CubのFIREmini生活

低コストで海外生活が可能になるFIREmini生活情報を発信しています

購入した高配当株式の紹介と配当収入30万円への道

[記事公開日]2020/04/12

購入した高配当株式の紹介と配当収入30万円への道

3月・4月の株式市場急落時にいくつかの個別株とETFを購入しました。

将来の配当収入を得る為です。

ここのところ市場が急上昇しているので、この辺で新規投資は一服です。

株式市場が荒れているので日頃は放置状態の投資ですが今は大忙しです

それではどうぞ。

配当が出る商品

4月12日現在配当が出る金融商品を全て紹介します。

個別株

証券番号銘柄枚数現在価格評価損配当(予定)
2121ミクシィ100169,50012,00011,000
2341アルバイトタイム10012,700-6,700700
2674ハードオフ10067,7008,4004,000
3376オンリー200122,600-2,4007,000
6238フリュー10082,1002,1004,000
6257藤商事200131,000-17,60010,000
8133エネクス10083,8004,6004,200
8306三菱UFJ400170,400-2,80010,000
9932杉本商事100172,40032,5008,000
合計1,012,20030,10058,900

個別株は100万円ほど投資をしています。すでに投資予定の上限100万円に達しています。

まだ購入したい銘柄が沢山あるのですが、ここで一体停止をします。

タバコ株

証券番号銘柄枚数現在価格評価損配当
2914JT100199,0007,10015,400
BTIブリティッシュ アメリカン タバコ35142,73328,0159,835
MOアルトリア グループ43190,79524,43815,603
PMフィリップ モリス インターナショナル973,54216,6434,548
合計606,07076,19645,386(7.5%)

タバコ株は今回のショックの中で特にネガティブニュースが流れることによって大幅に暴落をしました。

利回り8%を突破したら購入しようと考えていましたが、この水準へまさか落ちてこないだろうと思っていたのですが、続々と購入ラインに刺さる刺さる。

特にアルトリアは利回り10%まで株価が落ち込むという水準まで来ました。

今のところ株価は落ち着いていますが・・・タバコ株もついに減配来るか・・・どうなることか。

フィリップモリスが一番高くて8%の利回りに一瞬到着しただけであまり購入出来ませんでした。

・・・次回チャンスがあれば追加投資したいのですが、流石にあの水準まで落ちることはそうそうないかもしれません。

タバコ株は良い水準で購入出来たと思っています。

米国ETFは1ドル108円で計算しています。

高配当株ETF

証券番号銘柄枚数現在価格評価損益配当
1489日経高配当株5013344,370-4,78417,043
1577高配当7010176,00019,0407,840
DFEウィズダムツリー欧州小型株配当ファンド27128,87914,7896,458
DGSウィズダムツリー新興国小型株配当ファンド2386,4372,9934,687
VYMバンガード 米国高配当株式ETF866,8897,1932,419
合計802,57539,23138,447(4.8%)

普段は3%台がほとんどな高配当ETFも利回り5%ラインを突破していきました。

追加でチマチマ購入していったのですが、この辺で一服です。

エネルギー株

証券番号銘柄枚数現在価格評価損益配当
IXCiシェアーズ グローバル エネルギー ETF5501,114,914-654,99059,400(5.3%)

石油価格の暴落で一時期-100万円を突破したエネルギー株ETF。

ここのところ石油価格が戻ってきているので含み損が減っていますが、不況で需要も減るだろうから、ここからどうなるかは未知数です。

不況で中小のエネルギー企業が倒産・縮小して大手のエネルギー企業は生き残ると考えているので、このまま所有していきます。

その他

上記の分野以外で配当の出る商品群です。

証券番号銘柄枚数現在価格評価損益配当
1306TOPIX600901,800399,60019,980
EWSiシェアーズMSCIシンガポールETF3567,9503504,168
EZAiシェアーズ MSCI 南アフリカ ETF2169,377-1,2304,363
ILFiシェアーズ ラテンアメリカ 40 ETF3369,9372,5773,736
EDVバンガード 超長期米国債 ETF631,150,742305,36622,464
合計2,259,806706,66354,711(2.4%)

