旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

SBI証券で毎営業日積立開始。投資環境がドンドン便利で使いやすくなっていきます。

[記事公開日]2017/10/10

SBI証券で毎営業日積立開始。投資環境がドンドン便利で使いやすくなっていきます。

SBI証券が10月7日より毎日積立の設定が可能になりました。

今日から営業日が開始なので本格的な積立は今日からとなります。

投資信託の手数料が今年に入って劇的に安くなっているだけでなく、ネット証券の利便性もドンドン上がりとても使いやすくなっています。

ネット証券は現代のインフラ、使わない手はありませんね。

それではどうぞ。

SBI証券、毎日積立開始

全ての投資信託ではなく、つみたてNISAに対応した商品のみのようです。

私の間違いだったようです。金額買付可能な投資信託は可能のようです。

野村つみたて外国株投信の購入画面に入ると次のように細かく設定ができるようになっています。

積立方法は次の5つ

  • 毎日(毎営業日)積立
  • 毎週積立(好きな曜日に設定可能)
  • 毎月積立(好きな日に設定可能)
  • 複数日積立(好きな日を複数選択可能)
  • 隔月積立(隔月に積立をすることも可能)

このようにかなり細かく積立設定をすることも可能になります。

注目は何と言っても・・毎営業日積立。

土日祝日以外の営業日に積み立てが可能ということなので、月22回ほど積立が可能になります。

毎営業日1,000円積立て月22,000円など。

つみたてNISAの年間投資額が40万円なので、年間264日、営業日があるとすれば一日あたり1,500円ほどになります。

毎日1,500円、つみたてNISAで投資をすることも可能です。

実際の過去のデータでは積立を毎月にしても毎週にしてもリターンは大きく変わらないと言われていますが、面白いいサービスだと思います。

来年からつみたてNISAへの投資を開始したら毎日積立サービスを利用したいと思います。

ここまで細かく積立設定ができるのはSBI証券だけ!

最近、サービス拡充で業界をリードしている楽天証券でも、まだ毎日積立には対応していないようです。

(いずれ始めるとは思いますが)

松井証券が頑張っているようですが、魅力的な投資信託がSBI証券に及ばないのが残念。

NISA枠ギリギリ注文も可能

つみたてNISAの問題点は年間投資額40万円が12ヶ月で割れない(笑)

一ヶ月33,333.3333・・・円となってしまう。

でも、大丈夫!

SBI証券なら毎月の積立を35,000円に設定すると最終月(12月)の残りの枠が15,000円しかありません

35,000円×11ヶ月=385,000円

400,000円-38,500円=15,000円

今までなら枠不足で積立ができなかったのですが、このNISA枠ギリギリ注文なら毎月35,000円の積立設定をしていても最終月は15,000円だけ注文ができるようになります。

これは何気に便利なサービスです。

まとま

このようにネット証券は投資信託の手数料に値下げだけでなく、様々なサービスを開始して利便性が格段にアップしています。

これはユーザー、投資家にとってありがたいことです。

日本の証券界がネット証券から徐々に本当に投資家目線にたった営業を初めている証拠だと思います。

利用しない手はありませんよ。

ネット証券会の大手2社は必ず口座を開設しましょう。

資産運用を有利に進める上でなくてはならない道具です。

関連記事&スポンサーリンク

2018年海外生活

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3