思い

鉄道で墾丁まで行けるものだと勘違いしていなのですが

墾丁でなく途中で西側へいくつものトンネルを抜け枋寮という町でバスで乗り換えなくてはならないことを今回初めてしりました

台湾_-_Google_マップ

枋寮駅から恆春行きのバスの乗り方

恆春行きのバスが分かりにくかったので紹介しておきます

枋寮駅を降りて、駅を背にして広場の前の道を真っ直ぐ進む

IMG_2401

最初の交差点の左側にあるセブンイレブンの隣が切符売り場になります

IMG_2402

IMG_2403

恆春までのバスの料金は144元(およそ550円)

IMG_2407

バス停はここではなく、切符売り場を背にして左側を少し進み道路の反対側になります

IMG_2405

IMG_2406

バス会社のスタップが立っています この時のスタップは少し日本語が話せました

所有時間は1時間強です

スムーズに行けば待ち時間含めて6時間ぐらいでいけます

恆春の町は花蓮より更に小さいですね

墾丁までは1時間半ぐらいで行けると思います

台湾最南端のリゾート地への到着です

今回はここに一週間ほど滞在しようかと考えています

日本人のほとんどこないこの町へ旅してはいかがでしょうか

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3