TOPIX・ETFは10年ぐらい放置している銘柄・・正確に話すと上昇したときにチマチマ売ってきたので最盛期の三分の一ぐらいに減っています。しかし今回の暴落で100株ほど久しぶりに購入しました。

シンガポール・南アフリカ・ラテンアメリカと国別ETFを少し購入。インドネシア・マレーシア・タイ・フィリピンなども暴落したので購入しようか迷ったのですが、今回はパスをしました。(単純に資金がありませんでした)

米国長期債券ETFであるEDVは100万円ほど残しています。

配当30万円への道

今後業績悪化で減配の可能性がとても高いのですが、この暴落前より同じ商品が30%ほど割安に購入できるというチャンスが到来しました。

全てではないですがキャッシュの半分ほどを投資に回すことが出来ました・・・ちょっと多すぎかもしれませんね。

配当収入

アセット現在価格配当利回り
個別株1,012,20058,9005.8%
タバコ株606,07045,3867.5%
高配当株ETF802,57538,4474.8%
エネルギー株1,114,91459,4005.3%
その他2,259,80654,7112.4%
合計5,795,565256,8444.4%

去年の配当収入がそのままあると仮定すると256,844円の配当を受け取れることになります。

20%の税金を引くと20万円ほどになります。

これに現在まだ投資をしていない台湾の証券口座で今後200万円ほど台湾株を購入していきます。

台湾株の配当利回りが5%として200万円を投資すると配当額はおよそ10万円。

これを合わせると配当収入は30万円となります。

今年中に台湾株投資を再開して配当を得ていきます。

暴落はチャンス

暴落は優良資産も同じように下がるので資産を増やすまたとないチャンスだと思います。

ほとんどの人は余分な情報に触れすぎて萎縮して投資をすることが出来ません。

下がったら買えば良いというシンプルなことが意外に難しいことが今回の暴落で分かった人も多いと思う。

簡単に言えば暴落で購入できるか出来ないか、これだけの差が将来多いな運用の違いになっていきます。

年初と同じ商品が30%以上安く買える

りんごが30%安く買える、これと同じ理由です。

投資は安い時に買って高い時に売るだけのシンプルなルールです。

安い時に売っていては資産形成は出来ません。

今後、予想以上の経済悪化により業績の更なる悪化・・二番底へ・・・も十分にあると思います。

その時の為に今回購入出来なかった銘柄を狙っていきたいと思います。

もしこのまま下落がなければ、それはそれで良し!とします。

セミリタイアの貴重な分散収入の一つ

配当収入はセミリタイア後の貴重な分散収入の一つとします。

年間30万円の配当も利回り5%なら600万円あれば到着できるのですが、こんなチャンスを見逃すことはありません。

正に10年に一回のチャンス到来です。

今回は4月までに購入した銘柄紹介でした。

それでは!

コメント

  • 日本株は優待を主目的としていないみたいですね。
    その場合、1489が利回り5%超えとなっているのでこれ1本にしようという考えはありませんか?

    by クロスパール €2020年4月12日 17:12

    • >>1489が利回り5%超えとなっているのでこれ1本にしようという考えはありませんか?

      これ一本でも良いと思うのですが、中小型株で割安株が多かったので個別株に投資をしていきました。

      優待は青くまでおまけと考えています。あればラッキーぐらいです。

      by cub €2020年4月12日 17:23

  • IXCを17ドルから買い始めました。教えていただきありがとうございます。

    by やま €2020年4月24日 00:10

    • 結構安いところで変えましたね。
      私は最初38ドルから購入しました(涙)

      コメントありがとうございます。

      by cub €2020年4月24日 09:10

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3