一歩先を行く「月5万円海外生活」の話

月5万円で海外セミリタイアしています。底辺セミリタイア普及ブログ

台湾から最も気軽に行ける国・・・それは「ベトナム」次の旅の計画の紹介。

[記事公開日]2018/08/03

台湾から最も気軽に行ける国・・・それは「ベトナム」次の旅の計画の紹介。

日本から最も気軽に行ける国「台湾」

それでは台湾から最も気軽に行ける国はどこでしょうか?

日本?

はい、日本は台湾人が最も気軽に行く国ですが、個人的には台湾から最も気軽に行ける国はベトナムだと思っています。

次回の外こもりの旅は台湾から最も気軽に行ける国「ベトナム」を中心に行ってきます。

それではどうぞ

なぜベトナムが台湾から最も気軽に行ける国なのか?

大きな理由はこれです。

  • 台湾の主要都市にある国際空港からLCCが発着しているから。

日本便は台北の桃園国際空港から沢山の便が発着しているのですがLCC便は桃園国際空港と高雄国際空港しかありません。

それがベトナム便は四都市から発着しています。

ベトジェットエアが飛んでいる空港

空港名都市名
桃園国際空港・ハノイ
・ダナン
・ホーチミン
台中国際空港・ハノイ
・ホーチミン
台南空港・ホーチミン
高雄国際空港・ハノイ
・ホーチミン

それにしてもベトジェットの快進撃は凄いですね。台中もホーチミン便だけだったのがいつの間にかハノイ便もあるという仕事の速さ。それにしても日本と台湾間はベトナム以上に人の行き来があると思うのですが、なぜLCC便が桃園と高雄しかないのでしょうか?謎です。

こんな感じなので台湾ーベトナム間を台中から片道切符を購入して帰りはハノイから高雄に戻るなんてこともできます。

台湾〜ベトナム

  • 台中〜ホーチミン
  • ハノイ〜高雄

台湾旅行をする方で時間の余裕のある方はベトナムとセットで行くとより充実して楽しめるかも。

ベトジェットの値段を往復で15,000円前後、時間が3時間半ほどとお手頃です。

次の旅はベトナムに決定

次回の旅は9月の予定です。チケットも購入済みです。

9月18日 台中〜ホーチミン ベトジェット 6290円
10月4日 バンコク〜台北 ノックスクート 8024円

 

合計17日間の旅です。チケット代14,314円

2016年にダナン・ホイアンへ行ったことがあるのですがホーチミンは初です。

ホーチミン〜バンコクへ行くチケット等はまだ購入していないのでカンボジア・シェリムアップへ行ってからバンコクへ行くかもしれません。まだ検討中。

今回の旅は二週間ほどでちょっと短いのでゆっくりできないかもしれないですね。

ベトナムで行く予定の場所

ベトナムではホーチミン中心に滞在しますが、ホーチミンから近くにあるブンタウ・ビーチへも行ってみる予定です。

ニャチャンとハノイはまた次の機会に。

ホーチミンとブンタウビーチはローコストセミリタイアに向いているか調査してきます。

前回の旅、マカオ・珠海〜チェンマイ〜パタヤはお金を使い過ぎたので今回は気を引き締めていきます。

予定はチケット代含めて5万円ぐらいで旅をしてきます。

月5万円海外生活のホーチミン版・ブンタウ版をお楽しみに。

まとめ ベトナムも楽しみ!

ベトナムも評判がいいので楽しみなんですよね。あっでもパタヤへも今回も行きますけどね。

ベトナムが海外セミリタイアとして向いていたらタイより行きやすいしビザも取りやすいとの話もあるのでベトナムを拠点ににしてもいいと考えています。

タイとベトナムを東南アジアの2拠点にするのも悪くないですしね。

それではまた。

 

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

関連記事&スポンサーリンク

海外セミセミリタイア投資部

オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3